あの芸能人が風俗で暗闇プレイに興じるワケは…

0622kurayami_fla.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 
「指定された部屋に行ったら真っ暗で…。でも、気配はするんです。さすがにヤバいと思ったんですけど…」

 
 新宿のデリヘルで働くアイコさん(仮名)が、ある日、歌舞伎町にあるレンタルルームを訪れた時のことである。

 まず、考えていただきたい。呼ばれて部屋のドアを開けたら真っ暗なのである。それでいて何かしらの気配があるというのである。恐怖である。稲川淳二の世界だったら確実に見えないものが見えてしまうシチュエーションだ。そしてやはり…出てきたのだ!

 
「お客さん…でした。でも、部屋の電気を点けないんです。そのレンタルルームはシャワーが共有で、一度、部屋から出なくてはいけないんですけど、それを渋って…。でも、『それじゃプレイができないから』っていうと、頭からスッポリとタオルをかぶって…」

 
 普通、部屋からシャワーまで移動する時は、タオルは腰に巻くものであるが、アイコさんいわく「私とお客さんの分の2枚しかなかった」ため、その客はモロ出しで移動したという。リアルな「頭隠して尻隠さず」である。

 なぜ彼は顔を隠していたのか。それが、のっぺらぼうだったら稲川淳二の世界だが、答えはシンプルで、彼が芸能人だったからである。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. トコショー
  5. 世界一周エロ旅
  6. 元デリヘル店長の回想録
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. セフレとのエッチ
  9. パンチラ連載
  10. 初体験の思い出
  11. 茅原まおみ

men's最新記事