>   > 

勝手にアイドル全盛期選手権「あのころ君は可愛かった!」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

※イメージ画像:左上から時計回りに『秘密 デジタルリマスター版』
『加護亜依写真集』『サエコ大百科』『沢尻エリカ COLOR』より

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす おごれる人も久しからず......」

 どんなに栄華を誇ったものでも、やがていずれは衰えていくものだと謳う平家物語。まさに人間社会の真理をついた言葉として、多くの国民が暗唱できる名文といえるだろう。人という生き物はおごった瞬間から落ちていくものなのかもしれない――。と、なんだか意味ありげなことを書いてみたが、今回の記事では、ことあるごとにネットを騒がしている「○○の全盛期はヤバかった」という、多くの人が「昔は可愛かったのになぁ」と思っているアイドルたちを紹介したい。

■広末涼子 推定全盛期=1996年~1998年(16歳~18歳当時)

hirosume_himitu0305.jpg
※イメージ画像:『秘密 デジタルリマスター版』/TCエンタテインメント
ポケベルのCMで一躍メジャーアイドルに仲間入りした広末。「MajiでKoiする5秒前」や「大スキ!」という代表曲にも恵まれたこの時期が、彼女の全盛期と推定できるだろう。成人後は、主に女優として活躍を見せるも、多くの有名男性芸能人との交際遍歴や奇行が次々に暴露され、評判はガタ落ち。でき婚に離婚、そしてキャンドルが初々しくみずみずしかった彼女の昔を懐かしく思わせる。

■紗栄子 推定全盛期=2004年~2006年(18歳~20歳当時)

saeko_saekodaihyakka0305.jpg
※イメージ画像:『サエコ大百科』/主婦と生活社
「日テレジェニック2003」で選出されブレイクを果たした紗栄子。小柄な体型で、愛らしい容姿は抜群に制服が似合うとして、ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)で見せた女子高生姿は伝説の可愛さとの評判。2007年、ダルビッシュ有との結婚を機に、芸能界の第一線から退くも、まるで小遣い稼ぎのように時折活動を続けるさまは非難の的に。顔は可愛いに......というのが、彼女への一般的な評価と言えるだろう。

■沢尻エリカ 推定全盛期=映画『パッチギ!』(シネカノン)ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)

sawajiri_color0305.jpg
※イメージ画像:『沢尻エリカ COLOR』/フォーサイド・ドット・コム
子役時代から芸能界にデビューしていたという沢尻。彼女が注目されたのは、2005年に公開された映画『パッチギ!』。これは、アイドルとしての可愛さより、その演技力が高く評価されたものだった。そして何より、そこにいるだけで輝いているような存在感が当時の彼女にはあった。しかし、2007年の「別に」発言を機に女王様キャラを確立した彼女は、翌年なぜか高城剛氏と結婚。現在数年に及ぶ離婚騒動の真っ只中という状態にある彼女をワイドショーで見るたび、昔はあんなに輝いていたのに......と多くの人が思うだろう。

■加護亜依 推定全盛期=2001年~2004年(12歳~15歳当時)

kagoai_shasinshu0305.jpg
※イメージ画像:『加護亜依写真集』/ワニブックス
モーニング娘。の元メンバーである加護。2000年当時のモー娘。は人気実力ともに絶好調の時期。次々に新メンバーが追加されていった中にあっても、加護は独特の存在感と"THE 妹"というキャラで並み居る先輩たちを差し置いて人気を博す。しかし、そんな可愛らしげな加護も、2006年の喫煙報道によって芸能活動を一時停止。翌2007年に再度喫煙報道がされた時点で、彼女のアイドル人生は終わった。またその後、たびたび報道された年上俳優との不倫や交際相手の逮捕や自殺未遂など、国民の妹はただの問題児に変貌している。


 総じてプライベートで世間を騒がせたことのある元アイドルたちがノミネートされた今回のアイドル全盛期選手権。主にネットユーザーたちが話題にしているアイドルたちの全盛期を紹介させてもらったが、ほかにもいろいろと意見があると思う。ただ、彼女たちに送られる「昔はよかったのに......」というファンからの思いは(当人たちにしてみればただのお節介だろうが)、自分の青春を振り返る行為と同じなのかもしれない。つまり、当時のアイドルを懐古することは青春を思い出し懐かしむことと直結する。誰だって自分の青春に傷がつくのは嫌だろう。ファンたちはそんな心理から、彼女たちの全盛期を振り返るのではないか。でき婚や離婚というのは、もちろんプライベートな問題で、誰も口を挟むようなことじゃないかもしれないが、アイドルたちは人々の心の青春の1ページを担っていることを自覚してもらいたい。それがわかっていれば、喫煙などの不祥事は起こさないに違いないだろうから。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『HOTEL MURDERESS OF ARIZONA MY GUN』


鬼束さんの変わりっぷりも話題になりました

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週