>   >   >  咆吼するパンクバンド「ミドリ」の公開ストリップはあの人へのオマージュ?

今、もっともライブが熱いバンド!

咆吼するパンクバンド「ミドリ」の公開ストリップはあの人へのオマージュ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

midori_W.jpg(左)シングル「swing」完全生産限定盤、(右)「swing」通常版

 「セックス セックス」「あたしはあんたとセックスがしたい」(『うわさのあの子』)、「股を拡げるだけが女じゃあないのです/時には、男の上にまたがり腰を振る」(『あたしのお歌』)と、女性ボーカルが性的なフレーズをあり得ない勢いで咆吼するパンクバンド「ミドリ」。

 メジャーデビューは2007年。女1+男3のメンバー構成から「大阪のいびつなJUDY AND MARY」などと評されるが、作品だけで喩えるなら「パンクな椎名林檎」といったところだろうか。

 ボーカル&ギターの後藤まりこは、セーラー服がデフォルトだ。パンチラも気にせず客席へダイブするステージング(というか暴れっぷり)は大阪でのインディーズ時代から伝説化している。

 ……なんて聞くとキワモノ路線を想像しがちだが、メロディアスなキーボードは切なささえ感じさせるクオリティ。この6月には日比谷の野外音楽堂でのワンマンライブも成功させている。

midori-tirasiZ.jpg日比谷野外音楽堂ライブ告知チラシ



 その野音ワンマンでは、あろうことか後藤はストリップショーを展開。ライブ終盤、ステージに設置された大きなスピーカーの上へとよじのぼった彼女は、客席をゆっくり見渡した後、おもむろにセーラー服を脱ぎ始めたのだ。脱いだ上着は客席へと投げ入れ、トレードマークの片足ルーズソックスもポイッ!

 結局、黒のスポーツブラ1枚+ミニスカ+裸足という、脱衣場の女子高生のようなヘソ出しルックで残り2曲を歌いきったのだった。

 男性ボーカルならば「銀杏BOYZ」の峯田和伸のように、4万5千人の観客を前に下半身を露出して書類送検された例もあるが、女性ボーカルがライブ中に脱ぐのは珍しいケースだろう。
 
 奇しくもこのライブの前日は、小向美奈子がロック座で初脱ぎした日。案外、小向のストリップに影響されてのパフォーマンスだったのかもしれない……。

『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』

拒絶か中毒の二択!

 
amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週