>   >   > 

自らのマ○コをアートにする女性漫画家・ろくでなし子インタビュー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

2011rokudenashi.jpg
自らのマ○コを武器に世界で活躍できるか!? 漫画家の範疇を超えた作家・ろくでなし子

 女性は男性と違い、自らの陰部をマジマジと見る機会はあまりない。自分の性器を一度も見たことがない、という人だってざらにいる。しかし、クンニが市民権を得るようになってからか、はたまた、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で"外国では下の毛の処理は当り前"ということが広く知られるようになってからか、黒船に乗ってやってきた文化を受け入れた日本女性たちの間ではもはや、自らの鎖国部分を自分や彼氏、そしてエステティシャンの目にまで晒すのが当然になっている。

 そんな中、ついに自らの陰部を漫画やアートで堂々と表現する大和撫子が現れた。その名も“ろくでなし子”。

 彼女の本業は漫画家。『本当にあった笑える話』や『本当にあった笑える話 Pinky』(ともに、ぶんか社)などでMK(彼女はマ○コをそう呼ぶ)やエロにまつわる話を面白おかしく連載しながら、自らのMKの型を取ってデコレーションした"デコまん"や、ジオラマ風にした"ジオラまん"などの作品を制作し、ワークショップまで開催している。

 日本にそんな女性がいたとは! ぜひとも話を聞きたい! ということで、メンズサイゾーは早速彼女に連絡をとり、インタビューを依頼。すると、連載漫画の担当編集者が同席を願い出てきた。ビビった編集部。向こうが二人なら、こちらも! ということで、メンズサイゾーもライターのTに編集長のMを加えた二人で対抗することに......。


まさかの逆取材

ライターT(以下、T):担当編集者さんも同席されるということで、なんだか緊張しますね。

ぶんか社担当編集者(以下、ぶ):どうぞ気にしないでください。見てるだけですから(笑)。

メンズサイゾー編集長(以下、M):もしかして、今回のインタビューをネタに使うとか?

ろくでなし子(以下、ろ):あ、まさにそうなんです! 次号の『本当にあった笑える話』で取材されている様子を漫画で紹介しようと思っていて。

T:お~、まさかの逆取材ですか!

ろ:ダメですか? もし問題があったら......。

M:いえいえ、大丈夫ですよ。

ろ:あ~よかった! もしよろしければ、動画も撮らせてもらえますか?

T:え!? どこに載せるんですか?

ろ:あ、これは個人的な記録として......。

M:いいですよ、顔さえ映らなければ。

T:なんだかすごいインタビューになりそうですね......。



【 関連記事 】

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_160613_rectangle_C.gif

メンズサイゾー グラビアギャラリー