>   >   >  ニッポンの裏風俗:尼崎の本サロ

【ニッポンの裏風俗】兵庫県・尼崎:ちょんの間ではなく本サロで遊ぶ理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 今年の冬って寒くないですか? 先日、大阪に行った時めちゃ寒くて、「ああ、やっぱり夏が暑かった年は、冬も寒いのかな」と思っていたら、世間的にはどうやら例年通りらしいです(汗)。

 大阪五大新地は風俗通には有名ですが、最近の「遊郭ブーム」だったり、テレビの地上波で飛田新地が放映され、しかも女の子が顔出しで登場するなど、前代未聞の認知度アップとなりました。

 その中というか外というか、実はお隣、兵庫県の尼崎にも同じようなものがあります。そこは「かんなみ」とか「尼崎のパーク」などと呼ばれ、県内外のスキ者の間では有名なちょんの間街であります。

 尼崎の風俗というと、そのちょんの間と、もうひとつ有名なのが本サロです。昔は「東の西川口、西の尼崎」と呼ばれたものですが、同時期に大きな摘発が入り、西川口は壊滅状態となり、尼崎は細々と営業している状況です。

 阪神尼崎駅前にある「かんだしんみち」商店街の北側の細い路地をぶらぶらしてみると、スナックの灯りがともり、裏路地には案内所や風俗店の看板が。もっと寂れているものと思っていた尼崎の風俗は、けっこう元気に営業しているようです。


『ついに発見!! 世間から忘れ去られた過疎地でひっそりと営業する究極のちょんの間では時間無制限、中出しオプション標準装備で精子が果てるまで連続射精が体験できるらしい!! 徹底SCOOP!!』

ちょんの間も捨てがたい

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週