ロボットデリヘルのギャップ萌え美少女! カワイくて従順で変態チックな魅力

――AFはお店入ってから?

サヨコ:…お店入る前は1回だけしたことあって、それはヘルスの時で、プライベートではしたことないです。

――じゃあ、日本人で変わったお客さんとかいましたか? 

サヨコ:…イチジク浣腸のオプションで、透明なビニール袋の中にウンチして欲しいって言われて、ウンチして、お別れの時にそれをカバンに入れて持って帰った人(笑)。

――えー持って帰った⁉︎ コンビニ袋みたいな?

サヨコ:あ、そう、そうです。

――持って帰っていったいナニするんだろ(笑)。そんな人多いの?

サヨコ:ウンチ系は多いです。

――ウンチ系…そうなんだ(笑)。

サヨコ:あと、お店の常連の外人さんは、いろんな女のコに入って、みんなに「ウンチ食べさせて」って言ってる(笑)。

――…マジで食べるの? 

サヨコ:食べられてる子もいるし、私の時は、浣腸器で出したけど食べてなかったです。

――浣腸液の味がして苦いって聞いたけど…。

サヨコ:あ、苦いのはウンチで、イチジク浣腸の液はむしろ甘いみたいです。

――そうなんだ、イチジクだけに(笑)。 他の女の子とお話する事ってあるんですか?

サヨコ:はい、私はフミノロボとはすごく仲良くて。

――じゃあ、「フミノロボもウンコ食べられた?」とか聞くの? 

サヨコ:そういう話もたまにします(笑)。

※ ※ ※

 昔から「カワイイ顔して…」のセリフは、性悪な小悪魔に対する侮蔑の言葉だった。しかし、まったく逆の意味で、「こんなカワイイ女のコが、こんなことまでさせてくれるなんて!」というセリフに置き換えられた。カワイくて従順で変態チックなサヨコロボの、意外なホンネは後編につづく‼︎

 後編はコチラ(1月26日公開予定)

※注1

☆ロボット指数
レベル1 人の心が理解できるロボット
レベル2 必要な会話以外はしません
レベル3 全くしゃべらない

♡エロボットレベル
レベル1 エロの概念がインプットされていない(命令されたら頑張る)
レベル2 エッチなことをインプットされたヘルスロボ(空気読んでスケべに働く) 
レベル3 男性を気持ちよくするのが存在理由のウルトラハイパースケベロボット(チンチンに猪突猛進‼︎)


〈取材=松本雷太〉

men's Pick Up

風俗関連トピック