>   >   >  お嬢様が内緒で風俗アルバイト  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】お父様お母様、ごめんなさい! ガチお嬢様が風俗で働きはじめたワケは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


 面接から2カ月、彼女はランキング入りするほど人気になっていた。

 プロデュースの賜物と言いたいところだが、実際は彼女の実力によるところが大きかった。

 「興味本位でやってみたい」と言っていただけあって、仕事に取り組む姿勢からして違った。

 お客様の名前や特徴、連絡先などを書いた顧客帳を作ったり、仕事専用の携帯を契約してこまめに営業メールを送ったり。接客で分からないことがあれば、私やランキング上位のキャストを質問攻めだ。


「セイラちゃん! ランキング入り、おめでとう!!」

「ありがとうございます。これも店長のご指導のお陰です」


 セイラは深々と頭を下げ、思いがけない言葉を口にした。

「あの…。お礼として食事でもご一緒したいのですが、今晩空いてますか?」

「えっ? あ、うん、大丈夫だよ」


 まさか、キャストの方から誘われるとは思わなかった。

 どちらにせよ、お祝いにこちらから誘おうと思っていたので、断る理由もない。

 待ち合わせの場所と時間を確認し、私は仕事に戻った。


※ ※ ※


「す、すげぇ…」

 その晩、連れてこられたのは、高級ホテルに入っているレストランだった。

 テーブルマナーもよく知らない私は、完全に場の雰囲気に飲まれてしまう。


「遠慮しないでお酒もどんどん頼んで下さいね」

「いや、あの、大丈夫です」

 思わず敬語が出てしまった(笑)。緊張するにもほどがある。逆に、セイラは実に堂々としていた。彼女のそんな姿に見とれていると、いきなり衝撃発言が飛び出した。


「あの…。この後、お部屋とってありますので…」

「うぇっ!?」

「私がどのくらい成長したか、店長にちゃんと見てほしいんです」


 突然すぎる誘いに驚きは隠せなかったが、据え膳食わぬは男の恥。

 不安そうにこちらを見つめる彼女に、私は笑顔を向けてうなずいた。

※ ※ ※


『「ゾクゾク犯されたい…」超敏感で何度も痙攣絶頂を繰り返すお嬢様育ちのドM令嬢が刺激を求めてAV出演志願 星奈あい』

お嬢様の大冒険

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週