>   >   > 

苺みるくが急逝していた…伝説のAV女優の訃報相次ぐ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※イメージ画像:『TENNYO5―苺みるく写真集』英知出版

 今週、伝説的なAV女優の訃報が相次いだ。1980年代に一世を風靡した冴島奈緒(享年44)さんと、数年前まで現役で活躍していた苺みるくさん(享年31)の逝去が判明したのだ。

 「伝説の美乳」と呼ばれた冴島さんは、9月29日にがんのため死去していたことが明らかになった。1985年にグラビアモデルとしてデビューした彼女は、往年の人気番組『11PM』(日本テレビ系)のコーナー「秘湯の旅」のセクシーリポーター・うさぎちゃんに起用されて注目を浴びた。87年にAVデビューし、その美貌と華奢なボディからは想像できないような豊満なFカップ乳で世の男性たちを魅了。88年には当時の人気AV女優である斉藤唯、葉山みどりとアイドルユニット「RaCCo組」を結成した。「恵比寿マスカッツ」がメジャーになった今でこそ、AV女優のアイドル活動は珍しくないが、当時は画期的でAV女優による芸能活動の先鞭をつけたといえる。

 90年代にAVを引退した彼女は、米・ニューヨークでヌードモデルなどの活動を開始。数年後、帰国してAV業界に復帰し、数多くのファンを喜ばせた。その後はAV活動を休止し、ロックバンドのボーカル、執筆業、ビューティーカウンセラー、ヨガのインストラクターなど幅広い分野で活動していたが、ここ数年は深刻な体調不良に悩まされていたという。

 関係者によると、5年前にがんを発病。ブログやTwitterでも「闘病に次ぐ闘病」と記しており、最近は歩行が困難になるほど病状が悪化していたようだ。冴島さんと親交のあった元AV女優・小室友里は、自身のTwitterで「一緒になんかやろうね!って連絡取ったのが3ヶ月前。奈緒ねぇ、早すぎる…。もう一度会いたかったよ。女同士で話したかったよ。やっとそれが叶うと思ってたのに」と早すぎる死を惜しんでいる。

 一方、苺みるくさんの死は、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。同誌によると、彼女は鬱病を患っていたらしく、3週間ほど前に東京・中野の自宅で自ら命を断ったという。 00年暮れに『好きです』(KUKI)でAVデビューした彼女は、小悪魔チックなロリータフェイスとスレンダーボディで人気を博し、01年の『Adult Video GRANDPRIX』で最優秀女優賞を獲得した。

 その後も順調に出演作品を積み重ねていった彼女だが、福岡ソフトバンクホークスの吉武真太郎投手(現在は引退)との関係のもつれから05年7月に自殺未遂を図り、直後に「私を弄んだ吉武投手を許せない!」と題した告白記事が週刊誌に掲載される騒動になった。自殺未遂から1週間後にも失踪騒ぎを起こし、以後は業界から距離を置くようになったが、08年にAV女優として復帰。しかし、数作品に出演したのみで再び表舞台から姿を消しており、近年は東京・渋谷のデリヘルや吉原のソープに在籍していたことが確認されている。AV関係者によると、09年ごろから精神的に不安定になり、所属事務所も連絡がつかない状態だったという。

 キラ星のごとく現れて我々を魅了してくれた彼女たち。花の命は短くて……というが、あまりにも早い死が残念でならない。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『KUKIピンクファイル 苺みるく』


ご冥福をお祈りします

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週