メンズサイゾー >  AV >  リアル人妻・並木塔子インタビュー!

AV

リアル人妻セクシー女優・並木塔子、夫の理解とファンの熱き想いを胸に熟女女優の頂点へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 アダルト界、冬の本場所とも言われる『スカパー!アダルト放送大賞2020』が盛り上がりをみせ、ノミネート女優の投票呼びかけが連日SNSなどで行われている。

 投票締め切りの1月31日まで残り約2週間ということで、ラストスパートにかけるノミネート女優たち。その中でも熱心にSNSを更新しているのが熟女女優賞にノミネートされた並木塔子さんだ。

 

並木塔子さん!

 

 並木さんは2016年に「溜池ゴロー」から華々しくデビューし、現在はAV出演だけでなくピンク映画、Vシネマと活動の幅を広げている。

 今回の熟女女優賞はノミネート者の誰が受賞してもおかしくない激戦区。受賞にかける思いや、見て欲しい作品などを並木さんに語ってもらった。

 

――並木さんはいつAVデビューされましたか?

並木塔子(以下、塔子):人妻熟女メーカーの「溜池ゴロー」から2016年6月19日にデビューしました。

――ということは人妻なんですね?

塔子:そうです。

 

 

――お美しくて旦那もいるのに、なぜAVデビューをしたのですか?

塔子:主人は理解があり「やりたいことをやりなさい」という人なんです。AVデビューをきっかけにやりたいことができるようになるかもしれないし、楽しそうなイメージもあってデビューしました。

――デビュー3年で熟女女優賞にノミネートされたのはわりと短い期間でのノミネートだと思いますが、この3年間、セクシー女優をやっていてよかったと感じることはありますか?

塔子:演技がやってみたかったので、AVでの芝居シーンが勉強になることと、男優さんとのエッチはやっぱり気持ちいいので、それはラッキーだなあと思っています(笑)。

――趣味と実益を兼ねているんですね。

塔子:そうです(笑)。

――逆にキツかったことはありますか?

塔子:筋肉痛ですかね(笑)。エッチのシーンが私生活よりも激しいので(笑)。

――激しいんですか!? うらやましいです。精神面でキツいことはなかったですか?

塔子:アンチの人がたまにいて、病んじゃうとかはありました。

――ツイッターとかですか?

塔子:はい。現れては消えて、消えてはまた現れてなんです。暇な時とかは気になっちゃったりします。「あ~、何か言ってるなあ」みたいな感じになっちゃったりします(笑)。精神面ではそれがキツかったです。でも、それよりもいいことの方が多いですね。


『優しさにつけこまれて… 隣家のオタクに拝み倒され断り切れずお股を開いたウチの妻』

名作!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週
CAUTION!年齢認証
ここから先は、アダルト作品を取り扱うページとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
あなたは18歳以上ですか?