>  > 3ページ目

橋本玉泉の記事一覧(3ページ目)

明治や大正の時代の新聞をめくってみると、心中事件の記事が数多く掲載されている。多くは20代の若いカップルで、普通の勤め人を始め、男子学生とカフェー女給、...

続きを読む

江戸時代といえば儒教道徳が一般的だったことはよく知られているが、現在の人々が当時を誤解している点も少なくない。たとえば、『論語』にある「男女七歳にして席...

続きを読む

将来、生活や社会環境がどのように変化するか、そうした雑誌の特集やテレビ番組はしばしば企画される。時代の進歩や発展とともに、日々刻々と変わっていく日常生活...

続きを読む

明治時代以前の日本において、処女を神聖視したり、特別視したりする考え方はまったくなかったことは何度も申し上げた。若い女性が付き合っている彼氏とセックスを...

続きを読む

明治期の新聞をながめていると、自分の妻を「売った」とか「抵当に入れた」「牛と交換した」などといった記事がしばしば登場する。まるで人身売買ではないのかと思...

続きを読む

三菱といえば戦前では三井や住友と並ぶ巨大財閥であり、戦後に解体されたがその後再結集され、現在でもなお産業界ではその名を冠した企業グループが一大勢力として...

続きを読む

明治維新以後、明治新政府は性に対してさまざまな規制を実施し、庶民生活にまで弾圧とも言えるような締め付けを行った。銭湯における混浴を禁止したのはまだしも、...

続きを読む

明治期の新聞には現在と同様に、殺人や傷害などの凶悪事件を報じる記事が多数掲載されている。ただし、その記事内容は現在のものとは大きく異なり、記者の主観や論...

続きを読む

ヨーロッパなどの多くの地域では処女または処女性に対して、神聖なもの、絶対的な価値のあるものとする観念が古くから続いていた。だが、価値あるものにはニセモノ...

続きを読む

処女というものに対する評価は、世界的、歴史的に見てみると実に両極端である。古代ローマからその後のヨーロッパ諸国、キリスト教文化圏のように処女を神聖視する...

続きを読む

明治24年(1891)のこと、東京の下谷区南稲荷町(現・台東区)に、おたき(41)という女性が住んでいた。士族出身で普通に結婚生活を送っていたおたきだっ...

続きを読む

以前、当サイトで瀬戸内海のある島ではセックス未経験の少年たちに対して、経験を積んだ婦人たちがセックスの手ほどきをするという「童貞開き」という風習があった...

続きを読む

女性に振られたり冷たくされたりしただけで、カッと頭に血が上ってとんでもない事件を起こしてしまう男は少なくない。 明治41年1月、コソ泥で捕まった男の口か...

続きを読む

明治時代の新聞を見ると、男女関係による心中事件を取り上げた記事がやたらと目につく。一般的な成人男女をはじめ、男子学生とカフェー女給、サラリーマンと看護婦...

続きを読む

かつての日本の地域社会にごく普通に存在していた「遊び宿」や「夜這い」について紹介すると、男性たちが地域内の女性を性的に支配していたかのように勘違い、また...

続きを読む

結婚に当たっての条件というのはさまざまで、戦前の家父長制的な慣習のなかでは「何年以内に子どもが出来なければ離婚」というケースもあったらしいが、最近では「...

続きを読む

日本の伝統的な性道徳の中で、処女というものに対してなんの価値もなかったことは何度か紹介した。この感覚は、日本の歴史や民俗学を学んだ者であればいわば普通に...

続きを読む

かつて日本各地で、「夜這い」がごく普通に行われていたことは、数々の資料によって明らかである。都市部などではすでに近世に廃れてしまっていたようだが、ほんの...

続きを読む

結婚生活において、セックスが大切であることはいうまでもない。とくに以前の日本では、家の繁栄のためにはもちろん、夫婦の日々の楽しみという点でも、セックスが...

続きを読む

現代の日本人が自国の性文化について誤解している点はいくつもあるが、そのひとつが「処女」に対する考え方であろう。 以前にも当サイトで書かせていただいたこと...

続きを読む

アメリカ・CNNが伝えたところによれば、自分がHIVに感染していることを知りながら、多数の相手と配慮に欠ける性的な行為を続けた男が裁判所に訴追された。

続きを読む

続きを読む

明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。 明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮闘...

続きを読む

相撲といえば男がとるものと決まっているようだが、民俗学関係の資料を読んでいると「女相撲」の記述がいくつか見つかる。江戸時代の寛延年間から宝暦年間というか...

続きを読む

SMというジャンルは広く知られてはいるものの、いまだに誤解されている部分が多い。たとえば、SMを暴力や苦痛のみとしてとらえ、物理的な現象ばかりに視点をお...

続きを読む

出会い系サイトなどを使った、いわゆる素人売春がからんだ事件はしばしばニュースなどで報じられる。その手の報道で、「女子大生に5万円を渡してホテルでみだらな...

続きを読む

「山宣」(やません)の愛称で知られる山本宣治(1889~1929)は、昭和初期に活躍した代議士として知られている。裕福な家庭に生まれた山宣だったが、生ま...

続きを読む

かつて日本の地域社会では、共同体あるいは集団への帰属や融合を重視したと考えられる、さまざまなルールやシステムが数多く伝えられている。そのなかでも、とくに...

続きを読む

明治時代の新聞をながめていると、銭湯を舞台にした珍事件がしばしば顔を出す。明治15年には「女性にモテたい」とばかりに、銭湯に忍び込んで若い女性の肌にイモ...

続きを読む

アメリカ・CNNは8月15日、性的暴行などに使用される薬物の混入が見た目でわかる技術が開発されたと報じた。 それらカップ類はアメリカの新興企業、ドリンク...

続きを読む

その夜這いであるが、地域で定められた厳格なルールに基づいて行われる。しばしば、地域に住む女性たちの人権と自由を無視して挙行される共同体公認のレイプ行為な...

続きを読む

生命力や生産、力などを象徴するものとして、日本各地で信仰や祭祀の対象になっているペニスをかたどったモニュメント。神社のご神体や祭りの神輿などにこれが用い...

続きを読む

「処女」または「処女膜」というものについては、古くからいろいろと論じられてきた。しかし、そのほとんどは処女性という価値観によるものであった。 ところが、...

続きを読む

昔の日本では、離婚や再婚についてはそれほど悪いイメージはなかったらしい。もともと日本では、カトリック圏のように宗教上の戒律で離婚が禁じられているわけでは...

続きを読む

谷崎潤一郎(1886~1965)といえば、いうまでもなく近代文学を代表する作家の一人である。『刺青』『痴人の愛』『蘆刈』『細雪』といった、短編から長編ま...

続きを読む

先人のさまざまな調査や研究をみると、古くから日本には性や結婚に関するさまざまな慣習や儀礼が数多く記されている。そのなかには、やや常識から逸脱したものや、...

続きを読む

『梅毒』は15世紀にヨーロッパで流行して以来、死の病として恐れられていた。この病原体トレポネーマ・パリドゥムによる感染症は、自然治癒は不可能で、感染した...

続きを読む

「最近は女性が強くなった」などと言われるようになったのは、いつ頃からであろう。よく知られているのが「戦後は女性とストッキングが強くなった」というヤツで、...

続きを読む

クロード・アシル・ドビュッシー(1862~1918)は、日本でも人気のあるフランスの作曲家だ。交響曲『海』のような大作から、ピアノ曲『月光』『亜麻色の髪...

続きを読む

明治維新後、新政府は日本を近代化させるために猛烈なエネルギーを注いでさまざまな策を講じた。そのなかには、暴走というか珍妙というか、あまりに強引なものも少...

続きを読む

歴史の教科書に出てくるため、中江兆民の名はわりとよく知られている。しかし、教科書や学校の授業では、せいぜい「自由民権運動の政治家」とか「フランスの思想家...

続きを読む

NHK(日本放送協会)で放送された番組内において、「映画女優は売春婦と同様」といったニュアンスの扱いをしたことで、騒動になったことがある。 ことの発端は...

続きを読む

続きを読む

今やインターネットでヌード画像やセクシャルな行為の動画など、無料でしかもまったくの無修正で閲覧できる時代である。雑誌ですら、さすがにネットほどの無法地帯...

続きを読む

風俗店について取材を続けていると、「手入れ」というものについて知り合いや読者諸氏から質問を受けることがある。「警察がいきなりドカドカやって来て、『動くな...

続きを読む

明治の政治家・松方正義といえば、明治期の歴史に詳しい人か、日本の貨幣制度について知識のある人ならすぐにわかるかもしれない。薩摩藩(現・鹿児島県)の藩士の...

続きを読む

「阿部定事件」といえば、女性による男性局部切断殺人事件としてあまりに有名だ。昭和11年(1936)5月18日の月曜日、東京・荒川区の待合「満佐喜」で、1...

続きを読む

ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner)は、19世紀の作曲家。交響曲や合唱曲など多くの作品で知られており、『弦楽五重...

続きを読む

明治維新の後、新政府は日本を欧米列強と対抗できるよう、さまざまな施策を講じた。それはしばしば庶民の生活にも干渉することが少なくなかったが、そうした変革の...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週