【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第40回】

スクール水着とケツバットで殺してくれ! BiS「PPCC」でメジャー・デビュー!!


 収録曲は前述の4曲なのだが、全曲についてヴォーカル・トラックのアカペラとインストルメンタルが入っており、12トラックも収録されている。このアカペラはメンバーそれぞれの個性が如実に出ていてかなり面白い。私が求めるのは別に歌唱力ではないので、もうアイドルのCDは全部アカペラを入れてほしい。

 「PPCC」のビデオ・クリップもこれまでと同じく監督は丹羽貴幸と浅井一仁のコンビ。暴力とスクール水着とフェチズムが交錯する映像だ。「PPCC」のリリース前後のイベントでも、BiSはそのスクール水着を着用していた。7月20日から21日にかけて開催された「24時間耐久フリーライブ&握手+チェキ会」も狂っていたが、その前日の19日に開催された「『PPCC』リリース記念ライブ&ケツバット会、チェキ会、耳掻き会」はさらに異常だった。

 この日は、CD100枚セットが各メンバー分用意されて販売されたのだが、その特典はメンバーに膝枕と耳かきをしてもらえるというもの。しかし、一箱13万円の費用対効果の面から考えると、事実上は各メンバーのTO(トップヲタ)の座の争奪戦だった。私がBiSを紹介した友人がユッフィー分の箱を購入してしまったために、責任を取る意味で遅れて会場に到着したところ、会場は狂気に満ち満ちており、リーダーであるプー・ルイ分の箱の争奪戦は、友人3人が一気に挙手し、ジャンケンで購入権を奪い合う展開となった。撮影可能だったので私はその光景をiPhoneで撮影していたのだが、見返してみるとブレている。あまりの緊張感に興奮してしまったのだ。

 CD100枚入りの箱を購入した研究員は、マット状の物が敷かれ、横にティッシュが置かれたステージでメンバーから膝枕と耳かきをしてもらえた。照明も落としてムーディーになるのだが、完全に衆人環視である。司会は「ティッシュにたくさん出しちゃってください~!」と、名調子だが完全に風俗のポン引きのノリ。その状況下で勝者は喜びを噛みしめたのだ。愛と金と運のすべてをあわせもつ者だけが――。

 また、13万円を出さなくても、1,300円のCDを買えば今回の一連のリリースイベントでは気軽にメンバーからケツバットをしてもらえた。文字通り、尻をバットで殴られるのである。プラスティック製のバットなので、フルスイングでも音が大きいだけでさほど痛くもないのだが、5人続けてされるとちょっとツラい気もする。私は3日連続でケツバットをされたが、これは仲間内では少ない部類である。24時間耐久イベントの頃には、メンバーと会話する話題もなくなったので、頭を下げ尻を上げたままメンバー間を移動していた。研究員もさまざまな体位を開発してケツバットを受けており、思わぬクリエイティヴィティが発揮されていた。

 「PPCC」はオリコンの週間シングルランキングで31位となり、目標の15位前後にこそ届かなかったが、それでもデイリーではなんと8位を記録した。2011年2月に初めて見た破滅的なライヴを思い出すと、その数字が途方もなく重いものに感じられる。あのステージにいたりなはむとユケは脱退し、プー・ルイとのぞしゃんは残った。

 3種類用意された「PPCC」のひとつに付属している、2011年12月20日のライヴを収録したDVDでは、プー・ルイと脱退したユケが副音声で会話している。会場の最前にいる研究員の中にも、残った者と去った者がいる。そしてまたユケも、一度は辞めたはずの芸能活動を再び目指しているのだ。こんな世界はもうやめておけ、そう彼女に早く誰か伝えてくれ。アイドルについての原稿を書きながら、そんな矛盾した想いを抱えてしまうのも事実だ。「PPCC」はBiSの過去と現在を恐ろしくうまくパッケージングしている。

 路上に並べられたトマトはこれからも潰されていくだろう。アイドルとは、メンバーの生身を消費していくと同時に、ヲタの感情の動きをも貨幣に変えていくシステムだ。BiSはそれを極めて優れた形でエンターテインメントにしており、だからこそ「エモい」と言われる。しかし、自分たちも巻き込まれる以上、もはやそんな言葉で表現できるほど甘い次元ではないのだ。自分の情動が一線を超えて破綻する瞬間まで、私はBiSを追っていこう。気が付くともはや退路は断たれ、BiSと迎える2度目の狂った夏が始まっていたのだ。

◆バックナンバー
【第1回】号泣アイドル降臨! ももいろクローバー「未来へススメ!」
【第2回】アイドルが”アイドル”から脱皮するとき amU『prism』
【第3回】タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump
【第4回】黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える”ヤル気満々”新譜の出来
【第5回】全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ「9nine」のイマ
【第6回】AKB48「桜の栞」は、秋元康による”20世紀再開”のお知らせだった!?
【第7回】エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生
【第8回】アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』
【第9回】いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業
【第10回】テクノポップが死んでも……Aira Mitsuki is not Dead!!
【第11回】アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった
【第12回】おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――「アイドル戦国時代」の行く末
【番外編】「ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる」Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係
【第13回】非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n’Pine
【第14回】99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感
【第15回】「○○商法」で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい
【第16回】やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 「80年代風アイドル」渡り廊下走り隊
【第17回】AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに「陶酔」していられるか
【第18回】これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル「1!2!3!4! ヨロシク!」
【第19回】右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』
【第20回】“救済”を求めるアイドルヲタ……ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流
【第21回】アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評
【第22回】死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai
【第23回】「アイドル戦国時代」終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側
【第24回】白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!
【第25回】歌舞音曲「自粛ムード」が漂う中、今こそ見たい”元気の出る”アイドル動画
【第26回】新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS「Brand-new idol Society」
【第27回】学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! さくら学院
【第28回】アグレッシヴな美意識を打ち出し、アイドル戦国時代を彩り始めた「東京女子流*」
【第29回】まるでシャーマン!! ファンに”熱”をもたらすSaori@destinyの魔力
【第30回】ヘタウマラップがクセになる「清純派ヒップホップアイドル」tengal6
【第31回】暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作「My Ixxx」!
【第32回】「アイドルっぽい音」から大胆に逸脱していくTomato n’Pine「なないろ☆ナミダ」
【第33回】福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ「ハジメマシテ」
【第34回】「アイドルとしてのヒップホップ」を突き詰めたパーティー・チューン! tengal6「プチャヘンザ!」
【第35回】「アイドル」という修羅の道を進むBiSの生きざまが刻まれた「primal.」
【第36回】「アイドル戦国時代」なんて勝手にやってろ!! 2011年アイドルポップスベスト10!!
【第37回】なんと足掛け10年分! Negiccoが新潟から届けた名曲集『Negicco 2003~2012 -BEST-』
【第38回】アイドルシーンへ奇襲した鎌ケ谷からの伏兵! KGY40Jr.「コスプレイヤー」
【第39回】中学生のアイドルラップユニットがダメな大人を叩き起こす!「HEY!BROTHER」ライムベリー

men's Pick Up

ニュース関連トピック