【女と男の隔たり】僕はセックスがわからない。~童貞卒業歌 第1章:前夜~

 メンズサイゾーの【エロ体験談】で、前人未到の賞金レース6連覇を達成した常連投稿者・隔たり。投稿すれば賞金ゲットというほどの人気を誇った彼のことは、エロ体験談愛読者の皆さんであればよく覚えていることだろう。

 今連載では、そんな隔たりが「エロ」と「セックス」について考える。痴的好奇心旺盛なエロ体験談王者は、何を語るのか――。

 

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

早く大人に、なりたい


 やっと今日、童貞を卒業できる。

 平日の昼間。僕の実家で彼女とふたりきり。親は遅く帰ると言っていた。時間はたっぷりある。

 ここに辿り着くまで本当に長かった。

 彼女と付き合ってから、もうすぐ半年が経つ。お互い実家暮らしなので、これまでセックスをするという雰囲気にはなかなかならなかった。

 そんな彼女と初めてキスをしたのは、付き合って1カ月くらいの頃だった。

 場所は狭いカラオケ店。似たような店が都会にはたくさんあるから、場所は覚えていない。

 あの日のキスは、とてもぎこちなかった。

 キスをしようとしたとき、彼女は見るからに緊張していた。そんな彼女の反応を気にしながらのキスということもあり、結局はただ唇が重なったというだけで、僕はあまり興奮しなかった。

 それから何度かキスを重ね、少しづつ「大人のキス」といわれるものを自然にできるようになった。

 初めて積極的にキスを求められたのは、付き合って3カ月くらいの時、彼女の誕生日だっただろうか。

 大学生になってバイトを始めたおかげで自由に使えるお金が増えた。だから彼女の誕生日に、オシャレなレストランを予約した。

 恋人という存在とオシャレなレストランで食事するということは、僕の人生で初めての体験だった。

 とても緊張したのだけれど、僕よりも彼女の方が緊張していて、それがものすごく愛おしく思えた。そんな彼女を眺めていると、


「隔たりは、緊張してなくてすごいね」


 と褒められたのを覚えている。

 その言葉のおかげで、本当に緊張してないように思えてきて、その後は余裕を持って食事をすることができた。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 唯井まひろ
  3. 所沢ショーイチ
  4. ドスケベ女の性事情
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載
『春風ひかると童貞卒業しませんか? ~ドキドキ筆おろし体験~』

やっぱりプロに筆下ろししてもらった方が良い?

amazon_associate_logo.jpg


men's最新記事