【ネットナンパ】「い、いまチンチンが当たってるところ、すごく気持ちいいです」女性読者と自宅で濃厚セックス!

Illustrate by ながおか


 4月中旬、ある女性読者からLINE経由で連絡が来た。

———————–
こんにちは ショーイチさん
お久しぶりですっ
恥ずかしくてなかなかLINEできなかった(汗)

コラム読んだよ~

いいなぁ…
ショーイチさんのセフレが羨ましいって思った
特に今回のN子さん…
ショーイチさんの自宅にお泊りなんて羨ましすぎるぅ
しかも痩せ巨乳

あ、私
ないものねだりだね(^_^;)

私もまた愛してもらいたいな
また会いに行ける時ないかなぁ
ショーイチさん、連休はセフレの方とデートの予定あるのかな?
———————–


 送り主は、近畿地方在住の人妻T子ちゃん。

 3月に筆者と会うためだけに上京し、ふたりで蕩けるような濃厚なセックスを楽しんだ。


その模様は↓↓↓

 出会える系サイトで遊び、風俗でヌキ、セフレとセックスし、キンタマが休まる暇もないくらい毎日のように射精している筆者。その合間に仕方なく仕事しているカタチだが、なんとか借金することもなく毎日過ごせている。


 その後も不定期ながらLINEで近況報告などはしていた。

 メッセージに書かれているコラムというのは、同じく女性読者のN子ちゃんの話だった。


N子ちゃんとの話は↓↓↓

 

 頑なにガラケーを使い続けていた筆者だが、ついにスマホデビューすることになった。長年愛用していたガラケーは、過去に3回ほどバッテリー交換するなど延命処置しながら使っていた。だが、ついにバッテリーが寿命を迎え、フル充電しても数時間しか持たなくなってしまった。純正のバッテリーが入手できなくなったこともあり、泣く泣く機種変更したのである。

 

 N子ちゃんが筆者の自宅にお泊りした話を読み、T子ちゃんは辛抱できなくなったのだ。

 N子ちゃんは独身なので、お泊りデートになんの支障もなかった。

 しかし、T子ちゃんは子持ちの主婦で、そう簡単にお泊りというわけにはいかない。

 それでも、筆者の自宅でのセックスに憧れを抱いたのだろう。

 さっそく返信することにした。

men's Pick Up