>   >   > 

無料エロゲーが配布される時代!!  デフレもここまで来た?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

sekirara.jpg
『se・きらら』オフィシャルサイトより

 「オタク」という生き物は、非・オタク層から見ると、趣味には無尽蔵に金を注ぎ込むというイメージがあるだろうし、実際に日本経済に対する貢献度は趣味の異なる同年代の人間に比べて各段に高いようにも思える(その代わりリア充は彼氏・彼女など、他人に金を使っている──などと言われると、反論の余地もないのだが......)。しかし当然、ヲタの財布とて無尽蔵ではなく、それこそ昨今の不況の煽りを受けて、漫画やゲームなどに注ぎ込める金額が一気に減ってしまった──と嘆く方もおられるに違いない。

 そんな世情を汲んだのか、無料で入手できる美少女ゲームが登場した。もちろん違法な手段ではない。

 そのゲームとは、MAX FACTORYから3月26日に発売予定の『se・きらら』。主人公の少年が高校に進学し、美少女たちと赤裸々な物語を繰り広げる内容で、いわゆる「エロゲー」である。

 では、なぜ無料販売が可能であるのかといえば、発売元のMAX FACTORYは、同ソフトの総合プロデューサーである、プロモデラーのMAX渡辺が代表を務めており、無料配布の通常版に加え、figma付の初回限定版が 2,800円で販売されるからだ。

 figmaとは、MAX FACTORYが製造しているアクションフィギュアで、figmaのWebサイトには下記のような説明文が記されている。

PVCスタチューと可動フィギュアがそれぞれ実現していた「美しさ」と「可動」。 この2つの完全な両立を目指す新世代アクションフィギュアシリーズ、それが「figma」です。 2次元キャラクター造型を得意とする「MAX FACTORY」と、キャラクターに演技させ、生命を吹き込むことに長けたフィギュアアーティスト「浅井真紀」とが手を組み、「ヒーロー、ヒロイン達が手の平で自由に動く感動」を創造します。

 要するに、2月8日から配布が始まっている体験版や、おそらくパッケージの経費や総量を考えればDL配布のみとなるだろう通常版でファンを増やし、初回版の購入を期待する──というビジネスモデルであるわけだ。とはいえ、2,800円というのはfigmaシリーズにおいて通常の価格であるため、やはり前例を見ない企画であることは間違いないのだが......。無料配布分にかかる費用をいわゆる「広告費」と考えれば問題ないという経営判断を下したのかもしれないが、それにしても太っ腹である。

 また、原画を担当している平山まどか・堀井久美・田畑寿之の3人はともにアニメーターであり、『se・きらら』のWebサイトで視聴できるオープニングアニメも、非常にこなれた作りになっている。収益モデルとして確実に当て込んでいるわけではないだろうが、アニメ化や、さらなるグッズ展開を想定していることは間違いないだろう。

 ただ、「通常版を無料配布する」という大胆かつ勇気ある行動が、大きな金銭的損失を伴って失敗してしまった場合、他社も委縮し新しい試みが生まれにくくなってしまうだろう。果たして吉と出るか凶と出るか、ゲーム業界の未来を占う試金石として要注目だ。
(文=B.I.Sachiko)

『リトルバスターズ エクスタシー 通常版』


こちらは泣けるエロゲー

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS