>   > 

「美人ママたちの枕営業は当たり前」子役ブームの危ないウラ側


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

stagemamakura.jpg
※イメージ画像:『マル・マル・モリ・モリ!』 薫と友樹、たまにムック。
ユニバーサルミュージック

 芦田愛菜ちゃん(7)や鈴木福くん(7)に代表される子役たちの活躍が目覚ましい。なかでも愛菜ちゃんは別格で、ブレークのきっかけになったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の頃は「1本20~30万円」(テレビ関係者)だったギャラも、今では10倍以上に高騰。大手企業10数社と契約しているCMも、一社あたりの契約金は数千万円にまで跳ね上がっており、今年の推定年収は4億円以上とも言われている。

 こうなると子役ブームというより「子役バブル」と形容したくなるほどだが、この流れによって第二の愛菜ちゃんや福くんを目指す子供たちとステージママが急増。その裏側では、ライバルたちを出し抜くために“ウラ技”が使われているという。9日発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が『子役ブーム禁断の園 美人母セックス奉仕 芸能界枕営業』と題した記事で、驚愕の詳細を報じている。

 記事によると、3月中旬に某テレビ局のフロントに40代後半の男が「プロデューサーに会わせろ」と怒鳴りこんできたという。男はプロデューサーに妻を寝取られたと主張し、不倫の証拠となるセックステープを提示。さらに「ドラマに娘を子役として出してやると言って妻が関係を迫られた。しかも、共演者やスタッフを納得させるために金が要ると言われ、現金を騙し取られた」と言い出した。局の調査の結果、現金の授受は確認されなかったが、不倫の事実は確かにあったという。

 志望者が急増したこともあって、子役養成スクールは大盛況となっているが、その分ライバルとの争いは熾烈。コネがない限りはドラマやCMに指名で出演することはできず、チャンスをつかむ基本はオーディションとなる。愛菜ちゃんのような天才子役はオーディションの激戦からすぐに抜け出すことになるが、それ以外は正直なところ似たり寄ったり。オーディションの合否は、キャスティング権限のある有力スタッフに「いかに気に入られるか」にかかってくるのだという。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週