>   > 

小阪由佳が衝撃ヌードで復活! AV転向が濃厚か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

※画像:「フライデー 8月24・31日号」(講談社)より

 あのお騒がせアイドル・小阪由佳が帰ってきた。小阪は2004年に講談社主催のグラドルオーディション「ミスマガジン」でグランプリを獲得し、グラマラスなボディーと愛らしい顔立ちで人気を博したものの、09年3月に芸能界を引退。ところが同年11月に個人ブログを開設すると、過去の不倫や現在の彼氏とのラブラブぶりを綴るばかりか、整形芸能人の暴露、スリーサイズと身長体重を詐称していたことなどを次々に明かす爆弾娘と化したのである。おまけに芸能界引退後の容姿はかつての美貌もどこへやら、分厚い肉に覆われた三段腹、パンパンに膨らんだ顔、雑に切られた少年のような髪型にボサボサ眉毛という出で立ちに変貌してしまっていたことも、多くのファンに衝撃を与えた。そんな彼女が、発売中の「フライデー」(講談社)にて、20kgの減量に成功したという極上ボディーを披露している。

 引退後も小規模なライブイベントに出演したりメイド喫茶でアルバイトしたりと話題には事欠かなかった小阪。だが昨年末からすっかり音沙汰が途絶えており、今年4月には行方不明もウワサされるほどだった。その間、彼女は着々と復帰への準備を進めていたのだ。「フライデー」では、袋とじカラー8ページで小阪のグラビアを展開。そこにはかつて同様、グラマラスなスタイルと愛くるしいルックスを取り戻したアイドル・小阪由佳がいた。

 手ブラではなく見出しで乳首を隠している表紙ページは、彼女がすでにカメラの前で生まれたままの姿をさらしていることは想像に難くない。中身はさらに過激で、ヘアとバストトップこそ写していないものの、背中から横乳、ヒップまでモロ出し状態だ。完全に精神を病んでしまったと思われる彼女がこうして復活を遂げたことは喜ばしいが、しかしなぜあれほど嫌悪していた芸能界にカムバックする気になったのだろうか。

「奔放発言で大きな旋風を巻き起こした彼女の話題性を見込んで、『ウチに来ないか』と誘った事務所が複数あり、今回のヌードとその先の展開で破格のギャラが提示されたことで、彼女も乗り気になったみたいですね。ただ、普通の芸能事務所ではなく、AV系のプロダクションというウワサです。そりゃあ、あれだけ芸能界の裏事情や悪口を言いふらした彼女を今さらテレビには出せませんからね。むしろ活動を再開したことで、プッツンアイドルがまた何か口を開くんじゃないかと戦々恐々ですよ」(業界関係者)

 どうやら彼女に熱視線を送ったAV系プロダクションのひとつに籍を置くことに決めた可能性が高いが、しかし「その先の展開」とはまさか、AV女優転向もありえるということなのか。

「当然、そのセンが濃厚でしょう。だってテレビに出るタレントではもうやっていけないんですから……AV女優としてもう一旗あげるつもりだと思いますよ。元芸能人AVは今や定番のジャンルですが、ほんの少し深夜番組に出たとか、水着DVDを一枚出したことがあるだけでも『元芸能人』を名乗らせる売り方が多いです。でも小阪レベルなら、元パイレーツの西本はるか、いや小向美奈子級の売り上げが期待できますね」(前同)

 確かに「フライデー」のような写真週刊誌でヌードを披露し、その後すぐにAVデビューを果たすパターンは少なくない。小阪はまだ「ヘアヌード」ではないため、段階として次はバストトップ、その次はヘア解禁、最後に本番AVという流れが想定できる。別の業界関係者からは、「芸能人AVレーベルのMUTEKIではなく、小向を手掛けたメーカーが手掛けるのでは」との声もある。今回のヌードグラビアは、小阪由佳劇場・第二章の幕開けに過ぎないのかもしれない。


「Don't you know? 西本はるか」


ダーとは破局したの?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週