>   > 

もはや「離婚騒動ビジネス」? 美元のメディア露出が増えるワケ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:美元公式サイトより

 昨年7月、結婚から2年で別居し離婚裁判中であることを明らかになった高嶋政伸・美元夫妻。そんな離婚騒動の渦中にもかかわらず、美元のメディアへの露出が著しいと話題になっている。

 美元は1月22日には「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演し、「慰謝料はいらない」と離婚騒動について言及。2月1、2日には『スーパーニュース』(フジテレビ系)で改めて離婚の意思がないことを表明し、裁判は自分のことをわかってもらうためにしている、高嶋との関係を修復することを望むなどと発言した。

「離婚が騒動にまで発展した相手と、もう一度正常な結婚生活を送りたいと願っていることに驚かされましたが、離婚調停中に口をつぐむ芸能人が多い中、美元の行動は異例ですね。彼女が騒動について話すのは、今後の芸能活動をPRするための手段にすぎないのかもしれません。『サンデー・ジャポン』に出演した際には歌手デビューすること、『スーパーニュース』では先月末から始まった舞台をそれぞれ紹介していましたしね」(芸能ライター)

 今まで美元は、モデルを主な活動の場とし、女優業にも挑戦するなど一定の評価は得ていたものの、一般的な知名度は決して高いものではなかった。高嶋政伸との結婚と今回の離婚騒動で、一気に注目度が上がった存在だ。ここ最近メディア露出が増えたことには、PR以外にも目的があるという。

「高島からの30万円~50万円の生活費では足りず、100万円を要求したという"銭ゲバ"エピソードなどが一部週刊誌で報じられたこともあり、美元のイメージは最悪のものとなってしまいました。このまま離婚となった場合、このことを暗に認めたことになります。今後も芸能界で生きていくのであれば、"悪妻"というイメージを定着させるわけにはいかないでしょう。反論するならば、騒動の渦中で、メディア露出が望まれる今しかないと考えたのでは」(前出・同)

 美元は先日、化粧品メーカーのイベントに出演した際も離婚の進展状況について問われると、「お答えできないのが申し訳ありませんが、いつかきちんとお騒がせしていることに対してはご報告します」など記者の質問に丁寧に答えた。この対応にも、美元の戦略が見え隠れするという。

「ノーコメントならまだしも、一応形式上とはいえ"話す意思"を見せ続けるのは、進展があるかもしれない、と芸能記者たちに思わせる効果はありますね。そういったマスコミが注目しているという状況をひっくるめて宣伝とし、彼女を起用する企業も出てくるのでは。まぁ、何度も同じようなコメントであれば、徐々に手詰まりになるとは思いますが......」(前出・同)

 離婚関連の話題でメディアを利用し、仕事のPRとイメージ回復を図ろうとしているように見える美元。ピンチをチャンスに変える貪欲さは、芸能人として正しい資質ともいえるが、離婚騒動の着地点いかんでは、努力が水泡に帰す恐れもある。政伸の兄・政宏は騒動を「泥沼」と評しているが、夫妻がこの泥沼から抜け出せる日はいったいいつなのだろうか。
(文=股介権三郎)

『白い色は恋人の色』


じゃあ旦那は何色?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週