> 

宗像明将の記事一覧

2017年、アイドル・シーンはよく持ったなとすら思う。シンクタンクが発表するようなアイドル・マーケットに関する数字は、おそらくはAKB48を筆頭とする48グループや、乃木坂46や欅坂46の「坂道」による数字で、ライヴ・アイドル・シーンはじりじりとマーケットが縮小していることを感じてきた。この先、小さなパイを何人で奪いあ...


2016年の年末は、アイドルの卒業発表に驚かされることが多かった。 特にlyrical schoolからami、ayaka、meiが卒業するという知らせ...

続きを読む

CDを積ませるのはもう限界だろ。そんなことを、仮面女子の「元気種☆」がオリコン1位を獲得した時点で感じたものだ。リリースは元旦、つまり2015年の冒頭か...

続きを読む

2014年7月8日にBiSが解散してから記憶がない。 ……という状態になれていたら幸せだったのだが、この連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて...

続きを読む

BiSは今、一番苦しい時期かもしれない。 1月22日に上田剛士(AA=)プロデュースによるニュー・シングル「STUPiG」のリリースも決定し、ボンデージ...

続きを読む

2014年がスタートして、早いもので私も1月2日からアイドル現場での活動をスタートしてしまった。今年もアイドルブームの勢いがある程度は持続するのではない...

続きを読む

苛立ちながら、諦めながら、しかしそれなりに楽しんでいた。それがアイドルをめぐる状況についての私の2013年だった。この不定期すぎる連載もグダグダすぎて恐...

続きを読む

今年の4月1日は、ほぼインターネット上にのみ残った文化と言えるエイプリルフールの騒ぎを横目に、Saori@destinyのことを思い出していた。彼女が最...

続きを読む

華々しく送り出されることがこれほどせつなく、残酷であるとは。3月16日、両国国技館で開催されたBiSのワンマンライヴ「WHO KiLLED IDOL?」...

続きを読む

素晴らしい。そう単刀直入な書き出しをしてしまうほど、Negiccoのニュー・シングル「愛のタワー・オブ・ラヴ」は完璧なアイドルポップスだ。いや、「アイド...

続きを読む

2013年2月23日、タワーレコード新宿店でバンドじゃないもん!が「ショコラ・ラブ」を演奏しはじめた瞬間に、最前列にいた私の脳内では大量のドーパミンが虹...

続きを読む

これだけ「甘味」のないアイドルのCDというのも異例だ。そもそもジャケットにいずこねこ本人がいない。この連載も50回近くやってきたが、こうした事例はamU...

続きを読む

エモさははたして飽和しないのだろうか?……そんなことを考えてしまったのは、BiSをめぐってほんの数ヶ月間に様々な事案が発生したせいだ。特に2012年10...

続きを読む

バンドじゃないもん!のライヴを初めて見た2011年5月7日、私は会場の最前列でとにかく焦っていた。対バンであるでんぱ組inc.のヲタの紳士たちが最前列を...

続きを読む

Tomato n' Pineのシングル群はこの連載でも紹介してきたことだし、それらを多く収録したアルバムは紹介する必要もないだろう、いまさら騒ぐのはシン...

続きを読む

まったく予想と油断ができない。KGY40Jr.を見て楽しみながらも、常にそう感じている。千葉県鎌ケ谷市のアイドルであるKGY40Jr.のセカンド・シング...

続きを読む

「トラウマテクノポップ」を標榜するアーバンギャルドが、7月に「アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!!!!!」と題して、旬のアイドル5組と対バンする...

続きを読む

「並べられたトマトが次々にグチャグチャに潰されていくような気持ちになるんです」。そう本誌でのBiSインタビューで私が吐露したことは、いささかの誇張もない...

続きを読む

かつて活動していたヒップホップユニット・MOE-K-MCZの楽曲をカヴァーをするアイドルがデビューする。2011年の秋、そんなニュースが一部のアイヲタの...

続きを読む

これまでメンズサイゾーには2011年の5月、10月に登場してくれたBiS。当初は放送禁止用語を言いまくりで、あまりの方向性の違いにメンバーのりなはむ(ヨ...

続きを読む

私は鎌ケ谷市の歴史を調べた。本当だ。千葉県鎌ケ谷市を活気づけるために結成されたというKGY40Jr.のあまりにも突出した楽曲群とそれをとりまく環境に、何...

続きを読む

新潟のアイドルであるNegiccoのベスト盤『Negicco 2003~2012 -BEST-』は、タイトルの時点で何かがおかしい。そう、足掛け10年に...

続きを読む

「アイドル戦国時代」なんて本物の戦国時代のように1世紀ぐらいやっていればいいのだ。そんな憎まれ口を叩いているうちに2011年も終わろうとしている。 今年...

続きを読む

BiSの全国流通盤としてはセカンド・シングルになる「primal.」の発売前日である2011年12月20日に、リキッドルームでワンマンライヴ「IDOL ...

続きを読む

その夜の阿佐ヶ谷ロフトAはまるでディスコのようだった。ふだんはトークライヴをしているイメージが強いあの空間で、tengal6が「プチャヘンザ!」を歌いだ...

続きを読む

「アイドル戦国時代」というバズワードが流行してから有象無象がアイドル業界に参入してきた......という嘆きはこの連載でさんざん書いてきたが、それでも...

続きを読む

そんな問いを我々に突き付ける異端児・BiSが、12月20日に恵比寿リキッドルームでワンマンライヴ「IDOL is DEAD」を開催する。リキッドルームの...

続きを読む

Tomato n'PineのCDでハズレという作品を手にした経験がないのだが、8月17日に発売されたニュー・シングル「なないろ☆ナミダ」はもはや全トラッ...

続きを読む

多くのアイドルの中でもBiSほどスタンスが賛否を呼んでいるアイドルはいないが、いや、その前にひとつ重大なポイントが見落とされている。松隈ケンタのプロデュ...

続きを読む

tengal6ほど明快にして奇妙なコンセプトのアイドルはそういない。根本的にアイドルなのかという疑問もあるのだが、タワーレコード新宿店の企画「NO MU...

続きを読む

Saori@destinyという存在ほど複雑な遍歴を経て、なおかつ強固な現場を構築しているアイドルを私は他に知らない。2008年頃のヲタ芸が荒れ狂ってい...

続きを読む

肋骨が痛い。その原因は、5月21日のBiSとtengal6のツーマンライヴだ。BiSのユケがフロアにダイヴし、「今飛んでくるアイドルかよ!」と動揺しつつ...

続きを読む

今年のゴールデンウィークは、東日本大震災後のイベントの中止続きの反動のように多くのアイドルのイベントがあり、私もBiSの現場に行っては喉を潰していた。B...

続きを読む

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震以来、毎日起きている間はずっとNHKばかり見ていたので、最初は周囲が「ポポポポーン」ネタを話題にしていても何のこ...

続きを読む

アイドルがヲタに酒を注ぎ、ヲタが「トッコの酒クソうめぇ!」と言いながら飲んだり、酔ったヲタ同士がつかみあいのケンカをはじめたり......。「アイドル戦...

続きを読む

「『アイドル戦国時代』という言葉への抵抗のため、私は政治亡命を希望した。しかし、地下アイドル社会主義は次々と崩壊し、もはや受け入れてくれる国はどこにもな...

続きを読む

2007年の夏、池袋サンシャインシティ噴水広場で行われたPerfumeの「ポリリズム」リリース・イベントでのことだ。あるヲタがあ~ちゃんから爆レスをもら...

続きを読む

「アイドル戦国時代」でマジ萎えた。そんな乱暴な言葉で2010年のアイドル・シーンを総括したくなるほど、今年は「アイドル戦国時代」という言葉が濫用された。...

続きを読む

「Perfumeから離れて2年、どのアイドルにも夢中になれなかったけど、やっと安住の地を見つけたよ」。ぱすぽ☆のインストア・ライヴ後に入った居酒屋で、か...

続きを読む

K-POPとか興味ないんで。そう言い続けてすでに1年半ぐらい経った気がするのだが、告白しよう。嘘でした。あまりにも周囲のPerfumeヲタの仲間たちがK...

続きを読む

大晦日の「第61回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されてみると、アイドル戦国時代枠どころかK-POP枠すら存在しなかった。本連載でも「『アイドル戦国...

続きを読む

CD不況が叫ばれる2010年に、よもやミリオン・ヒットの可能性さえあるシングルに出くわすとは思わなかった。AKB48のメジャーでの18枚目、インディーズ...

続きを読む

10月16日のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」の冒頭で、秋元才加がスキャンダル報道について涙ながらの謝罪をしたのは、まるで学生運動時代の...

続きを読む

アイドルのCDの販売方法には様々なものがあるが、あまりにもヲタに複数枚買いをさせすぎると、「○○商法」などと揶揄されることもある。とはいえ、アイドルとい...

続きを読む

自分と世間との感覚がズレているなぁ、と感じることがある。その端的な例が、前回ご紹介したTomato n'Pineの「キャプテンは君だ!」のチャート情報が...

続きを読む

一気にアイドルっぽくなったなぁ。というのが、Tomato n'Pineが3人編成になった当初に感じていた正直な感想だった。Tomato n'Pine、通...

続きを読む

KARAが8月23日付のオリコン週間シングルランキングで5位を記録した。K-POPシーン、つまり韓国からやってきた彼女たちのデビュー・シングル「ミスター...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週