「霊長類最強おっぱい」柳瀬早紀、SNSで“100センチ乳”炸裂! 最新写真集とDVDに期待高まる


 今回の写真集はタイトル通りに「濡れる」がコンセプトとなっており、柳瀬が南の島で濡れまくる姿を収めた作品になると予告されている。

 表紙カットは柳瀬が水面に浮かんでいるかのような爽やかショットとなっているが、寝転んだ姿を正面から撮影しているのにバストの大きさがまったく損なわれておらず、肩幅よりも“乳幅”の方が大きいという規格外の爆乳ぶりを発揮。さらに100センチ乳ボディが濡れまくりになると聞けば期待が高まらない方がおかしい。

「最近は上手にネットを使ってブレイクするグラドルが増加しましたが、柳瀬もSNSを効果的に使っているグラドルの一人。特に彼女の場合は水着ショットのインパクトが強烈なため、画像が拡散されやすい。SNSで公開された写真を目にした男性が写真集でじっくり鑑賞したいと感じるケースが多々あるようで、今回も柳瀬の爆乳ショット連投によって作品に対する期待度が急激にアップしています」(アイドルライター)

 さらに柳瀬は12月15日に「ラブラブ篇」のイメージDVD&ブルーレイ『恋する女神さま』と「バラエティ篇」の『やなパイ10ボインと…。』(共にラインコミュニケーションズ)を同時リリース。写真集発売後も勢いは一切衰えることなく加速し続けていくようだ。

「昨今はグラドルの巨乳化が著しく、95センチIカップの天木じゅん(21)や96センチHカップの鈴木ふみ奈(26)、95センチIカップの青山ひかる(23)、90センチIカップの菜乃花(27)、90センチHカップの和地つかさ(23)、91センチGカップの忍野さら(21)など業界は群雄割拠。ですが、100センチの大台を超えている人気グラドルは柳瀬しかおらず、激しい競争の中で鉄壁の地位を確立しています。ネット上でも『乳神様』『霊長類最強のおっぱい』などと規格外ボディを褒めたたえる声が後を絶たない。この人気がそのまま現在の勢いにつながっているのでしょう」(前同)

 この唯一無二のポジションが揺らぐことはなく、破壊力抜群の「やなパイ」旋風は来年もグラビア界に吹き荒れることになりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック