>   > 

昼ドラ過激エッチに苦情殺到で自粛!! せっかくの高視聴率も水の泡に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※イメージ画像:『幸せの時間』オフィシャルHPより

 真昼間から、オフィス内での立ちバックに口淫、オナニー、激しい不倫情事などが真っ向きって描かれ、初回から話題騒然となっていた“昼ドラ”の『幸せの時間』(東海テレビ・フジテレビ系)にある変化が起こっているようだ。昼の地上波放送とは思えない過激な性描写がウリだったが、徐々にその内容がマイルドになっているという。

 エリートサラリーマン達彦(西村和彦)とその妻・智子(田中美奈子)、18歳の息子と15歳の娘の一家が、不倫・ストーカーによるレイプ・売春などを通して崩壊し、再生する姿を描く同ドラマだが、初回から一週間は凄まじいエロ描写で視聴者の度肝を抜いていた。たとえば第一話の冒頭では達彦が立ちバックで部下のOLを突きまくり、夜は妻のアソコを舐め回す濃厚プレイ。愛人関係になった耀子(神楽坂恵)との情事に溺れ始めると、彼女の自宅キッチンで裸エプロン姿の愛人にバターを塗りたくりバター犬さながらの舐めっぷりを見せるほどだった。文字通りカラダを張った大胆シーンの連続で、西村和彦は「疲れて撮影用のベッドでイビキをかいて寝ていたことも」(週刊女性/主婦と生活社)あるという。

 視聴率も関東地区では初回3.8%、以降は5%前後と安定しており(ビデオリサーチ調べ)、一部地域では初回9.6%、その後も9.7%を記録しているという。昼ドラとしては異例の高視聴率だ。前作『赤い糸の女』も平均6%と高い数字を残したため、フジの昼ドラは引き続き“ドスケベ路線”で数字を狙い、見事に当たったと言えるだろう。

 ところが、せっかく好調なドスケベタイムを築き上げたにもかかわらず、「エロすぎる、けしからん」とのクレームが殺到して、過激シーンをカットする再編集作業が始まっているというのだ。発売中の「女性セブン」(小学館)によれば、12日に同局の情報番組『ノンストップ!』がこのドラマについて特集し、昼ドラ視聴者ではない層にも過激シーンの要素ばかりが強調され伝わってしまったことに原因がありそうだという。東海テレビの番組プロデューサーも「あくまでホームドラマ」「これからは智子の母親も含めた家族の話になっていく」と話しており、今後は残念ながらAV並みに興奮するシーンはかなり少なくなってしまうだろう。また「週刊女性」でも、「苦情に配慮した局上層部が大きな問題になる前にと考えたみたい」「BPO(放送倫理・番組向上機構)内の青少年委員会が目をつけたという話まであった」とテレビ誌編集者が明かしている。

 しかしこのところ視聴率低迷著しいフジテレビ。10月にはゴールデンタイムの番組視聴率がすべて一桁という“魔の連休最終日”があったが、その傾向は一カ月以上経過した今も回復していない。11月27日(火曜)のゴールデンは、2時間バラエティ『カスペ!』8.9%、21時台の連ドラ『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』8.6%、22時台の連ドラ『ゴーイングマイホーム』にいたっては5.9%とすべてが一桁。一方で好調な日テレとテレ朝は同時間帯の番組が軒並み10%以上で一桁に落ちることはなかった。

 翌28日(水曜)も同様で、19~21時台で日テレの音楽特番『ベストアーティスト2012』が15.8%、テレ朝の『ナニコレ珍百景2時間スペシャル』14.4%と好調な裏で、フジは『おじゃマップ』7.5%、『世界は言葉でできている』5.4%と悲惨な結果に。テレ朝は21時~の『相棒シーズン11』で15.7%とさらに数字を上げ、23時台の『マツコ&有吉の怒り新党!』でも13.3%を叩きだしている。

 ここまで大きく水をあけられては元三冠王としてのフジの面目は丸つぶれだ。ゴールデンで大幅な改編をしても数字が望めない中、せっかく好調だった昼ドラ枠くらいは守りたいはずである。濡れ場の話題性が高かっただけに、それをなくせば視聴率急降下の可能性も否めない。『幸せの時間』は12月末の最終回まで残り1カ月を切っており、ストーリーは人妻・智子の初恋の相手(城咲仁)との再会から大きく動き出していく予定となっている。不倫夫やレイプ男の被害を忘れるべく、初恋の男性との新鮮な情事に心も体も溺れていく……そんな淫ら妻の姿を視聴者は期待しているであろう。城咲と田中の濡れ場はすでに収録済みとのことだが、自主規制でお蔵入りなどともったいないことはせず、「エロくて悪いか!!」とばかりに開き直って濃厚セックスを解禁してほしいものである。
(文=ヒポポ照子)


『幸せの時間 新装版(1)』


全編ノーカットDVD化して~

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週