>   > 

飯島直子が次に狙うのは「韓国のホスト」チャン・グンソク!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

※イメージ画像:左『一個人 2007年 06月号』、右『The Romance J PLUS PHOTOGRAPH COLLECTION』

 韓国をはじめ、日本でも絶大なる人気を誇る俳優......という触れ込みのチャン・グンソク。以前「日刊サイゾー」で「ねつ造された人気では?」と取り上げられ、その真偽も話題となった。

 しかし、いまだに日本では『グンさま』『グンちゃん』と祭り上げられ、CM出演はもとより関連グッズなども飛ぶように売れているため、例えそれがねつ造であったとしても表面的には「人気者」の印象は植え付けられている。

 先日は、珍しく日本のバラエティ番組に出演し話題となった。その番組は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。同番組の人気コーナー『新・食わず嫌い王決定戦』で女優・飯島直子と対戦したのだ。

 しかし、この組み合わせに、ちょっとした違和感を感じた。

 飯島直子といえば、現在放送中のドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)に出演しているが、あくまで脇役。このドラマに出演するまで、すっかり忘れ去られた存在だったはずだ。

 そんな飯島と、一応「大スター扱い」のチャン・グンソクの組み合わせ。チャン・グンソクも「誰、この人」と思ったに違いない。「日本の女優が対戦相手」と聞かされていたとは思うが、韓国でも日本ドラマや芸能人事情は詳細に流布しているため、飯島が最前線の芸能人でないことは、彼本人もわかったのではないだろうか。

 飯島出演のドラマの番宣とはいえ、その脇役をチャン・グンソクにする。このことに違和感を感じたのだ。

 飯島はかつては"癒し系女優・タレント"として名を馳せ、CM女王としても君臨していた時代があったが、このところはすっかり鳴かず飛ばずだった。『TUBE』のボーカル前田亘輝との結婚・離婚は、もしや若い読者はご存知ないかもしれない。そのあとの飯島の"ご乱心"のほうがインパクト強だからだ。

 2005年に13歳下の歌舞伎町のナンバーワンホスト・Only優との交際で騒がれ、このため癒し系どころか「ホストに入れあげる女」と印象づけられたため、その後人気は急速に失速。ドラマやCMはもちろん、バラエティなどでもその顔を見かけることはほとんどなくなっていった。

「当時の飯島のOnly優への入れ込み方はすごかった。優に2億5,000万円もする青山のタワーマンションをキャッシュで購入してプレゼントしましたしね。また飯島は、優を歌舞伎町ホストクラブから"水揚げ"し、彼にバーやブティックを経営させたりと、青年実業家として育て上げたとも言われています」(芸能関係者)


 これらも飯島には「優と結婚したい」という切ない女心があってのことだったようだ。しかし結果的には、優との結婚話は立ち消えてしまった。その後も他のホストとウワサになるなど、飯島には「ホスト漁りをする寂しい女」という印象がついてしまうことに。

 先日の『みなさまのおかげでした』出演時には、先にゲストで登場した小泉今日子同様、「恋はお休み状態」宣言をした彼女。その理由に「これまでハード過ぎる恋愛をしてきたから、ちょっと疲れちゃった」と自嘲気味に告白していた。Only優や他のホストたちに湯水のごとく貢いだ日々を思い出したのだろうか。

 しかし、この「食わず嫌い」では、飯島は終始ご機嫌だった。年下のチャン・グンソクの一挙手一投足を「可愛い」と目を細めながら眺め、彼が「年上の女性は好みです」というような当然リップサービスであろう発言をすると、まんざらでもなさそうな色っぽい笑みを浮かべていた。

「飯島は、もともとチャン・グンソクのファンらしいんですよ。実は、飯島出演のドラマの視聴率も、そしてチャン・グンソク主演映画『きみはペット』も予想に反して大コケしていると言われています。だから、どちらも現在"宣伝"に必死。そこにきて、飯島がチャン・グンソクのファンということもあり、番組側もドラマ側も、またチャン・グンソクサイドも、この組み合わせ(対戦)でバラエティに出ることは、みんなにとってwinwin......ということだったのでしょうね」(芸能関係者)

 ちなみにチャン・グンソクは「韓流ホスト」ともいわれるらしい。ドSキャラで高圧的なセリフや態度をわざとファンの前で披露し、そのあとに「好きだよ」と甘い言葉を口にする......という、いわばツンデレ営業で女性陣のハートを掴んでいる。生粋のホスト好きの飯島には、チャン・グンソクはまさにド・ストライクゾーンだったのだろう。

 小泉今日子同様、まさに円熟味を増した飯島。以前からの持ち前のエロさはいまだ健在、それどころかさらに濃厚になってきている。願わくば「ホスト遊び」で身に付いた「ダメ男好きの不幸オーラ」を払拭して、今後はハッピーエロス感を放出してもらいたいものだ。万が一、チャン・グンソクを落とすことができたら......それはそれで小泉&亀梨以来の「快挙」ではあるが。
(文=島みるを)

『Legend Gold ~伝説のスーパーアイドル完全復刻版~ そそられてゴージャス 飯島直子』


昔ならグンソクも落とせた?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週