女性の愛液に初めて触れた日:リアル童貞卒業物語<第4章>

女性の愛液に初めて触れた日:リアル童貞卒業物語<第4章>の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

セックス求道者「隔たり」連載:童貞卒業歌<第4章:曖昧な関係>

『第1章:前夜』
『第2章:交際1年半の彼女』
『第3章:信頼』

 

 玲と出会ったのは、僕が高校3年生の時だった。

 中学の友達と一緒に行った地元のお祭り。そこに玲はいた。

 玲は僕の友達が通っている高校の、部活の後輩だった。

 玲は部活の友達と2人でお祭りに来ていた。僕の友達と玲の友達の仲が良いらしく、気づけば2人で話し始めていた。

 互いの友達が話し込み始めたので、その余り物という形で、僕と玲は話したのだった。

 玲は身長が高くて、黒髪ロング、小動物のような可愛らしい顔をしていた。

 部活のことや学校のこと。話した内容は他愛もないものだったが、玲と話すと、とても穏やかな気分になった。玲はゆっくりとした口調で喋るので、それが僕にとってものすごく心地よかった。

 その日、僕と玲はLINEを交換した。

 それからずっと、途切れないように途切れないようにと、1日1通程度のペースで連絡を取り合った。

 なぜだか、少しでも玲と繋がっていたいと思った。

 玲との連絡を続けたまま、僕は大学生になり、その夏、初めてふたりで食事に行くことになった。

 玲と出会ってから、約1年が経っていた。

 1年ぶりに会った玲は、初めて会ったときに比べ、少し大人っぽくなっていた。白のTシャツにスキニーパンツ。胸の膨らみも去年より大きく感じ、この1年間で女性の魅力をグッと増していた。


「ねえ、玲」

「ん?」

「なんでご飯行こうと思ってくれたの?」

「え、なんでって?」

「いや、だって1年ぶりだよ?」

「そうだよね。たしかにそうだ」

「まぁよくその間ずっと連絡してたってのもあるけどさ」

「たしかに、凄いよね」

「だからなんで急に会ってくれたのかなって、不思議に思って」


 1年もの間、僕はただダラダラと連絡を取っていたわけではなかった。ご飯にも誘ったし、デートにも誘ったことがある。

 しかし玲は誘うたびに、


「ごめんなさい! いま忙しくて」

「ごめんなさい! 予定入ってて」


 と断りをいれてきた。

 忙しいんだなと思う同時に、断られたという事実が、余計に玲に会いたいという気持ちを増幅させていた。毎回、「ごめんなさい」と謝罪の言葉をいれる無垢さが、僕にはとても愛おしく感じられた。

 だから、今回誘ったご飯も、断られると思っていた。

 しかし、今回に限って玲は、


「行きたい!」


 と即答したのである。僕にはそれが、とても不思議だった。


「なんで急に、飯行こう、って思ってくれたの?」

「うーんと、なんとなくかな」


 玲はずっと「保育士が夢」と言っていた。保育の専門学校に行くために、高校1年性の頃から勉強していたという。部活と勉強の両立、そして学校の友達で予定が埋まってたらしい。

 それなら、受験を控えた夏に「なんとなく」という理由で僕に会うのは、やはり不思議に思えた。今こそ、1番勉強に取り組まなければいけない時期なのではないか、と。


「あ、なんとなくなんだ」

「そう、なんとなくなんだけど」

「ん?」

「あ、いや。実は出会いがなくて」

「うん」


 玲は下を向きながら、早口でしゃべり始めた。

 

「最近、周りがすごい彼氏できてるの。本当は勉強しなきゃいけないんだけど、みんな高校生活の最後に青春?をしたいんだよね。それは私も変わらなくて。

 でも、出会いなんてなくて。なんか勉強で悩まなきゃいけないのに、そういうことばっかり悩んじゃうの。そんなときに、隔たりが誘ってくれたから。だから来たの」


 夢を追いかけるための勉強に打ち込まなければいけない時期でも、人は恋をしたくなるのか。

 玲の言葉は、僕をひとつの「出会い」として見ているようにしか聞こえなかった。

 つまり、僕をちゃんと「異性」として見てくれているということだ。


「ということは、恋愛対象として見てくれてるってこと?」

「あ、いや、そういうわけじゃ」

「周りに彼氏が出来てて、自分も欲しくなって、でも出会いがなくて。それで、俺に会ってくれたわけでしょ?」

「うん、そうだと…思う」

「俺も、同じ気持ちだよ」

「えっ」


 「同じ気持ちだよ」と言ったのは、「恋愛感情があるから玲に会ってるんだよ」と伝えるためだった。

 その言葉に玲が同意したとき、それはひっくり返って、玲の心に「私も恋愛感情があるから隔たりに会っているんだ」という感情を生む。なんとなく会っているという感情を、明確な恋愛感情にするために、僕はそう言ったのだ。

 そして状況は、僕の予想通りに転がっていく。


「同じ気持ちなの?」

「そうだよ」

「てことは、隔たりも私を恋愛対象で見てるってこと?」

「”も”ってことは、玲は俺を恋愛対象で見てくれてるんだね」

「あ…うん、そうだね」


 少し恥ずかしがりながら、玲はそう言った。

 素直に同意してしまう姿が、とても可愛らしく見えた。

 その姿が僕の心をざわつかせる。

 誘えば、いけるかもしれない。


「あのさ、玲」

「ん?」

「カラオケ行かない?」

「カラオケ?」

「うん、玲と2人きりになりたくて」

「…私も隔たりと2人きりになりたい」


 カラオケに入ると、僕は玲にキスをした。

 自分でもこんな大胆な行動に出るのは驚きだったが、玲は拒まないだろうという確信があった。そして案の定、玲は僕のキスを受け入れた。


「隔たりは、私のこと好きなの?」


 唇を離した後、少し戸惑いながら、玲がそう聞いてきた。その言葉を放った口を、僕は再びキスでふさぐ。

 正直、玲のことが好きなのかどうか、わからない。

 玲はとても良い子だと思う。話していて楽しい。でも、それが「好き」という感情なのかは、僕にはわからなかった。ただ、久しぶりに「キス」というものをしたい。その気持ちだけが、明確だった。

 

「好きだよ」


 この「好きだよ」には、それだけの価値しかない。

 ただキスをしたいだけの、価値しか。

 その言葉を聞いて、玲は満足そうな顔をした。

 胸がチクリと痛んだ。

 しかしその痛みはゆっくりと、キスの快楽に飲み込まれていく。いつしか罪悪感などは消え、僕はただキスに没頭していった。

 固く結ばれていた玲の唇は開かれ、ついには、僕の舌を受け入れた。

 「好きだよ」というたった4文字。そのたった4文字で、ガードが緩くなる。人の気持ちがこうも簡単に変わってしまうのは、とても不思議だなと思った。

 「好きだよ」ともう一度言って、舌を差し出す。玲はそれをじっと見つめながら、ゆっくりと自分の舌を触れさせた。

 少し、硬い。

 緊張しているのだろうか。

 そういえば、玲が今までどんな恋愛をしてきたか僕は知らない。もしかしたら、キスの経験もあまりないのかもしれない。そう思ってしまうほどのぎこちなさで、玲は舌を絡めてくる。

 硬い舌と混じり合うキスは、あまり気持ち良くなかった。ただ舌に固形物が当たるだけ。温かみも、ねっとりとした湿りも、感じられなかった。


「玲、もっと力ぬいていいよ」


 僕がそう言うと、玲は素直に舌の力を抜いた。抜いたのだが、舌を動かさなくなった。だた舌を出しながら、固まっている状態だ。

 力を抜くってそこまでしなくていいのにな、と思いながらも、玲の純粋さが愛おしく思える。僕は童貞なはずなのに、玲を見ていると、なぜだか童貞じゃない気分になってきた。

 力を抜いた玲の舌に、僕は自分の舌を絡める。少し吐息が漏れ始めたタイミングで、服の上から胸に触れた。


「あっ」


 漏れた声をキスで塞ぎながら、大きな円を描くように胸を触る。久しぶりに触る女性の胸に、僕の中の興奮がふつふつと湧き上がってくる。胸はそこまで大きくない。それでも、胸という存在なだけで、僕の心は刺激される。

 キスをしながら目を開くと、玲の顔が見えた。玲は強く目をつぶっている。そして、漏れそうな声を必死に堪えているようにも見えた。

 カラオケは防音だから、そんなに我慢しなくてもいいのに。そう思ったけれど、玲が我慢する理由は別にあるのではないか、とも思った。

 僕と玲は付き合っていない。それでも、キスをしている。このキスに身を委ねることは、曖昧な関係を肯定するのと同様だ。それを受け入れたくないから、少しだけ抵抗する。

 おそらく玲は、処女だ。

 童貞の僕からみても、それくらい玲の反応はウブだった。そして、彼氏じゃない人とのキスに戸惑っているようにも見えた。

 僕は玲の服の下から手を忍び込ませ、ブラジャーの上から胸を触る。玲は抵抗しない。僕はブラジャーの隙間に指を入れ、乳首を撫でる。


「あっ、ダメっ」


 「ダメ」と言っても、抵抗しているのは言葉だけであり、体は抵抗する気配がない。指を動かして乳首をこねる。玲はそれでも体を動かさない。乳首を触っているという事実に、股間がだんだんと熱くなる。女性の胸を触ったのは、みずき以来だ。

 中学生だったみずきの胸は、胸と言えないほどの小さな膨らみしかなかった。玲の胸は大きいとは言えないが、みずきと比べればふっくらとしていた。

 玲の胸には体温がこもっている。その熱を、しっかりと手に感じる。

 柔らかな手触りと温度で、胸を触っているという事を認識する。

 みずきと別れてから約3年半。高校生活をまたぎ、大学生になってやっと、胸を触ることができた。中学生の時はあんなに簡単に触れたものが、高校では触るチャンスすらなかった。

 恵まれていた。彼女がいるということはとても尊いことなんだ、と思うと同時に、目の前の玲と付き合ってないことを悟る。

 これが、大学生。

 これが、大人だ。

 ただひとりの恋人とだけしかそういうことをしないという幻想は、大学生になり簡単に打ち砕かれた。

 飲み会で出会う先輩たちは、武勇伝のように自分の浮気を語る。大学生という人種は常に、恋人の他に浮気相手という存在がいないと、生きていけないのかと思うほどだった。

 この世界では、ひとりを愛することは異質だ。先輩たちは皆、恋人がいたけれど、僕の目には「浮気」をしたいから、わざわざ恋人を作っているようにしか見えなかった。

 そんな環境に、僕も気づかぬうちに染まっていく。

 周りがやっているからと自分を正当化し、むしろ正当化という感覚すらない。これが当たり前なことであると、当たり前になりすぎたがゆえに、疑うことすらしなくなった。

 目の前に女性がいれば、エロいことをしたい。僕が新しく踏み入れた世界では、それが真理であるかのようにまかり通っていた。

 正しさなんて環境によって変わる。その集の多数派の意見が、常識になっていく。本当に善か悪なんかは誰も気にしない。

 目の前にいる玲は、高校3年生。

 高校生であるから、僕の住んでいる「大学生」という世界とは違う考えをしている。さっき「好き」かどうかを確認したのも、高校生であるからだろう。

 玲の住む「高校生」という世界では、好き合う同士がそういう行為をするということが多数派であり、常識であるから。

 

「玲、好きだよ」


 僕は玲の服をめくり、ブラジャーを下にさげる。茶色の可愛らしい乳首があらわになった。

 舌の先端を乳首に当て、上下に動かす。たったそれだけの行為なのに、なぜこんなに興奮するのだろうか。胸を舐めることができるならば、「好き」という言葉はいくらでも言える。


「ダメだよ…」


 玲は抵抗しない。その姿が余計に僕の興奮を刺激する。

 抵抗しながらも、受け入れてしまう体。

 僕は手を下に持っていき、スカートの中に入れる。そして、下着の上からアソコに触れた。

 指先に、熱が、触れた。


「すごい」


 思わず、そう声が漏れた。

 初めて、僕は女性の下半身を触った。

 指先に粘着質な液体が触れている。

 下着は湿っていた。

 初めての感覚に鳥肌がたったが、不思議と手を離すことができない。

 触ってないのに濡れるという現象の理由はわからないが、この液体が卑猥なものであるということは、ちゃんとわかった。


「玲、すごいよ」


 僕は玲にキスをする。

 そして指先で下着の濡れている部分を押す。

 玲の体の力が抜けていく。

 体は少しづつ、椅子からずり落ちていく。

 玲の舌が、初めて、動いた。

 僕の脳内の血管が吹き飛びそうになる。

 イカれたように舌を絡ませ、指を下着の横から侵入させる。


ニュルッ


 指は滑り、スムーズに、そして自分でも驚くほど、すんなりと入った。肉々しく膨らんだ皮膚の粘膜に、指が包まれる。ヤケドしそうなほど、熱い。

 これが女性の膣内か。

 

クチュクチュ、クチュクチュ


 舌が交る音と玲の股から響く粘着音が部屋の中に響き、僕の脳内を刺激する。股間がパンパンに膨らみ、触らなくても、イケてしまいそうだった。

 これがディープキス、そして手マン。ふたつが重なり合うだけで、興奮は何倍にも増した。

 ここからどうすればいいか、先が見えていないのにもかかわらず、「挿れたい」という欲望が、頭の中に流れていく。

 しかし、玲の反応は薄い。

 舌は動かしている。だがそれは、こちらに合わせているだけという仕草にも思え、興奮しているようには見えなかった。

 気持ちよくなっているのか、それともなっていないのか。見た目からは判断できない。

 そんなことを考えていると、玲の舌の動きはだんだん弱まっていき、ついに充電がきれたかのように、止まった。

 舌が止まった瞬間、僕のスイッチがプツリと切れた。

 先ほどまで脳内を駆け巡っていた刺激が一気に消え、ただ指先がヌメヌメしているという感覚だけが残る。指を動かしても、玲は全く反応しない。先ほどまでの興奮は、錯覚だったのだろうか。

 自分ひとりだけ興奮していたという事実を、玲に突きつけられたような気分だった。


私は感じていません、あなたが勝手に興奮しているだけです


 玲の体の反応から、そういったサインしか読み取ることができない。

 相手も喜んでくれていると錯覚し、自分ひとりが興奮する。片想いとか、ストーカーとか、そういった関係が連想される。

 先ほどまでは自分が優位だったはずなのに、急に玲に見下された感覚だ。

 僕は好きじゃないのに、玲のことが好きじゃないのに、まるで、


「あなたが好きと言うからキスをしてあげているんです。触らせてあげてるんです」


 と言われている気がした。

 黒い感情が胸に生まれ始める。

僕は、何をしているんだろう…


 唇を離して玲の顔を見る。うつむいていて、どんな表情をしているかは、詳しく確認できない。

 でも、笑ってないことは確かだ。

 おそらく、真顔。何も心が動いていない顔をしている。

 なんとなく入っている指を動かすと、くちゅくちゅと卑猥な音がした。しかし、玲は何も反応しない。

 ずっと、感じていなかったのだろうか。

 勝手に興奮してキスをしていたから、エロい感じになっていただけなのか。

 玲は何も、感じていなかったのか。

 玲の股から響く卑猥な音が、滑稽に思えてきた。

 

僕は…何がしたかったのだろう


 好きでもない女性に好きと言い、唇を重ねているだけのキスをする。

 舌を動かしてくれていると思ったが、こちらが動かせば、相手の舌も動いているように感じるのは当然のことだった。僕が動きを止めた瞬間、玲の舌はピタリと止まった。ただ、僕が動いていただけだ。

 ダメと言いながらも乳首を触らせていたのは、触って欲しいからだと思っていた。しかし色々な状況が、また違った解答を出す。

 玲は感じていなかったのではないか。

 ただ体を差し出していただけなのではないか。

 思考がめぐるたび、先ほどまで興奮を呼び起こす状態のもの全てが、自分の錯覚だったと理解する。そういえば指を入れた瞬間も、玲は声も出さず、体も反応していなかった。

 経験の少ない人は開発をされていない、初めは感じづらい、と聞いたことがある。玲の体が例えそうだったとしても、自分ひとりだけ興奮しているという状況は滑稽だった。

 この人は何をしているんだろう。僕が玲なら、そう思うに違いない。

 もう一度、玲の中に入った指を動かしてみる。僕にはどこが感じるポイントなのか、全くわからない。指を入れれば気持ちいいものだと思っていた。それが違うと気づいたとしても、けっきょくどう動かせばいいか分からない。中をかき回してみても、玲は呼吸をしているだけ。興奮のサインは、どこからも感じられなかった。

 抜くと、指は確かに濡れていた。濡れているということは、興奮しているということだと思っていた。

 こうやってひとつひとつ、分からないことが増えていく。


「ごめん」


 いたたまれなくなって、謝罪の言葉が口に出る。


「なんで?」


 玲は首を傾げる。その純粋さが、僕の心を苦しめる。


「いや…やっぱ、なんでもないや」


 そんな僕を、玲は不思議そうな顔で見ていた。


「玲、帰ろっか」


 カラオケを出て、駅前まで横並びで歩いた。玲の顔を見ることはできなかった。笑っていても、真顔でも、僕は苦しむだろう。

 玲が笑顔ならば付き合っていない女の子に手を出した罪悪感を、真顔ならば見下されたような劣等感を、僕は感じてしまうだろう。

 あっという間に、駅に着いた。


「また連絡するね」


 その言葉だけ伝えて、けっきょく玲の顔を一度も見ることなく、僕は電車に乗った。

 その日のうちに、玲に連絡することはなかった。

 そして、玲からも、連絡はこなかった。

 玲との記憶が薄れた頃、ついに、僕に彼女ができた。中学生の時のみずき以来の彼女である。

 彼女と僕は同じ大学の、同じ学科に所属していた。クラスは違かったが、共通の友達がいて、それで知り合った。

 初めて彼女を見たとき、純粋に「可愛いな」と思った。茶髪のロングヘアーに、薄い色のカーディガン。笑った顔がとても印象的だった。

 目立つわけでもなく、かといって地味なわけでもない。クセのないシンプルな女子大生という感じが僕の心を奪った。

 大学生の飲み会に参加すると、酒を飲んで乱れる女性を目にする機会が増えた。騒ぐのは男だけだと思っていたが、女性も変わらないのだと気づいた。

 「男」「女」というのはただの分かりやすい記号に過ぎず、騒ぎたい人は騒ぐし、苦手な人は苦手なのだろう。

 大学生たるもの飲み会で遊ぶべし、という固定観念があったので、はじめ僕は頻繁に飲み会に通っていた。お酒を飲むのは楽しく、酔っぱらった女性にボディタッチできるのも、高校生の時にはない体験だったので、とても興奮した。

 しかし、そんな女性たちを見ながら、どこか心の中では「彼女にしたくない」という思いがあった。もし、この人が彼女ならば、酔った勢いで他の男に触れられてしまうだろう。独占したいとか、嫉妬するから嫌だとかではなく、ただそういう彼女がいると疲れそうだなと思った。

 そんな大学初期の日々を過ごしていた僕にとって、彼女のクセのない感じはとても新鮮だった。聞けば、お酒はあまり飲めないという。それだけで、僕の中での彼女の評価は上がった。

 連絡先を交換して、デートに誘い、何度かご飯を食べに行った。

 他愛もない会話ばかりだったが、他愛もない事をそのまま楽しめる空気感が、とても心地よかった。大学の飲み会では、酒を飲んで面白いことをしないといけないという雰囲気があった。だから、この守られたような楽しみが、まるで四つ葉のクローバーを一緒に探すようで、とても素敵だなと思った。


「よかったら、付き合わない?」


 4回目のデートのとき、ちょっと雰囲気のいい場所のベンチに座りながら、僕はそう聞いた。彼女はすぐに、


「うん」


 とだけ答え、それ以上は何も言わなかった。

 僕もその返事が返ってくると思っていたので、特に驚きやドキドキはなかった。

 けれど、お互いのことを言わなくても分かるという感じが、とても素敵だなと思った。

 

 付き合ってからの僕らは、付き合う前と特に大きく変わらなかった。

 一緒にご飯をたべ、会話をし、遅くならないうちに解散する。何度かキスはしたけれど、それは結婚する時に婚姻届を出すみたいに、とりあえず僕らが付き合っている証拠のためにする程度だった。

 そして彼女の誕生日。おしゃれなレストランを予約して食事をした。終わったあと、ベンチに座った。彼女からキスをしてくれた。テンションが上がった。そして僕は、


「セックスがしたい」


 と告げた。

 彼女は「うん」と言った。

 2回ラブホテルに行くも、うまくできなかった。

 そして僕の家に呼んだが、彼女が生理になり、セックスすることはできなかった。


「じゃあ、気をつけて。お泊まり、楽しかったね」

「うん、楽しかった。ありがとう。帰ったら連絡するね」


 家に戻り、ソファに座る。

 そして大きく息を吐いて、目をつぶる。

 彼女と付き合って、もう半年が経った。

 食事は楽しい、会話も楽しい、デートも楽しい。でも性的なことがうまくいかない。セックスが、うまくいかない。

 僕は彼女とセックスがしたい。

 しかし、彼女とうまくセックスできるシーンが想像できない。緊張してしまうし、焦ってしまう。アソコにコレをいれるだけの簡単なこと。簡単なことだけど、なぜかできる気がしない。


「セックスしてえなあ…」


 セックスしようと言ってから、彼女との関係が徐々に崩れているように感じた。

 セックスを意識していない頃、つまり彼女の誕生日の前の日々のほうが、楽しかった。今は彼女を見るだけで、セックスがしたくて仕方がなくなってしまう。セックスのことしか考えられなくなってしまう。


「なんで付き合うことと、セックスすることが繋がってるんだろう」


 もちろん、彼女とセックスしたい。その気持ちは確かだ。でも、僕は彼女とだけセックスしたいのだろうか。それは少し、違うようにも思える。

 AVを見れば女優さんとしたいと思ってしまう。街中で綺麗な人をみれば、やはりセックスしてみたいと思ってしまう。好きという感情が湧き出る前に。


「でも浮気だもんなあ」


 それでも、やっぱり初めては、童貞卒業は、彼女としたい。

 それが自分の本心なのか、世の既成の理想からの考えなのかは分からない。

 でも、ここまできた。

 チャレンジもしてる。

 今さら引けない。

 

 ふと、玲の顔が頭に浮かんだ。

 彼女のアソコには中々指に入らなかったけど、玲の中には入った。その違いは何なのだろう。

 そんなことを考えていたら、気になって仕方がなくなってきた。やはり女性の体は違うのだろうか。そして、女性の体をどう扱えばいいのか。


「練習…か」


 僕は目を開け、携帯を取り出す。そして玲の名前を探し、ラインを送った。


「玲、元気? 久しぶりに会わない?」


 玲からの返信はすぐに届いた。

「久しぶり! いいよー!」


 僕もすぐに返信をする。


「急なんだけど、明日はどうかな?」


 すぐに既読がつき、返ってくる。


「夜バイトがあるから、その前なら大丈夫そう!」


 高校生だった玲は、大学生になっていた。


「そしたら昼に会おう!」


 明日は平日。両親は共働きだから、家には誰もいない。


「いいよー!」


 明日、玲に会う。

 玲があの頃のままなら、誘ったら、家に上がってくれるだろう。

 これは彼女のためだ、と言い聞かせる。

 学校のテストも、スポーツの大会も、本番の前には必ず練習がある。小テスト、練習試合。それを体験しながら、本番に望む。

 でも、セックスには練習がない。あるのは常に本番だけ。

 おそらく、僕にセックスの才能はない。2度失敗したことで、なんとなくだが、そんな想いを抱いている。


玲と会うのは、彼女とのセックスのためー。


 玲の体に色々教わって、彼女との本番に望みたい。

 これは彼女を想うがゆえの行動だ。

 だから浮気では、ない。


「ありがとう! 楽しみにしてるね!」


 そう送って、玲のLINE画面を閉じる。玲の名前の下には、彼女の名前があった。メッセージはきている。既読は、つけていない。

 それを見て、息が苦しくなる。

 胸の鼓動が激しくなる。

 これは興奮なのか

 それとも緊張なのか。

 もしくは、罪悪感なのか。

 僕はそのまま、携帯の電源を切った。

※第五章は↓↓

 「へえ~。隔たりの家ってこんな感じなんだね」平日の昼間。僕は学校をサボって家にいる。昨日の朝まで、この部屋には、付き合っている彼女がいた。しかし、いま目の前にいるのは、彼女でもなんでもない関係の女の子、玲だ。

(文=隔たり)

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック