>   > 

にっかつロマンポルノ回顧録2

SMクイーンと団鬼六の世界


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

porno02TOP.jpg
SM作品の名場面をダイジェストで堪能できる『団鬼六監修 SM大全集』
(製作:日活/監督:加藤文彦/公開:1984年)

 「にっかつロマンポルノ」は女優以外にも数々の著名人を世に知らしめており、"SMの巨匠"団鬼六(だん おにろく)も欠かせない重要人物のひとりだ。

 官能小説の第一人者だった団鬼六が、初めてロマンポルノに関わったのは1974年。自身の代表作である『花と蛇』を日活が映画化したことによる。

porno0201.jpg
ロマンポルノ初のSM作品となった『花と蛇』
(製作:日活/監督:小沼勝/公開:1974年)。
04年に杉本彩主演でリメイクされ話題に

 しかし当時、SMは極めてマイナーなジャンルであり、日活内部でも知る人は少なかったという。ではなぜ、日活はSMの製作に踏み切ったのか? それは「谷ナオミを主演に起用する」という提案に端を発したものだった。


 71年に始まったロマンポルノの評判は上々で、「団地妻」シリーズを中心に白川和子や宮下順子といったポルノスターが続々と誕生していた。そんななか、日活は次なる看板女優として谷ナオミに目を付けた。

 当時、谷ナオミは独立プロ系のSM映画に数多く出演していて、すでにピンク映画界ではトップ女優だった。その彼女がオファーを受けた際、親交の深かった団鬼六と相談して「『花と蛇』ならば出演してもいい」との条件を提示したのだという。

porno0202.jpg
2代目SMの女王・麻吹淳子が、M調教される人
妻役を熱演した『団鬼六 縄炎夫人』
(製作:日活/監督:藤井克彦/公開:1980年)

 こうして、ロマンポルノ初となる本格SM作品『花と蛇』が製作されることになった。不遇のヒロイン・静子を演じた谷ナオミは、緊縛・宙づり・汚物などの執拗な責めに対し、次第に恍惚の表情を浮かべる心境の変化を好演。さらに鬼才・小沼勝監督によって、一般人に受け入れがたいSMというジャンルが、官能美として表現されたことで同作品は大ヒットを記録した。

 この作品で"SMの女王"の称号を与えられた谷ナオミは、その後も団鬼六原作の作品に出演し、ロマンポルノに「団鬼六(SM)」シリーズという新ジャンルを打ち立てたのだ。

 そして、谷がポルノ界から引退した79年には麻吹淳子がポルノデビュー。完熟ボディーに食い込む荒縄が陵辱のリアル感を演出して"2代目SMの女王"となった。以後、3代目は高倉美貴、4代目は真咲乱が襲名し、団鬼六シリーズはロマンポルノ終焉の88年まで人気ジャンルとして君臨し続けた。

porno0203.jpg
『団鬼六 美女縄化粧』
(製作:日活/監督:藤井克彦/公開:1983年)。
プレイに耐えられなくなると、
露骨に不快感を示す高倉美貴の表情が逆に人気に

 なお、「SMの女王」と聞くと「女王様」を連想するかもしれないが、彼女たちの役柄はもっぱらMだった。団鬼六にとってのSMとは"羞恥心"の美学であり、あくまで罰を受ける女性の表現にこだわったのだ。

団鬼六オフィシャルwebサイト


『快楽なくして何が人生』団 鬼六(著)


エロティシズムは死に至るまでの生の称揚

amazon_associate_logo.jpg


・バックナンバー
第1回 「団地妻」から始まったロマンポルノの歴史



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週