佐山彩香、グラビア引退写真集で有終のラストヌード! 元祖「日本一かわいい女子高生」が大人のオンナに

 グラビア卒業を発表しているグラビアアイドルで女優の佐山彩香(26)が、今月22日にラスト写真集『bless you』(双葉社)、同25日にラストDVD『佐山彩香 ラストグラビア』(エアーコントロール)とラスト作品を相次いでリリースする。2009年に元祖「日本一かわいい女子高生」としてデビューした彼女の有終のラストランにファンが大注目している。

 佐山は中学3年生の時にスカウトされたことをきっかけに芸能界入りし、グラビアデビュー後は元祖「日本一かわいい女子高生」として話題に。長らく端正なルックスと均整のとれたメリハリボディでファンを魅了してきたが、昨年のデビュー10周年を区切りにグラビア引退を決意した。

 ファンにとって永久保存版になるラスト写真集『bless you』は、表紙の帯に「有終を飾るラストヌード」の文字。表紙カットは、生まれたままの姿で無邪気な笑顔を見せている大胆ショットとなっており、グラビア引退作にふさわしい過激なカットが収録されているのではないかと話題を呼んでいる。

 佐山といえば、昨年11月に「週刊プレイボーイ」(集英社)誌上で過去の「フルヌード撮影」について告白したことが大きな話題に。体調不良で一時休養していた20歳のころ、ある週刊誌からデビュー前に撮影した男性とのツーショット写真を掲載すると連絡があり、それを差し止めるために事務所側が編集部と協議した結果、その週刊誌にヌード写真を掲載する形に落ち着いたのだという。

 だが、佐山は相手の男性とグループで1回だけ遊んだ記憶しかなく、やましいことはないのでツーショット写真を掲載されても構わないと主張。当然ヌードも拒否したかったが、当時のマネジャーから「決まっている仕事があるから周りに迷惑を掛けられない」と説得され、泣く泣く撮影に応じたという。しかし、結局掲載されたのはバックショットのみとなり、この時はフルヌードは回避された。

 かなりの爆弾発言で「これをきっかけに仕事への向き合い方が変わった」という佐山。それから数年の歳月を経て、今回はグラビア活動を支えてくれたファンへの感謝を込めた有終の大胆露出となる。佐山自身も「10年間のすべてを込めて」と意気込んでおり、本人にとってもファンにとっても宝物のような作品になりそうだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック