【女と男の隔たり】セックスコラム:恋人がいる寂しさ#5「満たされない夜」

性愛探求コラムニスト隔たり連載「恋人がいる寂しさ#5」

隔たり…メンズサイゾー読者投稿コーナー「エロ体験談」の人気投稿者。出会い系サイトやマッチングアプリを利用した本気の恋愛体験を通して、男と女の性と愛について深くえぐりながら自らも傷ついていく姿をさらけ出す。現在、メンズサイゾーにセックスコラムを寄稿中。「隔たり」というペンネームは敬愛するMr.Childrenのナンバーより。

 

「恋人がいる寂しさ#1#2#3#4

 

 いいよ、という言葉を合図に、浴室の扉を開ける。中に入ると、視線がすぐにうなじを捉えた。詩織は湯船つかないようにと、髪の毛をアップにしていた。

 細く伸びた首筋を眺めながら、お風呂用の小さな椅子に座る。横顔を眺めると、詩織が恥ずかしそうにこちらを振り向いた。

 

「なに~?」

「いや、裸だなあ、と思って」

「恥ずかしい」

 

 詩織は腕を前で組み、胸を隠していた。湯船の中は泡でいっぱいで、水の中にある下半身は見えない。

 

「俺も恥ずかしい」

 

 詩織の言い方を真似して、僕は腕で胸を隠した。

 

「真似しないでよ」

「真似じゃないよ」

「いやだって胸隠してるじゃん」

「恥ずかしいもん」

「そうなの? 普通、隠すのは下じゃないの?」

「下はもう、詩織に見られてるから」

 

 確かに、と詩織が笑う。僕は早く一緒に湯船に浸かりたいと、シャワーで汗を流した。

 

 シャワーを止め、ボディソープを手に取る。こすってしっかりと泡立たせて、モノを丁寧に洗っていく。セックスはできないと諦めていたが、たくさんしゃぶってもらえるかもしれない、という希望が、まだあった。

 洗っていると、モノは徐々に大きくなった。そういえば、詩織は今まで洗われていないモノをしゃぶってくれていたと気付き、申し訳ないという気持ちが胸に広がっていく。

 股間についた泡を全て洗い流し、シャワーを止める。

 

「じゃあ、入るね」

 

 右足を入れると、湯船の中から泡とお湯があふれ出した。大量のお湯が床に落ち、鈍い音を響かせる。僕は片足を入れたまま、お湯があふれ切るのを待った。ふと詩織を見ると、彼女の視線は僕の下半身に向いていた。

 僕はとっさに股間を隠す。はっとした詩織は、恥ずかしそうな笑顔で僕を見上げた。

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック