>   > 

木村佳乃が激ヤセ! ジャニーズ妻はセミ・リタイア気味の法則!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

kimurayoshino0621.jpg
※画像は『木村佳乃メモリアルブック「YX」 』/ワニブックスより

 幼稚園に通う子を持つママ友たちの、お受験をめぐるドラマ『名前をなくした女神』(フジテレビ系)が21日、最終回を迎える。"ようこそ、ママ友地獄へ。"とのキャッチコピーの通り、ママ友同士のドロドロ劇が見せ場となっていたが、これに出演していた女優、木村佳乃が激ヤセしていると現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 木村はつわりの影響もあるのか、撮影が進むうち、痩せてほお骨が目立つほどに。役柄は夫に愛人がいるカリスマ主婦モデルであり、セックスレスに悩む高飛車なセレブ......というアクの強いものだ。記事によれば、妊娠中でありながらこの役どころはまずいのでは、とささやかれているという。

 30代半ばとなり、20代のころのような健康美人を売りにしたキャラクターの維持が難しくなったこともあって、まさに女優として岐路に立っている時期、今回のような役柄は本人にとってチャンスだったのだろうが、荷が重かったのでは、と同誌は分析しており、今後についても「ジャニーズの妻としてのイメージが重んじられ、果たして今まで通りの女優生活が続けられるかどうか微妙だ」と行く末を案じられている。

 昨年の秋に少年隊の東山紀之と結婚した木村は現在妊娠4カ月であり、おそらく産前産後には仕事をセーブすると思われる。だが、その後の女優活動については記事が指摘するように"ジャニーズの妻"という立場が大きく関わってくることは間違いないだろう。

 古くは、元シブがき隊メンバー薬丸裕英と結婚した石川秀美。主に80年代、アイドルとして歌やドラマ出演などで活躍していたが、1990年の結婚を機に芸能界を引退した。引退後もごくまれにメディアに登場することはあるが、CM出演と、夫である薬丸に対するコメント出演などに限られている。CMも、これまで出演した5本のうち夫婦での共演が4本となっており、完全に"よき妻、よき母"というイメージでの露出となっている。

 同じく元シブがき隊メンバー、本木雅弘と95年に結婚し、現在3人の子供を持つ内田也哉子は、結婚当時に映画『東京日和』や資生堂「プラウディア」のCMに出演していたが、その後はエッセースト、また音楽での活動へとシフトした。2007年には映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』において、母親である樹木希林が演じたオカンの若き日を演じており、この作品で日本アカデミー賞新人賞を受賞したものの、以後、女優としての活動は行っていない。

 V6の井ノ原快彦と07年9月に結婚し、昨年男児を出産した瀬戸朝香は、ドラマ、映画というような女優としての活動だけでなく、かつては93年に放送されていた『王道バラエティ つかみはOK!』(TBS系)などのバラエティー番組の出演や、歌手としての活動を行っている時期もあった。結婚後はドラマ『となりの芝生』(2009年・TBS系)での主演や映画『L change the WorLd』『ダイブ!!』(共に2008年)への出演も行っており、芸能活動は続けているものの、08年以降、映画には出演していない(現在、撮影中との情報あり)。出演するCMも、味の素コンソメや、花王「キュキュット ハンドビューティ」など、ママとしての立ち位置に沿ったものとなってきている。また、公式ブログでは不自然なほどに夫の記述が皆無となっており、本当に同居しているのか不思議になるほどである。

 結婚や出産後も仕事を続けている女性芸能人は決して珍しくはない。07年に俳優の高岡蒼甫と結婚した宮崎あおいも、その後仕事のペースを落とすこともなく、映画『少年メリケンサック』(2009年)での主演など、やや個性の強い作品にも出演している。また昨年8月に俳優の瑛太と入籍し、10月に男児を出産した木村カエラは、妊娠中にもシングルを発表し、出産後の現在も化粧品「KATE」のCM出演を続けている。結婚や出産を経ても、内容的にそれ以前と変わらない仕事をこなす女性芸能人に比べ、上に挙げた"ジャニーズの妻"となった女性芸能人たちは、それ以前の活動と比べ、一歩引いた印象が否めない。逆に、妻や母親という立場を生かす仕事が目立っており、自身の個性を押し出したり、冒険とも思われるような意外な役柄に挑戦したり、というようなことは控えているようにも見える。

 年齢を重ね、女優として演じられる役柄が変化していくのは、演技する方もやりがいがあるだろうし、見ている方も楽しいものだ。妊娠はとても喜ばしいことだが、上記のような状況を考えれば、"ジャニーズ妻"として出産を経た後の木村佳乃が、今回のような個性の強い役どころに挑戦する可能性は低くなってしまうのかもしれない。

『ジャニーズスキャンダル調書』


ジャニーズの金看板はいまだおとろえず

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週