>   > 

AKB48「干されメンバー」のリストラ本格化? 退職金代わりのプレゼントとは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

※イメージ画像:左上から時計回りに
『フォトテクニックデジタル 2012年9月号』玄光社
『AKB48【増田有華】 公式生写真 1/48アイドルとグアムで恋したら…』AKS
『小林香菜 くるくる伝説』ワニブックス
『AKB48【佐藤夏希】公式生写真1/48アイドルとグアムで恋したら…』AKS

 絶対的エース・前田敦子の卒業を機に、新チームを編成し直し、新たなスタートを切ったAKB48。しかしながら、海外留学、支店との人材交流、新人発掘など、さまざまな面で活性化を図ってはいるものの、大きな話題というと「河西智美の番組逃亡」や「大島優子の試写会失言」などネガティブなものばかり。あるいは期待された光宗薫の活動辞退や、NMB48で相次ぐ卒業、SKE48矢神久美の卒業など、辞退者も続発している。せっかく「じゃんけんセンター」になった期待の新エース・島崎遥香や、運営側が推している新人・川栄李奈らの話題はなかなか上手く伝わらない状態だ。

 そんな空気の中、少し明るい話題となっているのは、AKB2期生、あるいは旧チームKメンバーの活躍である。秋元才加や増田有華が舞台・ミュージカルで確たる実績をあげたのを筆頭に、干されの代名詞的存在だった小林香菜も東京MXで冠番組を獲得し、同じく器用貧乏の代名詞だった佐藤夏希も(現在体調を崩しているが)地方局ながらレギュラー番組をゲットしている。

 4期生で「フレンチ・キス」メンバーながら、柏木由紀のソロでの活躍と高城亜樹のJKT48移籍で活動停滞している倉持明日香も、スポーツ番組のアシスタントとして安定した仕事ぶりを見せ、何かと話題の多い河西智美は、批判も多いがソロCDデビューとソロ写真集発売が確定した。

 「絆・団結のK」と呼ばれ、そのファンの熱気もすごかった旧Kメンバーのメディア露出増加は喜ばしいことではあるものの、これを世代交代の前兆ではないかと見る関係者もいる。

「ようするにリストラだと思いますよ。2期生……特に、小林さんや佐藤さんのプッシュはその意図が強いように感じます」

 そう話すのは、初期からAKB取材を担当してきた芸能記者。

「2期生はAKB人気の出る前から地道に活動してきただけに本当にスキルが高く、新しいメンバーたちにはないハングリーさと、団結力を身をもって示してきたメンバーです。『チームAに追いつけ追い越せ、だけど、共存共栄!』という感じで、時にヒートしてAメンバーを叩こうとするヲタを抑えつつ、しっかりと自己主張しているメンバーですね。だから、毎年選挙になると神7入りこそ大島優子だけですが、アンダーはしっかりと旧Kが固めているとか、リクエストアワーでも最終日では弱いものの、初日・二日目は多くの曲を送り込んでいるというのがKの特徴。今年は『くるくるぱーの奇跡』なんていうのも起こしましたしね(※編註後述)」

 ただ、いわゆる「旧Kヲタ」の古参層にはAKB運営側も頭を悩ますことがあったという。

「古くから応援しているという自負があるため、新しいムーブメントに対して、保守的で排他的な傾向にあるんです。新しいメンバーの露出が増えると、『ゴリ押し』だと叩く。新しいファンを素人、ピンチケと馬鹿にする。参加人数が少なく規制もユルかった時代の握手会の対応が標準となっているから、数十倍の人数が参加する今の握手会にクレームをつけ、メンバーを攻撃する。もちろん全部が全部というわけではありませんが……。マナーの悪いファンやファン同士のいさかいが原因となって、新規獲得した一般層のファンが離れてしまうことは絶対に避けたいですから、運営側も対応に苦慮していたようです」(古参旧Kヲタのマスコミ関係者)

 この問題については、前出の芸能記者も危惧しているそうだ。

「数あるアイドルグループで、スムーズな世代交代に成功したグループというのはありません。モーニング娘。だって、ハロマゲドンと呼ばれるシャッフルユニットの再編成や安倍なつみの卒業で一気に凋落したでしょう? 全盛期に大人気だったなっちも、卒業直前にはオワコンと言われていたし、すでに石川梨華や藤本美貴が次期エースとして頭角を現していたにもかかわらず、地盤沈下が起こってしまった。古参ヲタというのはそれぐらい難しい存在なんです」(前出・芸能記者)

 そこで、新生AKBを築く過程で、厄介なヲタ層を駆逐できる策として「大量リストラ」が計画されているという。秋元才加が舞台、NHKドラマ主演などの実績を出し、増田有華も宮本亜門のミュージカル主演という大役を務め、一般層からも高い評価を得た。先述の面々を含め、前田敦子ほどの知名度は持たないまでも、「AKBはメンバー個々人が夢を追いかけるためのプロジェクトである」というコンセプトを体現しつつある彼女たちを「卒業」させて、今後ほかのメンバーたちがソロ転向して後に続くためのレールを敷こうという考えのようだ。

「リストラとも言えますが、これはAKBでの経験を通してタレントスキルを培った旧Kメンバーだからできる話です。これで彼女たちが結果を残せば、AKBという組織も新陳代謝が図れるし、組織としての寿命も延びます」(前出・マスコミ関係者)

 AKB運営サイドは、一度、SDN48という年長メンバーの受け皿を作ったものの、結局解散せざるを得なくなったという失敗経験もあるだけに、今回ばかりは新陳代謝を成功させたいところだろう。また、AKBを卒業後に、AKB時代よりも派手な活躍をしているメンバーはまだ現れておらず、彼女たちが不遇なAKB時代以上の活躍を見せることができれば、後輩メンバーや今後加入を希望する未来のメンバーにとっても、大きな励みになることは間違いない。AKBというプロジェクトの存続そのものが、かつて「かませ犬」扱いされたKメンバーによって握られているといっても過言ではないのかもしれない。
(取材・文=潜水亭沈没)

※くるくるぱーの奇跡
小林香菜のソロ曲「くるくるぱー」が、2012年1月のリクエストアワーにて14位にランクインしたことを指す。昨年までは80~90位台か圏外だった同楽曲が大幅ランクアップしたことで「奇跡」と呼ばれた。


『AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢~スペシャルBOX 初回限定盤』


松原夏海もなんとかしてあげてくれ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週