>   > 

お尻に敷かれて死ねたら本望! 巨尻ファン待望の一冊「ドミナの園」解禁


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

978-4-7808-0183-5.jpg
『ドミナの園』 著:春川ナミオ/ポット出版

 スレンダー体型や、「ハイジニーナ」と呼ばれる、エステティックサロンやブラジリアンワックス等で陰毛を処理したパイパン女性が主流となりつつある現代、こんなにも豊満な肉体美や、生え繁った陰毛美を描いた作品があったとは!

 『ドミナの園』(著:春川ナミオ/ポット出版)は、まさに「大人の絵本」と呼ぶに相応しい一冊であった。構成は、見開きの半分が物語、もう半分が挿絵。描かれているのは、女性の巨尻と、そこに顔を埋めることで幸せを見出す男たちの姿だ。

 著者は、女性の豊満な巨尻に敷かれる男性の悦びを一貫して描いてきた春川ナミオ氏(1947年生まれ。大阪府出身)。学生時代から、カストリ雑誌の草分け「奇譚クラブ」の読者投稿欄に作品を寄稿し、SMファンの熱い支持を得た。カストリ雑誌とは、太平洋戦争終結直後の日本で、出版自由化を機に発行された、性的興奮を煽る挿絵や写真が掲載されている雑誌のこと。それらの中でもSMに特化した「奇譚クラブ」は、1955年に発行禁止処分を受けたことも。春川氏の描く女性は、とにかくグラマラスであることが特徴的だ。海外のマニア層からの評価も高く、今ではこの分野の第一人者である。

 春川氏の集大成とも言える『ドミナの園』であるが、巨尻と顔面騎乗だけでストーリーが成り立っているという点が、実に興味深い。物語のヒロインは、身長190センチ・体重120キロ・バスト120センチの、バレーボール元日本代表の巨美女・加奈。小男が経営する化粧品会社のCMモデルに起用されたところから物語は始まる。男たちを文字通り尻に敷き、奴隷として生きる悦びに目覚めさせ、瞬く間に社長の座に駆け上がっていく。

namio_14.jpg
化粧品会社社長を奴隷にする加奈

 ヒロインの加奈のみならず、作品に登場する女性たちは全て巨美女! 痩せている女など、ただの一人も出てこない。といっても、醜く肥えた女性ではなく、豊満であるがゆえに美しい女たちだ。「スリムすぎる現代女性よりも、実はむっちり体型の女性が好み」という嗜好の男性にはたまらないだろう。


『ドミナの園』 著:春川ナミオ/ポット出版


「奇譚」派は濃い!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週