メンズサイゾー >  風俗 >  その他 >  綺麗な見た目からは想像できない変態

【元デリヘル店長の回想録】「実は私、変な性癖があって…」綺麗な見た目からは想像できないド変態新人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 風俗で働こうとする女のコの志望動機の多くは「お金」だ。そして彼女らは、できれば手っ取り早くお金を稼ぎたいと考えている。

 つまり、エロいことが好きだから風俗で働いているわけではなく、「性的なサービスに特別抵抗がない」というだけのこと。

 だが、時々ではあるが、“自身の性欲をぶつけるために風俗で働いている”…そんな男性の妄想を具現化したようなコも現れる。


【風俗嬢と体の関係~まことの場合~】

 面接室の扉を開けて入って来た女のコは、とても美しかった。

 胸元まで伸びる長くて綺麗な茶髪に、服の上からでも分かるスタイルの良さ。まるでファッション雑誌から飛び出してきたような容姿だった。


「どうぞ、おかけ下さい」

「あっ、すいません。ありがとうございます」

「えっと、お名前は…まことちゃんで良かったかな?」

「そっ、そうです。よ、よろしくお願いします」

 見た目とは違い緊張しやすいタイプなのか、唇を軽く噛みながら落ち着かない様子。体中に無駄な力が入ってるのが分かった。


「あはは。そんなに緊張しなくても大丈夫だよ。風俗は初めてなんだっけ?」

「は、はい。…すみません。そうですね、初めて応募します」

「どうして風俗で働こうと思ったの?」

「お金がたくさん貰えるっていうのもあったんですけど…」

「うん? 他に何かあるの?」


 まことは少し間を置いてから口を開いた。


「実は私、変な性癖があって…」

「変な性癖?」

「その…自分でしてるところを見られるのが好きなんです」

「自分でって…。あっ、オナニーのこと?」

「あ…は、はい…。いや、やっぱり変ですよね。すみません」

 手をブンブン振りながら、必死に自分の発言を否定するまこと。


「いやいや、そんなことないよ。そういう人、結構いるよ」

「えっ、ほんとですか!?」

 “結構いる”わけではないが、変に否定するよりは安心させておいた方がいいと思った。

 頭の中で精一杯話を考えながら会話を続ける。


『KANBi専属 異常な美スタイルと異常な性癖の36歳水泳インストラクター人妻 春名葵AVデビュー 超規格外!! 変態人妻解禁!』

美人・人妻・変態…最高じゃん!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週