メンズサイゾー >  風俗 >  ヘルス >  俺のフーゾク放浪記・京都編

祇園のイメージヘルスで京美人と巫女プレイ【俺のフーゾク放浪記・京都編】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

今年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第4弾・京都編】

 いやぁ、アツいですね。ということで、みなさま、フーゾクで遊びましょう。今回は京都の大人気イメージヘルスへ行って参りました。

 

京の都へ

 

 10時15分、京都駅に到着。ホームを出て、西条口のコインロッカーに荷物を入れてから、まずは観光へ。徒歩で東寺へと進む。途中、ストリップ劇場『DX東寺』をチェックすると、開場前から行列ができている。熱心なファンがいるのだ。

 

ストリップ劇場『DX東寺』

 

 感心しながら東寺へと進み、五重塔を撮影してから、金堂で薬師如来、講堂で大日如来、帝釈天、不動明王などの立体曼荼羅を見学する。薬師如来様や大日如来様と静かに向き合うと、心が洗われ、魂が清められるようだ。長い間、人々が神様と拝み崇めた仏像には、大衆の信心がこもっており、その念がひしひしと伝わってくる。特に大日如来は素晴らしく、その華麗さ、優美さは圧巻の一言だ。神々の化身の数々に息を飲みながら、日本庭園を散策する。

 

東寺の五重塔

 

 東寺観光の後、京都駅から地下鉄と阪急列車で河原町へ。予約済みの祇園のカプセルホテル『ルーマプラザ』に荷物を預けて、すぐに取材に繰り出し、祇園と河原町、木屋町の風俗街を散策する。京都は相変わらず外国人観光客がいっぱいで、欧米からアジアまであらゆる人種が混じり合っている。

 風俗街は比較的静かで、老舗グループ店のほか、一部エステ系の店が増えている感じだ。ホームページのないピンサロや昼キャバもあり、穏やかな賑わいを保っていた。

 


『京都祇園で出逢ったお嬢様女子大に通う美少女は避妊方法も知らないガチウブな処女で、思わず中出ししてしまいました。最高。』


祇園で中出し


amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週