女トラック野郎が語る長距離ドライブSEX事情|ブッ飛び素人モデルFile

エロ本編集者とハメ撮りモデル/ブッ飛び素人モデルFile125

1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(50歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。
そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。

女トラック野郎が語る長距離ドライブSEX事情|ブッ飛び素人モデルFileの画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

女トラック野郎が語る長距離ドライブSEX事情/千夏(32歳・運送業)

 エロ本モデルを募集すると、その動機はさておき、実に様々な職業の女性が面接にやって来ます。

 というわけで今回は、そんな中でも珍しい職業に就いていた素人女性のエピソードをお届けしたいと思う次第なんですが……。

※ ※ ※

 

「私、普段はドライバー系の仕事をしてるんですよぉ」

 

 面接シートに職業を記入しながらそう言ったのは、アラサーの独身女性、千夏さん。

 そのときの彼女はボディラインがくっきり出るピタッと系のニットに細身のジーンズ姿。内臓入ってます? ってくらいウエストが細くて(その割にオッパイは推定Dカップ)、おまけに乳首の辺りまで伸びた、ほんのり茶髪のストレートヘアがナチュラルお洒落! ってな感じの美人でした。

 そんな女性がドライバーだなんて言うもんだから……ひょっとしてタクシーとか? こんな美人が運転してるタクシーに当たったら遠回りしちゃうかも、なんて思いながら聞いてみたんです。

 

「ドライバーって、どんなお仕事なんです?」

 

 すると、彼女の答えにビックリ仰天!

 

「言うと引かれちゃうんですけど……長距離トラックのドライバーなんですよ(笑)」

 

 ナンと、同じドライバーでもガテン系だったとは!

 聞けば長距離トラックのドライバー歴は6年だそうで……そこからエロ本モデルの面接そっちのけで、〈女トラック野郎が一般男性の素朴な質問にお答えします!〉のコーナーになっちゃったんですね(笑)。

 

Q:長いと何日くらい家に帰れなかったりするんです?

「今までで、一番長くて1週間かなぁ……」

Q:長距離を走っていて、一番気になることは?

「自分の臭い(笑)」

 

 これ、夏なんかはホントに心配になるそうで。自分の臭いって気づきませんからね。2日お風呂に入れない、なんてこともあるらしく……。

「そんなときは、パンティ履き替えたーい、って思いますよ(笑)」

 

Q:実際、お風呂はどうしてるんです?

「給油するとシャワーが使えるガソリンスタンドとか。あと、高速のサービスエリアにも、シャワーが設置されてるとこがあるんですよね……でも、一番は道の駅とか、日帰り温泉とかの入浴施設。同じ姿勢で長時間運転するから、湯船最強、極楽です(笑)」

 

 で、長距離トラックドライバーのお風呂事情を聞きながら彼女の裸を想像しちゃったもんで……下に関する素朴な疑問をぶつけてみると?

 

Q:長距離ドライブの間、オナニーはします?

「オナニーですか……しますねぇ(笑)」

 

 知ってる方は少ないと思いますが、トラックの中には、運転席の上に、横になって仮眠が取れる空間がある車種があるんだそうで……。

 

「ルーフっていうんですけどね。そこに、ローターを置いてます(笑)」

 

 深夜、サービスエリアに停車してる大型トラック……そのルーフ内でオナニーしてる女性ドライバーがいるなんて……なんか興奮しますよねぇ。

 

「正直言うと、ローターの前はバイブを置いて使ってたんです。でも、バイブは中に入れるから愛液まみれになっちゃうじゃないですか。サービスエリアのトイレまで持ってて洗うわけにもいかないし。ウエットティッシュで拭くだけだと、あとで臭ってきてもヤだし。それでローターにしたんです」

 

 確かに! サービスエリアのトイレでバイブ洗ってるとこ誰かに見られたら生きていけませんよね(笑)。

 で、質問攻撃はいよいよ核心へ!

 

Q:ルーフ内でオナニーはするんですよね、じゃあ……そこでセックスした経験は?

「まぁ、なくはないんですけどね……」

 

 言葉を濁しながら苦笑いするする千夏さんが続けます。

 

「一度、サービスエリアでナンパしてきた同業者を私のトラックのルーフに連れ込んでエッチしたことあるんですけどね……」

 

 ルーフというのは、前述したように寝転んで仮眠を取るスペース。

 

「クンニとかフェラしてる間はいいんですけど……天井が低いから、正常位でエッチしはじめた途端に男が何度も天井に頭をぶつけて、その度に『イタッ』とか言って動きが止まるから全然エッチに集中できないんですよ(笑)」

 

 なるほどねぇ。これ、長距離トラックドライバーあるあるだったりしてね。

 とまぁ、こんな感じで脱線しながらも、最後は本来のエロ本モデル面接に話を戻してNG事項を確認し、撮影の仕方やギャラを説明。彼女の方も概ね了承ということで、後日ハメ撮りさせていただくことに相成りまして。

 

「長距離トラックの運転手なんてしてると彼氏ができなくて……実は、エッチするの超久々なんですよぉ」

 

 ラブホで服を脱ぎながら照れ臭そうに笑う千夏さん。

 聞けば、最後にしたセックスが、面接のときに話していた同業者との「ルーフ内SEX」だったそうで……。

 

「実は私、騎乗位が好きなんです……でも、ルーフじゃ天井が低くて騎乗位なんてできなかったから……ああああっ、めっちゃ奥に当たってる、やばっ、気持ちよすぎますぅ!」

 

 と、自ら僕にまたがってチ〇ポを挿入し、自ら腰をグリングリンとグラインドさせて快感を貪った千夏さんでありました。

 昔と違って、きっと女性の長距離トラックドライバーも増えているんでしょうから……こんな話を聞くと、見かけたときにイケない妄想が働いちゃいそうですよね。

(文=川田拓也)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック