メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  ニッポンの裏風俗 >  ニッポンの裏風俗:尼崎の本サロ  > 3ページ目

【ニッポンの裏風俗】兵庫県・尼崎:ちょんの間ではなく本サロで遊ぶ理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 店はかつて飲み屋だったのか、広い座敷をカーテンで仕切ったような雰囲気。その一区画(?)のカーテンの中で待っていると、黒いキャミ姿で現れたのは、大食いアイドル“もえのあずき”似のロリ妻系でした。

ぜんっぜん悪くない! ていうより逆にスキ!!


「ご指名ありがとうございます。外寒かったやろ」


 そう言いながら両手で筆者の手を挟み、スリスリしてくれます。

 さらに、キャミと下着を脱いで全裸になると、両手を広げて抱きついてきたんです。

 



惚れたわ…。


 風俗で人気のある女のコって、こういう小さな気遣いがあるんだよね。それだけで勃ちも変わってくるってもの。

 ただ手や口やアソコを使ってチ●ポをシゴいてヌケばいいってもんじゃない。男心ってのは、オマ●コと同じくらいデリケートで敏感なんです(笑)。

 ウエットティッシュで体を拭き、乳首舐めにフェラからの本●と、プレイ内容としてはちょんの間とほぼ同じ。じゃあ、ノーマルコースの時はどうするのか聞いてみると、


「フェラか手コキやね」


 とは言うものの、


「でも、みんなだいたいVIPコースよ」


 まっ、この料金で最後までできれば文句ないでしょう。

 


『ついに発見!! 世間から忘れ去られた過疎地でひっそりと営業する究極のちょんの間では時間無制限、中出しオプション標準装備で精子が果てるまで連続射精が体験できるらしい!! 徹底SCOOP!!』

ちょんの間も捨てがたい

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週