>   >   > 

『噂の居酒屋美人女将ゆうな 夫の前で犯されて...』水元ゆうな


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 1億円をかけて磨き上げたと言うプレミアボディは、デビューから8年経った今でも健在どころか、むしろ、ストリップ、ピンク映画での活動を開始したここ数年の間に、妖艶でミステリアスな魅力は増していると思う。アラサーになった彼女のほどよい枯れ具合は、ド演歌の世界に住む美女のごとく、どうにもほおっておけない哀愁漂うものとなった。日本一の薄幸美熟女。そう言っても過言ではないほどに、不幸な境遇に喘ぐせつない姿に惹きこまれてしまう。

 そんなゆうなさんの魅力に浸りたい人に、この作品をお奨めしたい。彼女の役どころは大衆居酒屋の女将。料理はうまいが店はボロボロ。客足も途絶えがちで、どうにか経営を保てる唯一の強みといえば、彼女の艶っぽい笑顔だけ。

 しかし、そんなギリギリの経営は長くはもたなかった。夫がギャンブルに興じて多額の借金を背負い、遂に取り立て屋が店に乗り込んできたのだ。当然、ゆうなさんは寝耳に水。あきれ果て、懇意にしていた若い男性客と一夜を過ごしてしまう。しかし、憂さを晴らそうとする彼女がつかの間の快楽に溺れていたその時、事態は取り返しのつかない方向へと傾いていたのだった。なんと、夫が突然死んでしまうのだ──。

 喪服のまま、取り立て屋たちに肉体制裁を迫られる彼女。その切ない悶絶は、まさしく官能美の極みだ。甘い囁きを聞きながら絶頂を極めた浮気セックスとは裏腹に、ただの性処理道具へと貶められ、嘲笑のうちに犯されるだけのまぐわい。そのギャップを演じ分ける見事な表現力にどんどん惹きこまれてしまうのだ。

 セックスが始まってしまえばどれも同じ。それがリアルセックスの醍醐味だと話す女優が多い中、彼女は喘ぎひとつで喜怒哀楽を演じ分ける。そして、何より素晴らしいのは、演じているのだと微塵も感じさせない渾身のイキ顔。

 苦労を共にした夫を失った悲しみと、軽率だった自分自身を悔いているような切ない喘ぎが入り混じった陵辱シーンはとにかく見もの。身を震わせる女の哀しみとはこのことなのかと、実感させられた名シーンである。
(文=文月みほ)
Amazonで詳細を見る

◆メーカー:桃太郎映像出版◆品番:DBUD-002◆時間:120分◆価格:2980円




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週