>   >   > 

「パンツよりもカラダ目当てだった」滑稽な発言の変態男  その裏には「罪の重さ」の較差が


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

4285491376_ef39513e18.jpg
※イメージ画像 photo by Alex Dram from flickr

 埼玉県さいたま市で起こった、世にも不可解というか、滑稽な性犯罪事件が起こった。

 同市桜区山久保の市道で、帰宅途中だった21歳の女子大生に対し、24歳の男が後ろから近づき、スカートをまくりあげ、下着を引きちぎって奪った。男は浦和西署の署員に強盗容疑で現行犯逮捕されたが、警察の調べに対して、「女性を襲おうと思って、手がパンティーに引っかかってしまっただけ。奪おうとしたわけではない」と供述しているとのこと。

 この男、強盗の容疑を否認する一方で、明確にレイプの意志があったことを認めている。このニュースが「mixiニュース」に転載されるやいなや、数千人のユーザーによってコメントがつけられ、大きな反響を巻き起こすこととなった。その多くは、「女目当てで、パンティー目当てではない」と公言する男の、変質的なまでの正直さに言及したものであった。

 しかし、どうやら男のこの発言には、一読するだけでは理解しがたい「裏」があるようだ。

「一般に、強姦は重罪というイメージを持たれていますが、強姦罪の量刑が懲役3年以上であるのに対して、強盗は5年以上と、強盗のほうが重い量刑が課されるようになっています。下着目当ての犯行ということになると、これは強姦罪ではなく(逮捕容疑である)強盗罪にあたるので、より長い懲役が課される可能性があることになります」(都内、弁護士の男性)

 また、今回の事件では男性器の挿入が行われていないため、強姦ならば未遂となり、実際にパンティーを奪った強盗罪よりも、男にとって軽い処分が期待できるのだという。

 ちなみに、強姦、強盗の量刑はともに有期刑だが、強盗と強姦をともに満たすと、無期懲役の量刑を含む罪に問われることもある。

「今件では当てはまりませんが、もしも下着を奪い、なおかつ性行為も既遂、つまり男性器の挿入が行われている場合には、『強盗強姦罪』の適用対象となります。これは無期又は最大7年以上の懲役となり、強姦、強盗のどちらよりも重い罪となります」(前出)

 現場の状況からは、パンティーを奪うことが目的だった可能性が有力視されており、男は強盗罪で裁かれる公算が高い。だが、取調室で出た、一見して「苦しすぎる言い逃れ」は、実は計算尽くの言葉だったのかもしれない。

 だがしかし、そもそもそれだけの賢さがあるならば、はじめから女子大生のパンティーを強奪しようとか、襲おうなどと考えるべきではないことは、言うまでもないだろう。

『よいこの萌えっ娘!―妹パンツONLY』コアマガジン


破壊力抜群のコアムックシリーズ!!!!!

amazon_associate_logo.jpg

『モウムリ!もう・・・無理』 一ノ瀬 ラム


モウ(毛)ムリ!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週