衝撃の「これがこう」に本家・森咲智美の反応は…? 美脚美少女・永瀬花帆の激ヤバ投稿

衝撃の「これがこう」

 超人気グラドルの森咲智美が、主にTwitterで繰り出す破壊力抜群の投稿シリーズ「#これがこう」。日常的なスナップショットと「夜の森咲智美」を連想させるセクシーショットを同時に披露することでギャップを楽しめるという趣向の人気タグだ。

 この「これがこう」は様々なグラドルも使用しており、森咲に負けじとファンを喜ばせるギャップ投稿を次々にしている。そんな中、森咲の目に留まった「これがこう」が一部で話題を呼んでいる。本家も唸らせた投稿をしたのは、若手グラドルの永瀬花帆だ。

 永瀬は歯科助手をしながら芸能活動もする二足の草鞋系グラドル。身長166センチのスレンダー体型で、色白の肌とスレンダーながらも肉感的な魅力を感じさせる美脚をチャームポイントにする。

 一般的な知名度はまだまだこれからといったところだが、SNSで魅せる姿がオシャレで色っぽいと評判の永瀬。確かに彼女のInstagramなどを見ると、オシャレな私服ショットなどのほかにハイセンスな画像も多い。

 その一方で、「グラビア系芸人です。」と自称しているように茶目っ気のある画像も。森咲の目に留まった画像も、可愛らしくてユニークな投稿だ。

 その投稿は先月のもの。永瀬は「おひるん」というコメントと共に「#これがこう」のタグを添えて2枚の画像をアップした。これがとても衝撃的な投稿だった。1枚目はプールサイドでポーズをとっているビキニショットなのだが、2枚目はアトラクションの滝に打たれて激ヤバな顔でリアクションしているハプニングショットなのだ。

 このスーパー落差のある画像に対して、今月27日に森咲が「笑ったあ」と絵文字付きでコメント。自らが生み出した「これがこう」が、若手グラドルによって笑撃投稿となって生まれ変わったことが本人も嬉しかったようだ。ちなみに森咲と永瀬は同じ事務所の先輩後輩。森咲にしてみれば親心的な心理もあって永瀬の投稿をピックアップしたのかもしれない。

 ともあれ、グラビアアイドルの間で絶賛流行中の「これがこう」。次にどんなギャップ投稿が生まれるのか、楽しみで仕方がない。森咲も若手に負けじと斬新な「これがこう」を見せてくれるに違いない。

 「日本一エロすぎるグラドル」こと森咲智美が、「さすが」とグラビアファンをうならせた。9日、森咲は「エロすぎるCAさん」というコメントと共に4枚の画像をTwitterとInstagramで公開。ミニスカCAコスの彼女が、深い谷間や極上のヒップを次々に大胆披露している連続ショットだ。

 「日本一エロすぎるグラビアアイドル」と称される森咲智美(27)が、まん丸の美巨乳をあらわにしたベッド写真を公開。真っ赤な極小ランジェリーと「エロすぎるグラドル」の絶妙な取り合わせに大きな反響が沸き起こり、男性ファンたちが熱い視線を注いでいる。

 「日本一エロすぎるグラビアアイドル」のキャッチフレーズで知られる森咲智美(27)が、自身のSNSで「#これがこう」というハッシュタグを添え、セクシーショットを公開。お酒を飲んでるカットとベッドで下着になっている姿を同時に投稿。今や森咲の代名詞となった投稿に、今回も男性ファンたちが大興奮している。

men's Pick Up

ニュース関連トピック