【女と男の隔たり】元カレが忘れられない女:後編

 メンズサイゾーの【エロ体験談】で、前人未到の賞金レース6連覇を達成した常連投稿者・隔たり。投稿すれば賞金ゲットというほどの人気を誇った彼のことは、エロ体験談愛読者の皆さんであればよく覚えていることだろう。

 今連載では、そんな隔たりが「エロ」と「セックス」について考える。痴的好奇心旺盛なエロ体験談王者は、何を語るのか――。

 

【女と男の隔たり】元カレが忘れられない女:後編の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

この光景をいつまでも覚えていたい


『元カレが忘れられない女:前編』


 ラブホテルの延長をしたのは、人生で初めてだった。初めての出来事を体験した時は、その内容がどうあれ、自分が少し成長したように感じる。自分の成長を実感できるのは気分が良い。

 そんな僕の気持ちとは対照的に、マリは不安そうな顔でこちらを見つめていた。先ほどセックスを了承してくれたはずなのに、もう心が変わってしまったのだろうかと不安になる。


「延長のお金、大丈夫?」


 なんだお金の心配だったのか、とホッと胸をなでおろす。高級そうなバックを持っていても、1000円程度の延長料金を心配してくれるのだなとぼんやり思う。


「全然大丈夫だよ、気にしないで」


 しかし、仮に大丈夫じゃないと僕が言ったら、マリは延長料金を払うつもりだったのだろうか。「大丈夫」という言葉は難しい。大丈夫と聞かれて、素直に「大丈夫じゃない」と答えられる人はどれくらいいるのだろう。「大丈夫?」と聞く側は、相手が「大丈夫だよ」と返してくれるのを前提に聞いているような気がしてしまう。


「大丈夫ならよかった」


 マリがベッドに腰掛けたので、僕はその横に座った。横から見ると、胸の膨らみがよりくっきりと分かる。ニット越しの胸ってなんでこんなにエロいのだろうか。触りたい衝動が簡単に身体中に広がっていく。

 さっきは無言で触ろうとして手を弾かれたが、今はもうセックスの了承が取れている。なので無言でも触っていいのかもしれないけど、マリの気持ちを確かめるために念を押して聞いてみる。


「今度は触っていい?」

「…」


 マリは何も言わなかったが、ほんの少しだけ軽く頷いた。それを肯定の合図と捉え、僕は綺麗な曲線を描いた胸に手を重ねる。


「あっ…」


 胸に触れた瞬間、マリは少し体を縮こませた。まだ服の上から軽く触れただけだ。もしかしたら、感じやすいのかもしれない。


「マリ、顔上げて」


 そう言ってマリの顔を上げさせ、僕はキスをした。もう涙のしょっぱい味はしない。マリの涙は完全に乾ききっていた。

 舌を口の中へと差し込むと、マリはすぐに激しく舌を絡ませ、僕の口の中を円を描くように犯してきた。そして僕の舌をフェラするようにしゃぶり始める。

 さっきとは全く違うキスだ。興奮が高まってくる。女性の方から求めてくるキスはたまらなくエロい。

 僕は興奮を抑えきれずに、胸を揉んだまま、マリをベッドに押し倒した。そして激しくキスを交わしながら、大きな動きで胸を揉んだ。マリも僕の首の後ろに手を回し「はぁはぁ」と言いながら舌を動かしている。互いに体をくねらせ、呼吸が激しくなる。もう止められそうにない。

 僕はマリのニットをまくった。ブラ越しの胸があらわになる。上にまくられたニット、下にブラに挟まれた胸はなぜかものすごくエロい。ブラを少し下にずらすと、茶色くて丸い可愛らしい乳首があらわになった。それを人差し指で弾きながら、舌をより激しく絡ませていく。


「あっん…」


 吐息を漏らしたマリは顔を下に動かそうとしたが、僕は逃さまいとキスをした。胸を揉んだり乳首を触ったりすると、マリの呼吸音があからさまにいやらしくなった。しかし僕はそれを塞ぐようにキスをする。なぜだか、マリとキスをしたいという欲望が止まらなかった。

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック