【風俗23区】墨田区向島~錦糸町:大正から平成の次の時代へ 風俗の歴史を天空から見下ろす街

別日にスカイツリーより。もっとも光っている場所が錦糸町駅


 現在もアジア系の飲食店やエステがあり、それなりの香ばしさは感じられるものの、「駅からスカイツリーへ」という新しい人の流れが生まれ、洗練された雰囲気が強く感じられた。

 

 

 JR線の高架をくぐって錦糸町駅南口へ。この向こう側が、墨田区イチの歓楽街というわけだ。

 その前に、まずは駅舎のすぐ右手にある路地「ピアきんしちょう駅ビル通り」に入ってみた。

 ここには数年前までテレクラと個室ビデオ店が並んでいたが、これも時の流れか、テレクラがなくなっていた。この路地をもう少し進み、人通りが少なくなったあたりまできたところで、とうとう墨田区第一風俗を発見した! ピンサロである。

駅から至近距離にテレクラがあった頃。この先に今でもピンサロが

 

 この一角は、駅から至近距離にもかかわらず、以前からなぜか若干湿った匂いが漂っている。そのせいか、夜な夜な

「マサジ行ク? サンゼンエン」


 と声をかけてくる中国人女性も多い。

 駅前ロータリーと丸井の間にある京葉道路を渡り、丸井を右側から回り込むと、その一帯が「牡丹橋通り」の飲み屋街だ。

 

 居酒屋に焼き鳥屋、キャバクラに外人パブ、大陸エステ、ホテヘルの受付、レンタルルームなどが雑居ビルにギュッと詰め込まれ、昼間は場外馬券売り場の客が、夜は酔客、ヌキ客が集まる路地となっている。

men's Pick Up

風俗関連トピック