【元デリヘル店長の回想録】すんごい美人でびっくり! カナダ人とのハーフ新人をたっぷり講習した話

※イメージ画像:Getty Imagesより


 ハーフの女性には美形が多いと思うのは私だけだろうか。

 日本人離れした鼻の高さや切れ長の目。

 はっきりした顔立ちは“濃すぎる”ことなく、私たちが受け入れやすい程度には日本人の面影を残す。

 ファッション業界はもとより、テレビなどでもハーフやクォータータレントの露出は増え続けているが、風俗業界に入ってくる女のコもいるわけで…。

 今回は、私が店長を務めるデリヘルにいた、ハーフのコのお話をしようと思う。


【風俗嬢と体の関係~ナナコの場合~】


ガチャ――。

 私がいつも仕事に勤しんでいる店長室の扉を開けたのは、色白で長身の女性だった。


(んんっ? 外国人か!? いや、それにしては顔が日本人的な気も…)

 彼女が扉を開けて入ってくるまで1秒ほどで、頭をぐるぐる回転させる。

 私の結論が出ないうちに、その女性が先に口を開いた。

「し、失礼します。求人メールを送らせていただいたナナコです!」


普通に日本人だった!!


 思わずそう口に出しそうになったが、グッと堪え、


「あぁ、どうぞ、座っていいよ」


 と、平静を装いながら彼女を誘導した。

 ナナコは今年21歳になる、現在フリーターの風俗未経験者。

 色白で鼻が高くて、顎がスッキリしたルックス。彼女はカナダ人の父を持つハーフだった。

 彼女が面接用紙に必要事項を記入している間、非常に整ったナナコの容姿を、バレない様にジッと眺めた。


「あの、実は相談があるんですけど」

「どうしたの?」


 神妙な面持ちで彼女は続ける。


「実は、男性を責めたりしたことってなくて…。講習ってしてもらえたりしますか?」


いやっほーう! 喜んで!!


 とは言えないので、ガッツポーズと歓喜の雄叫びは心の中だけにしておく。


「うん、大丈夫だよ。この後、時間あるかな?」


 彼女はコクリと頷き、宜しくお願いします、と頭を下げた。

 こんなにレベルの高いキャストを講習できる機会はなかなかない。

 私は、今日という幸運な日に感謝しつつ、ナナコと共に近くのラブホテルに向かった。

men's Pick Up

風俗関連トピック