>   >   > 

「生きる資格がねえ」ネットで殺人犯扱いされた芸人の苦悩


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

smailykiku1220.jpg
※イメージ画像:スマイリーキクチ オフィシャルブログ『どうもありがとう』より

 19日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、お笑い芸人・スマイリーキクチが受けたネット中傷事件が取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。

 1999年、ある掲示板サイトにスマイリーが東京都足立区で起きた「女子高生コンクリ詰め殺人事件」の犯人の一人であると書き込まれるようになった。根も葉もない中傷だったが、ネットの書き込みが繰り返されていくうちに一部ネットユーザーから事実かのように認識され、誹謗中傷のコメントが増加。さらに、元警察官の作家K氏の著書にスマイリーが犯人グループの一人であるかのような記述があり、それが犯人説の根拠の一つにされた。

 所属事務所はHP上でスマイリーと事件の関係を否定。だが、「火のない所に煙は立たないよ」「犯人じゃないという証拠を出せ」「生きる資格がねえ、殺人犯早く死ね」などと批判はかえってエスカレート。08年に開設したスマイリーのブログにも誹謗中傷が殺到し、彼は警察に助けを求めるが、当初は親身になって相談に乗ってくれなかったという。一部のネットユーザーが本気で自分を犯人だと思っていることを恐れたスマイリーは、彼らに自分や家族や恋人が襲撃されることを心配し、身辺の安全確認に神経をすり減らすようになった。

 その後、スマイリーが相談した刑事課が刑事事件化を積極的に推し進め、08年~09年にかけて中傷犯19人が一斉検挙された。さらに、捜査の過程で担当刑事がコンクリ事件の資料を取り寄せ、犯人とその仲間に「きくち(菊池・菊地)」姓の人間がいないことを確認。スマイリーの潔白は完全に証明された。

 事件の顛末が再現ドラマなどで取り上げられた放送後、スマイリーは自身のブログを更新。検挙に乗り出してくれた刑事に感謝の言葉を述べるとともに、「今現在でもインターネットの誹謗中傷に苦しんでいる人たちが大勢います。このような経験をするのは僕一人で十分です。人の人生を潰そうとすれば、自らの人生も潰してしまいます。だから、誹謗中傷はやめてください」などと綴っている。

 このブログに読者から1,000件以上のコメントが寄せられ、「根も葉もない噂とか書き込みするなんて許せない!」「ネットを利用する人たちが、しっかりマナーを持つことの大事さを再認識した」などといった意見のほか、「自分も中傷被害に遭っている」といった訴えも書き込まれている。

 正義感が暴走しやすいネットでは、事実確認をしないまま無関係の人を誹謗中傷するケースが後を絶たない。今年問題となった大津市のイジメ自殺事件でも、無関係の人物が加害者グループの親族だと書き込まれ、中傷者2名が書類送検される事態になっている。中傷者は正義感に陶酔しているが、匿名のまま不確かな根拠で特定の人物をリンチする行為は、ただの悪質な嫌がらせでしかない。正義感というよりも、日ごろのウップン晴らしをしているだけといえる。かつては匿名であることを盾に無責任な中傷が横行していたが、そのような行為がネット上でも許されない時代になったのは、よい傾向だといえるだろう。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『突然、僕は殺人犯にされた~ネット中傷被害を受けた10年間』


「許せない」って正義コメントしてる人も同じ穴の貉かも…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週