>   >   >  真性Mっ子キャストに中出し

【元デリヘル店長の回想録】「お、ちん…ちん…おちんちん挿れて下さいっ!」真性Mっ子キャストを攻めまくって中出し!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 「男性の多くは、性交中に相手を支配する行為でさらなる性的興奮を得る」と、何かの本で読んだことがあるが、まったく同感だ。

 バックでやっている時や、必死に男性器を咥えこんでフェラチオしている姿を見ると、心の奥がザワザワするような、興奮と支配欲とが混じった高揚感を感じる。

 勘違いしてほしくないのは、レイプのようなシチュエーションに興奮するわけではなく、あくまでも相手と一緒に楽しめることが前提であるということ。「嫌よ嫌よも好きのうち」が正しい意味で使えるシチュエーションが好きなのだ。

 今回は、私がスタッフとして働いていた頃に知り合った、真性Mっ子キャストとのお話だ。

 

【風俗嬢と体の関係~ユカリの場合~】

 太陽がアスファルトを熱し、どんどん気温を押し上げていく8月初旬。

 この時期、夏のボーナスが出たお客さんの財布は緩くなる。風俗業界において、夏季は売上を底上げする大切な時期だ。

 そんな大切な時にもかかわらず、私のやる気は右肩下がりだった。

 毎日うだるような暑さの中、スーツを着て出勤するのに嫌気がさしていたからだけではない。先の見えない仕事、なかなか上がらない給料、長い労働時間…。いくつもの要素が重なることで労働意欲はどんどん削られていた。


「あー、もうほんとに辞めようかなこの仕事…」


 通勤中、毎日そんな独り言を口にするようになっているのに、どうしてこの仕事を辞めないのか。

 変化を嫌う性格だったり、新しく仕事を探すのが面倒だったり、生活できるだけの給料が稼げるか分からなかったり…と理由はいろいろある。

 だが、私が転職を躊躇する一番の理由は、風俗店のスタッフがそれなりに美味しい思いができるからだ。


「あー! 小鉄君、おはよー!!」

「ユカリちゃん、おはよ…って、うわ!」


 事務所に到着するや、管理を担当するキャストのひとり、ユカリにぎゅっと抱きつかれた。


「ちょ、ちょっと、ユカリちゃん…」

「えへー、びっくりした(笑)?」

「恥ずかしいからやめてよー」

「本当は嬉しいくせにぃ」

 にやにや笑い、離れようとしないユカリ。

 その場から動けず立ち往生している私を見かねた店長が、デスクから声をかけてくれた。


「コラ! 小鉄が困ってるだろうが、さっさと戻らんか」

「うぇ~。てんちょー怖~い。じゃあ、また後でね、小鉄君!」

 鶴の一声で、ユカリはすぐに待機所の方に戻っていった。


『逸材!! 早漏ドM体質!変態M女塾講師AVデビュー 綾瀬さくら(生写真3枚セット)(数量限定)』


気になる逸材!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週