東京中野のメイドヘルスで色白娘の密着愛撫に大興奮【俺のフーゾク放浪記・東京編】

今年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第29弾・東京編】

中野のメイドヘルスへ!


 もうすぐ今年も終わりですね。一年を振り返りながらフーゾクで癒されましょう。今回は、東京中野のメイドヘルスの魅力をご紹介します。

 朝8時過ぎ、列車に乗り中野駅へ。駅北口を出て、サンロード商店街や中野ブロードウェイ、中野サンプラザといった名所を見て回る。中野の商店街は早朝から賑やかで、通りの幅も広すぎず狭すぎず、ヒューマンサイズで丁度いい。ブロードウェイは閉店しているテナントもあるようだが、街はまだまだ下町の雰囲気が溢れている。

 

サンロード商店街
中野サンプラザ

 

 キャバクラやスナックの看板、オープン前のパチンコ屋に並ぶ人々、どこかホッとする人間味が街中に漂っている。街の様子を一通りチェックしてから、北口前の立ち食いそば屋『かさい』でかき揚げそば(390円)を頂く。あっさりしていてウマイ。店はめっちゃ繁盛している。朝から立ち食い客でいっぱいなのだ。軽くお腹を満たしてから、いよいよフーゾクすべく、街の中へと入って行く。

 

歓楽街
『かさい』かき揚げそば

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 唯井まひろ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 所沢ショーイチ
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事