>   > 

セックステクニックや巨根が台無し…女性に嫌われる“質問男子”とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

hategirl0418.jpg
※イメージ画像 photo by Jaz Marsh from flickr

 友人男性から、「一度セックスした間柄だからといって、次回誘った際も必ずセックスできるとは限らないものなのか?」という質問をぶつけられたことがある。有効期限のない永久不滅ポイントじゃあるまいし、そんな都合のいい年間パスポートは存在しないと一喝したのだが、個人的には、よほどお粗末なセックスをしない限りは、二度目のアプローチにもOKする女性が多いように感じる。女性側が真剣交際を希望しているパターンだと最初の一回目までを散々焦らす傾向が強いが、お互いに肉体関係のみを前提としている場合は、一度セックスしたら二回目以降も自然とホテルへ向かう流れになるだろう。そう考えると、前述の男性は、よほどお粗末なセックスをしたのではないか? ということになる。

 お粗末なセックスとは、どのようなセックスを指すのだろうか? 細かく挙げていくとキリがない。キスの技術や愛撫のスキル、ペニスサイズやピストン運動の緩急など、全部のチェック項目を合計すると膨大な量になるだろう。だが、決して女性たちは、全チェック項目に対して満点を望んでいるわけではないのだ。そもそも、セックスにおいて女性が受ける快感は、男性より何倍も強いといわれている。よって、ごく単調なセックスでも、それほどまで不快に感じる女性は少ないだろう。極論を言ってしまうと、ペニスが膣に擦れているだけでも十分に気持ちいいのだ。

 ここでいう「お粗末なセックス」とは、上記に挙げたテクニカル要素の話ではない。キスの技術や愛撫のスキル、ペニスサイズやピストン運動の緩急など、全てが完璧だったとしても、何故か女性ウケの良くないのが「質問男子」だ。

 質問男子とは、読んで字の如く、やたら質問が多い男性のこと。なお、女性に対していっさい質問してはいけないという意味ではない。飲み会や合コンの席での「出身はどこ?」「休みの日は何をしているの?」などの質問は、大事なコミュニケーションの一環だ。質問がないと、「私に興味がないのかしら」と、テンションが下がる女性も少なくない。よって、「あれこれ詮索するとウザい男と思われそう」と躊躇せずに、どんどん質問を投げかけるとよいだろう。

 ただし、セックス時に質問が多いのは絶対に不可。「なんでそんなこと聞くの?」「ムードが盛り下がる」「情緒がない」など、一般女性からは多くのブーイングが挙がっている。

 具体的に、どのような質問がNGなのだろうか? 多かったのは、「最近ヤッたのはいつ?」という質問をタブー視する声。聞く側としては、興奮材料のひとつとして、ごく軽い気持ちで聞いているのだが、女性陣には概ね不評のようだ。不評の理由は、「正しい答えがわからないから」とのこと。「かれこれ1年近くご無沙汰なの」と答えれば、「久しぶりにヒィヒィ言わせてやるぜ!」と相手男性のテンションが上がるのか、逆に非モテなつまらん女を引っかけてしまったと舌打ちされるのか…。かといって、正直に「昨日したばかりよ」と答えることで、「前日男性と比べられやしないか」と相手男性が萎えてしまうのではないか…女性たちは困惑するのだ。

 余談だが、ゲイ男性からも同様の声が挙がっている。ハッテンバと呼ばれる、ゲイ男性が出入りする出会いの場で、何故か「今日何人目?」と聞いてくる人もいるとのこと。タチ(攻め)タイプに多いようだ。

 「今日何人目?」といえば、風俗店に勤務するセックスワーカーたちも、「なんでそんなこと聞くのだろう?」と首を傾げる。男性客側の言い分としては、本指名しているオキニ嬢以外の場合、初対面でいきなり事が始まるのだから、会話が続かず沈黙になるのも気まずいという理由があるのだろう。しかし、嬢たちからすれば、「聞いてどうするのだ?」というのが本音。ほか、本名や働いている理由などを追求されるのもカンベンとのこと。

 話を戻そう。質問男子というよりも、これは「確認男子」といったほうがいいかもしれないが、終了後のピロートークで「(俺とのセックスは)どうだったか?」と、しつこく尋問するのも、女性陣には不評。「セックス自体は悪くなかったのに、どうだったと聞かれると、ついマイナス部分もフラッシュバックしてしまうので、聞かないほうがいいのに…」と冷静に分析する女性もいれば、「確認するのは(セックステクニックに)自信がない証拠なのでは?」と苦言を呈する女性も。確認したい気持ちはぐっと堪えよう。

 生理周期を聞く「質問男子」には、賛否両論あった。「こちら側の生理周期を把握し、生理中は誘わないようにとの気遣いを評価したい」という女性もいれば、「あわよくば生理期間中に生ハメ中出しする作戦か?」と眉を吊り上げる女性も。また、いかにセックスだけの間柄とはいえ、生理関係の質問は恥ずかしいという声も挙がっている。

 何気なく聞いた質問で、全体のセックス評価が下がるのはもったいない。無言で腰を振れとは言わないが、タブー要素の強い質問は避けたほうが無難である。
(文=菊池 美佳子)

菊池美佳子(きくち・みかこ)
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21~29歳の間、キャバクラ嬢・テレフォンセックス嬢・企画物AV嬢としても活動。引退後、文筆業に転身。
■著書:『2010年代 ニッポンの風俗』『つけちゃうぞ! 大人の保健体育』
『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』


『夜のマナーブック~誰も教えてくれなかったベッドのお作法~』


セックスにも礼儀あり!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週