水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】

昨年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第57弾・茨城編】

水戸のコスプレソープへ!

 さぁ、開放感あふれる季節になりました。そろそろ、思いっきり遊びにいきたい時期ですね。フーゾクで楽しい思いをするのにピッタリの季節です。今回は、茨城水戸のソープの魅力をご紹介します。

 

水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像1
水戸駅

 

 午前11時前に水戸駅に到着。予約済みの『水戸第一ホテル』に荷物を預け、取材を開始する。駅前大通り沿いの『黄門そば』で名物のけんちんそばを食べ、水戸芸術館のくねくねした銀色タワーを見物し、弘道館と水戸城跡を回り、駅前の『てんまさ』で名物の納豆ねばり丼を食べる。

 

水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像2
『黄門そば』けんちんそば
水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像3
水戸芸術館
水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像4
弘道館
水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像5
『てんまさ』納豆ねばり丼

 

 何と言ったらいいのか、街中にすごく緩やかな空気が流れており、のどかな事この上ない。そばも丼もクセのない素朴な味で、身体の毒が抜けるようだ。北関東独特のゆったり感を感じながら、駅前まで戻り、徒歩で風俗店の集まる天王町へと向かった。

 

水戸のコスプレソープでメイド娘のご奉仕にメロメロ【俺のフーゾク放浪記・茨城編】の画像6
風俗街

men's Pick Up

風俗関連トピック