マリエの「枕営業強要」告白の余波…「てつろうよりゆうたろう」

マリエ、島田紳助からの枕営業強要を告白

 タレントで実業家のマリエがInstagramのライブ配信で語った「枕営業の強要」が波紋を呼んでいる。

 この配信でマリエは、18歳のときに島田紳助氏(すでに芸能界引退)から「枕営業に誘われた」と告白。当時多忙だった彼女は、番組収録の前に同氏に挨拶ができず、それを別日に謝罪することになったが、同氏に指定された場所へ行くと、そこで肉体関係を求められたという。

 これをマリエは拒否。だが、その場所にはお笑い芸人の出川哲朗とやるせなすの姿があり、ふたりは紳助氏に同調したそうだ。

 こうしたマリエの発言がどこまで真に迫っているかは不明だが、あっという間に彼女の衝撃告白はネット上を駆け巡ることに。それに対して出川らは沈黙したままで、このところ好感度が上がりまくっていたことへの反動もあってか、出川に対して厳しい声が続々と上がっている。

 ネットという新世界の影響力拡大によって、「一瞬先は闇」が次々と現実化している昨今の芸能界。今回の出川にも何らかの説明をする必要がありそうだが…。そして、これまでも何かあるたびに話題となってきた芸能界の枕営業の実態はいかに…。

 過去にも数多くの女性タレントが枕営業の誘いについて言及してきたが、そのリアルな詳細はなかなか表に出てこない。たとえ出てきたとしても、いわゆる「忖度」なのか、大手メディアは黙して語らず…といったケースも多い。

 枕営業の強要など、はっきり言ってクソダサい。何者かになったつもりで女性の心と体を蹂躙するなどとんでもない話だ。芸能界に限らず、影響力を持つ人間には自分を律することを忘れないでほしいものだ。

 たとえば、お笑いタレントで占い師としても活躍する「ゆうたろう」は、自らのダンディズムを貫いていた。彼はグラビア界屈指のダイナマイトボディを誇る美女から熱烈な誘いを受けながらも見事に動じなかったのだ。

 2019年3月放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)にて、グラドルの葉月あやから「誘惑ドッキリ」を仕掛けられたゆうたろう。この中で彼は、谷間全開のセクシーな服を着た葉月に「ゆうたろうさんのことが好き」と見つめられ、「1回試してみればいいんじゃない?」と大胆な誘いを受けた。

 しかしゆうたろうは、「(葉月のことは)好きだが、僕には僕の都合もある。線を持つことが大事」と美女の誘いを断固拒否。葉月に対して「ごめんな、古臭くて」と言い捨て、その場を去ったのだった。

 昭和の大スター・石原裕次郎に憧れて「ゆうたろう」として活動する彼だが、その男気はまさに誰もが慕う「ボス」といった感じだ。「てつろう」にも「ゆうたろう」ほどの男気があれば、マリエも少しは救われたのかもしれないが…。

▼枕営業に関する女性タレントたちの声▼

 14日深夜に放送されたラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、毎年恒例の「アイドル妄想総選挙」の結果が発表された。筧美和子(24)と小嶋陽菜(30)の熾烈なトップ争いが繰り広げられたが、それを差し置いてなぜかタレントの手島優(35)の注目度が急上昇する事態が起きている。

 結婚を発表したグラビアアイドルの森下悠里(32)が、過去に枕営業を持ちかけられたことを明かした。  森下は6日深夜放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況報告~』(テレビ東京系)に出演。ゲストのぶっちゃけトークで人気の番組で、司会の河本準一(42)に「ここだけの話ある?」と振られ、「グラビア界で枕営業の話って昔からあると思うんですけど、12年間(グラビアを)やっていて私が思うのは、確かに一部ではいまだに(枕営業が)あるなっていう…」と話し始めた。

 元SKE48でグラビアアイドルの佐藤聖羅(24)が、芸能界のウラ側についてぶっちゃけた。  佐藤は21日に配信されたネットバラエティ『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)に出演。りゅうちぇる(21)がMCを務めるこの番組は、彼と同世代のタレントがさまざまなテーマで討論を行うというもの。開始当初はりゅうちぇるがカラダを張ったロケに挑むことが多かったが、今春からトーク主体になっている。

 21日深夜放送の『聞いてた話と違います!』(フジテレビ系)に出演した若手アイドルたちが注目を集めている。  世の中に存在する甘い話やオイシイ話を信じ、いざやってみたら「話が全然違う!」と怒りすら覚えた経験がある人々をスタジオに招いた同番組。これに呼ばれた現役アイドルたちが、衝撃的な業界のウラ側を赤裸々に明かした。

 モデルでタレントの中村アン(27)が、5日放送のバラエティ番組『旅ずきんちゃん』(TBS系)の中で“枕営業”の誘いを受けたエピソードを明かした。  この日、中村は同番組の人気企画「酒飲み歩きの旅」に、お笑い芸人の友近(41)と近藤春菜(32)と共に参加。さまざまな飲み屋が数多く並ぶ東京・西荻窪へ行き、酒を傾けながらトークを展開した。

 グラビアアイドル・杉原杏璃(33)が、業界の「枕営業」の実態を語ったとして話題になっている。  生々しいグラドルの姿を描いた官能小説を6月に出版した杉原は「日刊ゲンダイ」のインタビューに登場。同紙が枕営業について聞くと、杉原は「話は聞いたことがある」としつつ「それで“上”に行った人は聞いたことがない。もし、上がったとしても短いんだろうなと思います」と返答した。

 29日に放送された『ビバ!!竜兵会システム ぜ~んぶ忘れてイイ宴』(日本テレビ系)。ダチョウ倶楽部・上島竜兵を中心に結成された飲み仲間「竜兵会」のメンバーである土田晃之、有吉弘行、劇団ひとりに加え、AKB48の指原莉乃らが出演した。番組では、森下悠里(28)、橋本マナミ(29)、矢吹春奈(29)、杉原杏璃(31)、小林恵美(30)らのアラサーグラドルたちが登場。彼女たちは、夜な夜な六本木などでディープな芸能界の噂話を語り合うリアルな女子会をやっていることから、グラビア女子会「GJK」と名乗っているという。

 不思議系タレントでパフォーマンスアイドルとして活動する野中ひゆ(年齢不詳)が、3日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した。普段は大阪を中心にしているという野中は、リアルなケガを特殊メイクで再現し、ステージ上でパフォーマンスするという、“ケガドル”というタイプのアイドル。まだ世間での認知度は低い地下アイドルだ。

 4日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)で、グラビアアイドルの伊藤れいこ(24)が、「枕営業しているアイドルなんていっぱいいる」と発言し、注目を集めている。  伊藤といえば、昨年『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコントに出演した際、「誰だ。この可愛い子は?」と話題になったグラドル。昨年放送されていた滋養強壮ドリンク剤『へパリーゼ』のテレビCMでは歌声も披露している。そんな彼女が、「ブログを業界人だけに向けたアピールの場として活用している事を反省」するという内容で『有吉反省会』に出演し、冒頭の発言をした。

men's Pick Up

ニュース関連トピック