>   >   > 

嫌われ過ぎ!? 紳助社長が見事「嫌いな芸人No.1」を獲得!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

egashima0708.jpg
※画像:左、DVD『江頭2:50のピーピーピーするぞ!6』/右、記者会見中の島田紳助

 毎年恒例となっている「日経エンタテイメント!」(日経BP社)の「お笑い芸人人気調査」が今年も発表された。今年で10年目を迎える同調査で毎回多くの注目を集める「好きな芸人」「嫌いな芸人」ランキング。同誌編集部がピックアップした芸人206組を対象にアンケート調査を行うこのランキングでは、10~60代までのあらゆる世代の男女計 1,100人から回答を得ており、その信憑性の高さから結果によっては秋からの新番組の構想を練り直すことになる、とまで言われているほど業界関係者から注目されている。

「芸人さんの中にはまったく気にしないという人も多いですが、やはり彼らも人間ですからね。自分がどのように世間に見られているかは気になるのだと思います。芸人同士の飲み会など日経エンタのランキングで盛り上がることもあるようです」(バラエティー番組放送作家)

 芸人同士でも話題に上るという日経エンタの芸人人気調査。そんな業界内注目度も高い調査だが、今年はさらに番狂わせがあったとして注目を集めている。すでに各種報道にも流れているが、9年連続で不動の嫌いな芸人No.1だった江頭2:50がついにその座を明け渡したのだ。

 江頭に代わって嫌いな芸人のトップに躍り出たのは島田紳助。ネットなどにおいてことさら評判の悪かった紳助が、「偉そう」や「品がない」などの理由で男女ともトップを獲得。10年連続嫌いな芸人No.1という殿堂入りの快挙目前だった江頭の牙城を崩した。

 同誌はこの結果を大震災後の江頭の行動にあると分析。「自ら2トントラックを運転して救援物資を届けたというニュース」が、「実はいい人」というイメージを視聴者に与え結果に影響したのではないかと見ている。そして「ヒール芸人としては、看板を揺るがしかねない非常事態」と指摘する。

 そんな江頭を抜いて堂々の1位になった紳助。毎年のように嫌いな芸人の上位に食い込んできた彼にとっては、やがてやってくるであろう想定内の順位だったのかもしれない。が、今年の調査結果が例年と違ったのは彼の好きな芸人ランキングでの順位。昨年、嫌いな芸人で2位だった彼は同時に好きな芸人で4位を獲得していた。過去5年を見ると、嫌いな芸人ランキングでトップ10入りしながら、好きな芸人ランキングでは常にトップ5に入る人気を見せている。それが今年は好きな芸人ランキングでも大幅に順位を落とし16位と低迷。嫌いな芸人トップという不名誉をさらに上塗りする形となってしまった。

 一方、紳助とは対照的な結果を出したのが、今年で10年連続となる好きな芸人No.1に輝いた明石家さんま。しかも嫌いな芸人ランキングでは昨年の3位から17位と順位を下げ、まさに紳助とは真逆の結果を示した格好となった。

 同誌では「それでもテレビは面白い!?」という特集記事を掲載。24日の正午に迫った完全デジタル化に向けて、ソフト・ハード両面から今のテレビと未来のテレビを検証。ここ数年「テレビ離れ」という単語が世間で飛び交う中、それでも平日20時台のピーク時には総世帯数の約3分の2がテレビを見ているという現状から、「これだけ大きなメディアというのはほかにはない」とし、地デジ化以降のテレビがどう変わるのか分析している。

 そして、地デジ導入済みのアメリカの現在のテレビ事情を踏まえ、テレビのデジタル化によって変わるのは「「テレビで放送する番組」ではなく、「見たい映像コンテンツ」を視聴者が好きなジャンルや作品単位で選ぶ能動的な視聴スタイル」だと指摘する。もちろんその変化にはデジタル化に伴って開発されたさまざまなHDDレコーダーの動画配信有料サービス(アメリカにおけるNetflixやTiVo)の充実が欠かせない。国内事情が混乱する日本で、それらのサービスがどこまで行き届くかはまだまだ先のことになるだろう。

 また、毎週のように視聴率20%以上を稼ぐ『笑点』(日本テレビ系)や『サザエさん』(フジテレビ系)というお化け番組が存在する日本の実態は、テレビを「習慣」や「ながら見」で見るという現実を物語っている。いかに地デジ化が進んで、動画配信などのサービスが充実しても、やはり人々は日曜の18時30分からは『サザエさん』を見るのかもしれない。

 とはいえ前述の2番組のような習慣が根付いている番組というのは少ない。やはりテレビは視聴者が好きなときに好きな番組だけを見るという時代になるのだろう。そして、そんな時代を迎えたときにはっきりするのが、多数のレギュラー番組を長年抱え高視聴率を稼いでいる島田紳助が本当に嫌われているのかどうかということだ。

 日曜夜の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や火曜夜の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)など、紳助の番組にはすでに習慣と呼んでも差し支えないような人気番組も多い。しかしその習慣は果たして『笑点』や『サザエさん』と同じように国民に根付いたものだろうか。その答えは視聴者が自由自在にテレビ番組を選択できるようになったときにはっきりするだろう。

 今年ついに嫌いな芸人の代名詞ともいえる江頭を破った紳助。好きな芸人ランキングでも順位を落とした彼が、地デジ化によって視聴者が露骨に好きな時間に好きな番組だけを見るようになったらどうなってしまうのか。ただ、嫌いな芸人ランキングから彼の名前が消えたとき、それが彼の潮時なのは間違いない。

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『江頭2:50のピーピーピーするぞ!7』


祝! 嫌いな芸能人No1陥落!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週