>   > 

迷惑メールを笑いに変える! 

「エロメール添削」赤ペン瀧川先生って誰?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

akapen.jpg
※イメージ画像 photo by fractured-fairytales from flickr

 パソコンを開くと、送られてくる大量の迷惑メール......。普通ならこんなうっとうしいもの、見る間もなく消去するものだが、これらのメールも使い方によっては"笑いの種"に変えられるのだ。

 SNSサイト「mixi」には、「エロメール添削 赤ペン瀧川先生」という話題のコミュニティがある。このコミュでは「赤ペン瀧川先生」なる人が出会い系サクラメールを添削おり、今では1700人以上のメンバーがコミュニティに属している。

 現在では、ネットの世界を飛び出して新宿・歌舞伎町のロフトプラスワンで「エロメール添削スライドショー」と銘打ったライブを行い、これまでに過去4回、いずれも超満員御礼の上に観客を抱腹絶倒の渦に巻き込んでいる。

 このライブの成功を受け、今年8月、満を持して初のライブツアー「HALF JAPAN TOUR2009」を敢行。瀧川先生が車にテントと簡易コンロを積み込み、東京・名古屋・大阪・福岡と日本を縦断する。

DSC00450.jpg
日本唯一のエロメール添削家として活躍する赤ペン瀧川先生。

 ......と紹介してきたが、そもそも「エロメール添削」とは何なのか? 百聞は一見に如かず、赤ペン瀧川先生のブログにアップされた添削の一例を紹介しよう。


「タイトル:若い子には負けません!」
→力強いですね。40代か50代って事でしょうか。

「40代で主婦してます」
→お、ナイス先生。40代ですね。若い子に何が負けないのでしょうか? 年齢とか?

「若い頃は、相当セックスをして遊んでましたが、結婚して子供が出来てからは、全くと言っていいほど、セックスもしてなければ遊んでもいません......」
→相当セックスして遊んでいたって所がもうグっときます。何でそんな遊び方をしていたんでしょうか......。まぁ、今はそこまでしなくても......。

「主人とはセックスもなく、最近はアソコが疼き、セックスがしたくてたまらないんです」
→そ、そうですか。40代の直球な叫びって意外と受け止めずらいですね。

「子供も手が離れ、結構自由な時間があるので、割り切った形で、私とセックスをしませんか?」
→気を抜くと「はい」と言ってしまいそうな力強さ。

「久しぶりに激しく濃厚なセックスがしたいんです!」
→ちょっと怖いぞ。もう一行につき一回「セックス」って単語が出るメールってどうなんですか?

「40代の女は、女として見てもらえないんでしょうか......?正直若い子には負けてるとは思いません! 」
→いいですよ、これでタイトルに戻るんですね。非常にいい流れです。今回はセックスなしでしたね。

「一度、私とセックスして下さい」
→またセックスって!

「梓、40代、主婦です」
→結構、艶っぽい名前。もうこうなったらここでも入れるべきですよ。「梓、40代、主婦セックスです」とか。

「お願いします」
→セックス、お願いします。にすべきですね。


......とまあ、こんな感じ。エロメールのタイトルというのも、なかなか突っ込みどころが満載なものばかり。一流コピーライター顔負けのセンスの高さは、もはや芸術(!?)の域に達している。

タイトル:「トイプードルはチョコを食べると死ぬ」
タイトル:「私はセレブで貴方は貧民、これが......格差社会なんですよね」
タイトル:「あそこに枝豆が入ってしまいました」
タイトル:「あなたの股間にぶらさがってるソレ、泌尿器以外にも使い道あるんですよ」
タイトル:「あの......クンニされるのが大好きなのですが」
タイトル:「捨て猫のようなあなたでも勝ち組になれるんです!」
タイトル:「処女膜と自分の限界は、破ってなんぼやで!」

 秋には何とDVDまで発売されるのだが、気になるライブのチケットの捌き具合は如何に!? 赤ペン瀧川先生本人に直接聞いてみた。

「東京・名古屋・大阪・福岡の4箇所の中で、東京はそれなりにチケットが売れていますが、地方のほうがちょっと......。なので『メンズサイゾー』を見ていただいた方は、ぜひとも見に来ていただきたい! 『エロメール添削』と銘打ってますが、お客さんの8割は女性なので、女性の方も臆せず来場してください(笑)」

 ツアーでは、「変ドルネーム無双100人斬り」(スライド係が勝手なハイペースで変なハンドルネームをけしかける。次々と襲いかかる変ドルネームを瀧川先生が素早く、大胆に添削する)など、エロメール添削以外のコンテンツも盛りだくさん。見ごたえ十分で、笑いっぱなし間違いナシな内容となっている。

 ちなみに、この赤ペン瀧川先生、本業は役者であり、舞台や映画にも出ている。今後の展望については、こう語る。

「赤ペン先生としては、今後はキャバ嬢の営業メールや別れ際のカップルのメール、恋人からのありえないメールなんかを添削したいですね。エロメール添削で名が広まって、それが俳優業にも反映されるようになれば、言うことなしですね(笑)」

 まだチケットには余裕があるので、興味のある方は是非!!


ゼブラ 油性 赤ボールペン

ザ・定番

amazon_associate_logo.jpg


エロメール添削家・赤ペン瀧川先生ブログ

「HALF JAPAN TOUR2009」
8月7日(金) 東京・新宿ロフトプラスワン
8月10日(月) 名古屋・ブルースタービル2F
8月11日(火) 大阪・マザーポップコーン
8月13日(木) 福岡・天神センタービル3F



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週