メンズサイゾー >  風俗 >  その他 >  スナックの女のコを連れ出してSEX  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】「秘密にしてくださいね? お店にバレたら怒られちゃうから…」スナックの女のコを連れ出してSEX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

「ん…んちゅ…。秘密にしてくださいね? お店にバレたら怒られちゃうから…」


 チカは上目遣いでそう言った。

なんでこんなに可愛いんだ、このコは!


 そのまま舌を激しく絡ませる。

 口の中でお互いの舌を貪るような、激しいキスだ。

 服を乱暴に脱がせ、自分も脱ぎ、生まれたままの姿になる。

 じっくり脱いでムードを盛り上げるとか、下着姿を見ながら想像するとか、そんな過程はすっ飛ばした。

 B~Cカップくらいの小ぶりなバストにしゃぶりつく。

 舌先で乳首を弾くと、チカは分かりやすくビクンッと体を震わせた。


「んっ…んん…おっぱいダメなんです…弱くて…」


 それはいいことを聞いた。胸は小さい方が感度がいいとも言われるが、彼女もそうらしい。

 もう一方の乳首を指でクリクリといじると、腰を浮かせてのけ反り、カラダが逃げ始めた。

 甘い声は漏れ続けていたので、痛がっているのではなく、単純に気持ち良さからくる「逃げ」だろう。

 私は彼女をガッチリホールドして乳首を責め続けた。


「うぅんっ! だめぇ…あんっ!」

「チカちゃん、本当に乳首が弱いんだね」

「は、はいぃ…弱いんですよぉ…あっあん!」


 ここで彼女の秘部に手を伸ばしてみる。

 乳首をいじっただけなのに、アソコはすでにびっちょり濡れていた。


「すごく濡れてるよ。そんなに気持ち良かったの?」

「あうう…ひ、久しぶりなのもあって…興奮しちゃって…」

 私は枕元に置いてあった財布からコンドームを取り出し、装着した。

 財布にコンドームを入れてるなんて、まるで高校生のようだがこういう時に役立つ。


「じゃあ、挿れちゃうね」


 チカのアソコにペニスをあてがう。

 まったくと言っていいほど抵抗なく、にゅるんと彼女の中に入った。

 そのままピストン運動を始める。


『【メーカー特典あり】新人 プレステージ専属デビュー 時代を翔ける天使 涼森れむ(未公開映像DVD付き)(数量限定)』

可愛いは正義!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週