大人のおもちゃセールス風俗嬢を直撃/特技はもちろん究極接客:枕営業(笑)

フーゾクには女の子の数だけNo.1がある。そんな女のコたちの、普段は見れない素顔やモチベーションを探る《フーゾクNo.1ガール》

マジメで濃厚なお色気新人セールスレディNo.1インタビュー/前編

【女のコ】
名前:川島あやか/23歳
サイズ:T150/B84 (F) ・W59・H85(cm)
店キャリア:1ヶ月
風俗キャリア:1ヶ月
得意技:枕営業(笑)
他:パイパン

【店】
五反田デリヘル『Otocha~大人のおもちゃセールスレディ~』
TEL:03-6421-7201
営業時間:11時~ラスト
システム:60分1万6000円~
URL:http://otocha.tokyo/

大人のおもちゃセールス風俗嬢を直撃/特技はもちろん究極接客:枕営業(笑)の画像1

風俗経験1ヶ月で開眼したオトコの攻め方

 インタビューに使わせていただいたのは、出勤して来た女性たちの待機室。少し変わっていて、学校の教室のように机と椅子が並べられ、商品のオナホールなどがキレイに展示されている。そこで待っていたのは、スーツ姿の小柄な美女だった。

川島:川島あやかと申します。本日はよろしくお願いいたします。

――あ、初めまして、松本と申します。こちらこそよろしくお願いいたします…(汗)。

 ニッコリと微笑みながら社員証を提示、丁寧にお辞儀をする美女に、大企業に商談しに来たような気分にさせられてしまう…。

――こちららのお店に入ってどれくらいですか?

川島:まだ1ヶ月ちょっとです。

――新人さんなんですね。他でも何かやられてたんですか?

川島:風俗はここが初めてです。風俗に興味があって、友人に相談しながら求人サイトを見ていたら、「ここどう?」って言われて。スーツ着用ってちょっとイメージ違うし、まして、大人のおもちゃを扱うなんてすごく興味が湧いたんで次の日に面接に来ました(笑)。

――1ヶ月か…得意技とか好きなプレイってできました?

川島:私はどちらかと言うと自分の必殺技とかいうよりも、相手が好むスタイルに持っていけたらなっていう精神が強いので。でも、Sな時もありますしMな時もあります。フェラも好きですけど、お客様があまり得意じゃない場合もあるので、ゴリ押しするよりは相手の好みを探しながら好みを見つけていくのが得意かなって思います。

――好きなプレイは?

川島:好きなプレイですか…。最近ちょっと興味が湧いて好ましいのが、自分が優位に立ってお客様の気持ちいいところを探して、ちょっとアエギ声を漏らすくらいの攻め?(笑)。

――ちょっとSっぽいプレイ…。

川島:そう、Mで対応させてもらってるお客さんもいらっしゃるんですけど、自分的にはその道も開いていけたらなと(笑)。楽しんでます。

――ブタの鳴き声みたいなアエギ声が聞きたいとか(笑)。

川島:(笑)初対面だと悶える姿とか恥ずかしいですよね。でも、フイに漏れちゃったら…。男性がアエギ声漏らすって、すごくいやらしくないですか(笑)。

――えっ、風俗始めて1ヶ月でそんな風に考えられるんですね。

川島:ウフフ。私、身体が小さいし、見た目でもよくMだと思われるんですよ。でも、ウチは女性が攻めるパターンが取りやすいじゃないですか。だからお客様を攻めるときも、反撃するように舐めたり(笑)。相性合わないお客さんもいらっしゃるので、出せる時だけでもそんな新たな自分を出してみようかと。

――新たな自分ていうのは、攻めたり焦らしたりっていうことなんですか?

川島:はい。今までのプライベートは、ノーマルかSっ気がちょっとあるぐらいかなって思ってたんですけど、なかなかSっ気を出せる場面とか相手と出会うことがなくて…。

 なのでこのお店は、そういう女性の性格を求めてくれるお客様もいますし、自分が思う存分感じられる場所かなって。お客様も男だからってカッコつけてないで、素の自分を開拓するのが楽しいんじゃないかなって思います(笑)。

大人のおもちゃセールス風俗嬢を直撃/特技はもちろん究極接客:枕営業(笑)の画像2

大人のおもちゃを使って10倍気持ち良く

――なんか面白そうなお店ですけど、そもそもどうやって遊ぶお店なんですか?

川島:それじゃあひととおり説明させていただいてもよろしいですか(笑)。

(そう言って嬉しそうな笑みを浮かべると、アタッシュケースがズラッと並んだ棚からひとつを取り出し、テーブルに広げる川島さん)

――これって川島さん専用のアタッシュなんですか?

川島:はいそうです、私のアタッシュケースです。じゃあ、軽く順を追って説明させていただきますね。お部屋に着きましたら、最初は商談から始まります。

 

「松本様、本日はありがとうございます。松本様のために商材を選んでお持ちしました」

(アタッシュケースを開くと、中には様々なオナホが入っている)

大人のおもちゃセールス風俗嬢を直撃/特技はもちろん究極接客:枕営業(笑)の画像3

――これはTENGA…。いわゆる、オナホールですよね。これはなんですか?

川島:『ピサロ』っていうんですけど、ここが舌でペロペロペロって舐められてる感じに動くんですよ。ローション垂らすと本物っぽい舌の感じが味わえたりします。『iroha』はTENGAさんが出してる商品なんですけど、完全防水のローターなんです。サンプルがあるんですけど…。 

(そう言ってサンプルのスイッチを押してくれる)

――あれ、結構強いんだね。

川島:完全防水なんで、お風呂とかでも使えるおもちゃです。(別のを出して)これはオナホなんですけど、表面はイボイボなんですけど、裏側はヒダヒダなんですよ。

――貫通型で裏返せるんだね。

川島:そうなんですよ。だから両面とも、自分の手の圧力を加減して変幻自在に遊べるんです。アダルトショップでもあまり見ないんで、ちょっとレアなオナホですね。あと『プッチ』とかだと可愛いんですよ。これ『キャンディ』っていうんですよ。

――グミの袋みたいだね。

川島:そ、可愛いんですけど中が四角錐が並んでるデザインで高刺激の…。

――え、これもオナホなの!?

川島:そうなんですよ! 非貫通式でローション使わないでお水で使えるんです。

 

(筆者にどんどんオナホの枕営業をしてくる川島さん。あせる筆者…)

中略

 

川島:…こういう商品に興味を持っていただいて、まぁ「川島が頼むなら」とか言って買ってくれたりすると、「じゃあ、一緒に使ってみましょうか」ってなるわけです(笑)。でも、買わなかったお客様にも、弊社はサンプルをご用意してまして…。

――「弊社」(笑)。

川島:言葉遣いには気をつけております(笑)。こちら、「TENGAポケット」ってご存知ですか? ご購入なさらなかったお客様には「こちら使ってみましょうか」みたいな感じで好きなものを選んでいただいて…。

 という感じで、オナホの商談を終えて、それからドリンクの商談に入るんです。

――ど、ドリンク⁉︎

川島:はい(笑)、これもサンプルなんですけど、ゼリー状の精力ドリンクなんです。こっちは「ウ●ンの力」と「レッ●ブル」を足したような味わいのフルーツフレーバーのジュースです。でも、皆さんだいたいゼリーを選ばれますね。ギュッと詰まってるんで。

 これは「野生派」って謳ってて、動物由来の成分でできてるんです。味わいがちょっとスパイシーで。こっちは普通のフルーツフレーバー。この3つから選んでいただいて、「じゃ、野生派で」って言われたら、「失礼します」って私が口移しで飲まさせて頂きます。

――口移し!?

川島:はい、何食わぬ顔で自分が口に入れて、口移しで飲ませながら身体さわって、「あら、もう効いてきましたね」なんて(笑)。

――シャワー入る前ですよね(笑)。

川島:入る前です。お洋服の上から「乳首は感じるのかな~」とか、「下、もう効いてきましたね」って。「そうだね」なんて恥ずかしがる人もいたりでキスなんかして(笑)。

 私の場合はその後スムーズに進むように前もってお風呂溜めときます。お湯が丁度貯まる頃、「シャワー行きます?」なんて脱がしあったりしてお風呂って感じです。

――そのあとはベッドに入って…。

川島:そうなんですけど、女の子にもよりますけど、弊社はランジェリーを用意してまして、お風呂上がりに時間の余裕がある場合はランジェリー着て出てきます。人によってはコスプレだったり、ガーターだったり。お姉様方はセクシーなランジェリー着る方が多いですね。

 で、ベッドに入ってからもスムーズにおもちゃを使えるように、蓋を開けてローションを垂らした状態にして、お客様が攻めるのが好きだったら(私を)味わってもらって(笑)。受け身だったら私が全身舐めてあげたり…。

 元気な人はお風呂入る前に手でイッちゃう人もいますよ。一緒にお風呂入って、おもちゃ使う前にノーマル(手コキ)でイって、2回目でおもちゃ使ったりもします(笑)。

 この他にも弊社いろんなものを取り扱ってまして…。

 

(その後、今度はローション風呂の入浴剤などの枕営業をされる汗)

中略(笑)

 

川島:せっかく「オトチャ」をご利用するのであれば、ローション風呂はめちゃオススメです。もう、お風呂がローションなんですよ! すっごいヌルヌルなんです。 

 それに、ローション風呂を頼むと、弊社は水着かパンストが選べるんですね。だから、水着や黒パンストで一緒にお風呂入ったり…いつもと違った雰囲気でね。その後、ベッドでおもちゃ使ってプレイしていただいて(笑)。

 そして弊社は、お客様に対する気遣いを重視してまして、お客様にはバスタオルタオルを2枚とも使っていただくようにしてます。普通は男女で一枚づつ使うじゃないですか。でも弊社は、最初のシャワーで大きなタオルで全部拭いてさしあげて、女の子はちっちゃいので済ませて。後のお風呂の時もお客様には新しいバスタオルで気持ちよく。

 その後も、お風呂出たらすぐにうがいできるよう、うがい薬セッティングしておくとか、当たり前ですがスムーズにできるように色々心がけてます。

大人のおもちゃセールス風俗嬢を直撃/特技はもちろん究極接客:枕営業(笑)の画像4

究極の接客テクニックを求め風俗に

――ほー、気遣いは大事ですよね。川島さんの場合は、フィニッシュはナニでイかれる方が多いですか?

川島:ワタシは~、おもちゃを買っていただいたらやっぱおもちゃで出す方が多いですね。でも、逆におもちゃ慣れしてない人はやっぱ私を求めてきてくれますので、騎乗位素股とかでイク人は多いですね。うまいって言われたりします(笑)。

――素股に限らず、フェラとかの技術はどうやって習得したんですか?

川島:私は性的な経験が早かったので、初体験も…。

――いくつの時なんですか?

川島:中学2年生には終えていて、何事も自分で勉強や吸収したいタイプなので。エッチな動画も小さい頃から好きでしたし(笑)、彼が好むような舐め方だったりを考えて…。そこからです。

――言われて学ぶこともあったでしょうけれど、自分でこうしたら気持ちいいんじゃないかなとか?

川島:そう。歯を当てないのは当たり前ですけど、フェラもオチ●チ●の曲がり具合によって全然違いますし。「こんな遅くていいの?」ってぐらいゆっくりが好きな方がいれば、「もっと早く動いて」って人もいる。「強く吸って深くまで」という人もいれば、「亀頭のあたりだけ」って人もいますので。

 やっぱり初対面なので、人もそうですけど、「このおチ●チ●はどこが敏感なのかな」とか。擦りすぎて赤くなって痛くなっちゃう方もいますので、手探りで好みを知ろう必死ですね、エヘヘへ(笑)。

――研究熱心なんですね。川島さんはどんなお客さんが多いんですか?

川島:けっこう幅広くて、若い人だと20代前半から50歳ぐらいまでですけど、30、40代の方が中心ですね。

――タイプとしてはSの方とMの方だと?

川島:ん~、Sの方は印象が強いので記憶に残りますけど、でもやっぱり受身だったりの方が多いですね。

――お客さんの方から攻めたりもできるんですか?

川島:もちろんあります。でも、正直あまりSなお客様だと身が持たないところもあるんです。それに、M側の気持ちがわかるからこそ、「こうしてみたらどんな反応するのかな」とかね(笑)。

 今日もお客様のオチ●チ●をしごいてたら、「そのイタズラな笑み、まるで小悪魔だよね」って言わ れちゃいました(笑)。手を動かすだけですごい反応してくれるので、その素の表情と素のリアクションが一番嬉しいですね。 

――今おいくつでしたっけ。

川島:23歳です。 

――23歳で1ヶ月でそこまでなるのか、スゴイな(笑)。以前の職業は?

川島:レストランのウェイター、ウェイトレス? してました。 

――なんで今この時期に風俗に?

川島:そうですよね。兼業という方法もあったんでしょうけど、新しいことにチャレンジするってことで、中途半端な始め方はしたくなかったので。まず自分が(テクニックを)習得するまではガッツリ出勤しようと。

 それに、このご時世なんで、1日に多くのお客様とは会えないんですよ。でも、1人1人を一生懸命お相手させてもらうことで、学ぶことも多くなる。なので、なるべくたくさん出勤しようと思って。

――風俗の世界に飛び込もう込もうと思った時、ハードルの高さは感じませんでしたか?

川島:実は全然感じなかったんです(笑)。私、接客が好きで、サービス業は飲食も含めいろいろやったんです。何より人に求められることってすごく幸せなことじゃないですか。それは小さい頃からずっと思ってることで、それを接客業の中で極めたらここにたどり着いたというか…。

――究極の接客業ですよね。

川島:例えば、キャバクラのお姉さん方みたいに、ひとりで複数の人を相手に接客するのはスゴイと思うんですよ。でも、昔、1回体入行ったことあるんですけど、私はその雰囲気に耐えられなかったんです。

 1対1でお話しできてふたりの空間を誰にも邪魔されない状態でお客様の求めることを提供できたらなーっていうほうが強くて。だから今風俗で働いてみても、ただただ楽しいです(笑)。

 

◇◇◇◇◇

 非常に丁寧な言葉遣いと気遣いの中に、商品アピールも忘れない。それでいて押し売りすることなく、あくまでも客優先の接客は一般企業でも見習うべきところだ(笑)。

 顔出しNGがもったいないほどの美女で、「芸能人でいうと、柏木由紀に似てるって言われたことあります。あ、自称じゃないですよ、お客さんに言われたんです!」と慌てるところもかわいい。

 そんな川島さんが思う、風俗で働くやりがいや、もっと風俗を楽しむ方法とは? 後編に続く。

〈文・撮影=松本雷太Twitter@raitama36

men's Pick Up

風俗関連トピック