>   > 

グランプリは取ったらダメ? 「全日本国民的美少女コンテスト」の悲哀!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

osukasannin0207.jpg
※イメージ画像:左から右に『武井咲写真集 「風の中の少女」』
『忽那汐里写真集「seven sips of water.」』
『剛力彩芽写真集「滴~Shizuku~」』より

 2012年2月7日に、芸能事務所オスカープロモーションが1987年から開催している「全日本国民的美少女コンテスト」の開催を発表した。3年ぶりに開催される同コンテストの発表記者会見には、忽那汐里(くつな・しおり)、武井咲(たけい・えみ)、剛力彩芽(ごうりき・あやめ)らのオスカー所属の女優が登場し会見に花を添えた。

 昨年ブレイクを果たした3人は取材陣から、「お互いをライバル視しているか?」という質問に対し、武井が「(忽那出演の)『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を見ました。お芝居を研究しながら見ていますね」とコメント。忽那は「ライバルって感覚はあまりないですね。私たちの中では(武井が)初めにお仕事をするようになって......」と話し出すと、すかさず武井が笑顔で否定し、報道陣の笑いを誘った。剛力は「2人の活躍はいい刺激になっています。いいところはたくさん吸収しています」と冷静に語っている。

 今年行われるコンテストのグランプリ獲得者には、賞金200万円が与えられるとともに、2013年度東映映画、テレビ朝日系列ドラマなどの出演権や歌手デビューなど、多数のメディアに出演する権利がもらえる至れり尽くせりの待遇が約束されている。しかし、過去にはこの3人以外にも佐藤藍子や米倉涼子、上戸彩や福田沙紀らを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」だが、意外なことにグランプリ受賞者がブレイクを果たしていることは少ない。

 上記の3人を見ると、武井は06年に行われた第11回にモデル部門賞およびマルチメディア賞、同年に忽那は審査員特別賞を受賞。剛力は第8回(02年)にエントリーするものの予選で敗退している。ちなみに06年は林丹丹がグランプリを獲得し、ドラマなどに出演はしているが、武井ほどの活躍はしていないようだ。

 「全日本国民的美少女コンテスト」の有名タレントを輩出した回に目を向けると、第1回(87年)初代グランプリを獲得したのは藤谷美紀だ。女優・歌手として活躍し、現在でも2時間ドラマや舞台を中心に活動している。変わった所ではアニメ『るろうに剣心』(フジテレビ系)の神谷薫役として声優にも挑戦するなど八面六臂の活躍を見せている。

 第4回(90年)では、日本人離れした端正な顔立ちが話題となった女優・小田茜がグランプリに選出されている。また、この年よりモデル部門賞などの周辺各賞が新しく開設され、同年には雑誌『セブンティーン』(集英社)などでファッションモデルとして活躍した石川亜沙美が受賞した。また予選敗退者には、今年歌手に復帰予定の華原朋美がいたようだ。

 佐藤藍子がグランプリに輝いた第6回(92年)では、審査員特別賞を米倉涼子が受賞し、演技部門賞を鈴木紗理奈が受賞している。予選落ちした中には、後にEvery Little Thingのボーカルとして活躍する持田香織がいたという。

 CMクイーンとして名を馳せている上戸彩もグランプリを逃しており、彼女が審査員特別賞を受賞した第7回(97年)で、栄冠に輝いたのは須藤温子だった。須藤は現在でも女優として活動しているが、上戸に及ばないのは確かだろう。この年の予選敗退者には、グラドル山本梓と現・南海キャンディーズの山崎静代がいる。

 剛力が予選落ちした第8回でグランプリに輝いたのは阪田瑞穂と同時にマルチメディア賞も受賞した渋谷飛鳥。ふたりは、第8回から第10回の入賞者を中心に結成された美少女クラブ21のリーダーも務めたが、現在では同グループは活動休止中だ。渋谷は『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などドラマにも出演し、現在も女優をメインに活動中で、阪田も舞台やドラマに出演しているが、10社からCMのオファーがあるといわれる剛力の活躍を抜くまでには至っていないだろう。

「これはオスカーがグランプリを獲得できる美少女を選出するためだけでなく、オーディションとして門戸を開くことで多数の芸能人になりたい女の子を集めたいという思惑があるからでしょう。そのため、グランプリとなる子以外にも活躍する女性が発掘されるのではないでしょうか。また、"美少女"と銘打っているだけあって、グランプリ獲得者は中学生くらいの子が多い。成長期に選んでいるので、本格的に芸能活動を行うまでに時間がかかり、グランプリ獲得からブレイクするまで時間がかかるというのもありますね」(芸能ライター)

 グランプリ獲得者以外が芸能界で活躍するのも、「美の総合商社」とも呼ばれているオスカープロモーションの所属タレントたちの層の厚さを証明しているのかもしれない?
(文=木嶋陽介)

『国民的美少女2009~La beaute~』


前回のコンテストからは誰がいち早くブレイクするの?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週