天木じゅんインタビュー! 親近感と二次元ボディが交錯する瞬間…演技派グラドルのVRグラビア=最高最強

天木じゅんインタビュー! 親近感と二次元ボディが交錯する瞬間…演技派グラドルのVRグラビア=最高最強の画像1
天木じゅんちゃん!

 

 身長149センチのミニマムボディに95センチのIカップ爆乳という現実離れしたスタイルで「奇跡の二次元ボディ」と称される天木じゅんちゃん。グラビアで多くの男性ファンを魅了しながら、女優としてもメキメキと実力を上昇させ、将来を期待されている存在だ。

 実際に「奇跡の二次元ボディ」を目の当りにしたらどれほどスゴイのか? ファンなら誰しも妄想したことのあるシチュエーションを実現してくれるのがVRグラビア。豊富なVRグラビア作品をそろえる話題の動画配信サービス『PICMO VR(ピクモ・ブイアール)』では、見放題で配信されている『天木じゅんの体温を感じるくらい親密な放課後、そういう世界。』の人気が急上昇中だ。

 しかも、同作では「ロリ巨乳」で知られてきた彼女が「年下を誘惑するイケナイ先生」になり切って新たな魅力を炸裂させているというのだからたまらない。そこで、今回は天木じゅんちゃんを直撃し、新たな魅力を開花させた彼女の素顔に迫ってみた。

 

天木じゅんインタビュー! 親近感と二次元ボディが交錯する瞬間…演技派グラドルのVRグラビア=最高最強の画像2

 

――天木さんは通常のDVD作品もたくさんリリースされていますが、それと比べてVR作品はどのような違いがあるのでしょうか?

天木じゅん(以下、天木):VRの場合は、作品を観ている人の部屋に私が存在しているかのような見え方をするのが面白いなと思いますね。香りがしてきそうなくらいにリアリティがあって。手を伸ばしたら本当に触れそうなくらいの距離感で。

――「見せ方」も大きく違うんでしょうか?

天木:そうですね。通常のDVDとはジャンルが似ているようで見せ方がまったく違うんです。DVDだと最初から最後までセリフも行動も細かく決まっていることが多いんですけど、VRだとほとんどアドリブでやっていくんです。用意スタートからカットまで15分くらい、ずっとカメラを回しっぱなしで。台本を頭に入れるというよりは、要所要所でこれをするというのだけ決めておいてあとは自由にやっています。

――個人的な意見なのですが、以前から天木さんはイメージ作品でのお芝居がダントツで上手いと思っていました。その演技力がアドリブでも生かされているのかも。

天木:えーそんな! 嬉しいです! こんな褒められることないですよ! 照れちゃうなー、そんなに褒めてもらっても、おっぱいしか出せないですけど(笑)。

――いや、おっぱい出しちゃダメですよ!(笑)

天木:でも、実はVR作品の場合はお芝居をしているという感覚というより、自然体でやっているんです。世界観に入り込むのは得意なので、もし自分が〇〇だったら…と想像してやっているので、VR作品の中の私は素の私と近いと思ってもらっていいと思います。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 所沢ショーイチ
  2. ドスケベ女の性事情
  3. トコショー
  4. 4コマグラビア
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. 風俗体験談
  8. ヘンリー塚本
  9. 世界一周エロ旅
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事

インタビュー関連トピック